国産メール配信スタンド→ mailchimp → convertkit(予定)と乗り換えてきましたが、メール配信スタンドは一体どこが良いの?
見出し画像

国産メール配信スタンド→ mailchimp → convertkit(予定)と乗り換えてきましたが、メール配信スタンドは一体どこが良いの?

今までいろんなメール配信スタンドを使ってきました。今まで使ったことのある国産メール配信スタンド海外メール配信スタンドをご紹介してみます。(*思い出したら使用感なども追記していきます)

国産メール配信スタンド

国産メール配信スタンドのメリットは、なんと言っても日本語で説明が読めて、日本語でサポートも受けられる。ということかと。一つどれかのスタンドを使っていれば、他社に乗り換えてもだいたいの使い勝手は感覚で理解できます。

では、見てみましょう。

マイスピー

単なるメール配信スタンドではなく、国産メール配信スタンドでは珍しく、決済機能、会員サイト機能、アフィリエイトセンター機能もついていたりと、使い切れないくらいの高機能が特徴ですね。ネットビジネス界隈の方だと使っている人が多い印象です。

ただ、僕はあまりうまく活用できませんでした^^;


Jcity

僕が会社員だったときに、結構長いこと使っていたメール配信スタンドがこのJcityです。個人事業主や一人起業家などのスモールビジネスの方よりも、企業が使っているメール配信スタンドというイメージがあります。なので、他のメール配信スタンドに比べて若干価格は高めです。ベーシックは月額6,000円ではあるんですが、メルマガを一つしか作れないので、後々のことを考えたらスタンダードプラン(月額10,000円)以上を使うことになると思います。


オレンジメール

リスト数でプランが別れていて、比較的低価格で使えます。さらに100リストまで無料で使えるので、「100リスト以下でとりあえずメルマガ配信を始めてみたい」という方はオレンジメールからスタートしてみたら良いかも。特殊な難しい機能は特にないシンプル設計なので、感覚的に使えるかと思います。僕の中では一番簡単に使えるメール配信スタンドです。


オートビズ

オートビズも低価格で使えるメール配信スタンドですね。機能・用途に合わせたプランが3つありますが、ステップメールのみで良いのなら月額1,980円でOKです。ただ、ステップメールのみという使い方はせっかくのリストに対してもったいないなと思うので、実際に使うのであればライトかスタンダードかなと思います。


エキスパ

たぶん僕が一番初めに使い、一番長く使っていたメール配信スタンドがこのエキスパだったと思います。比較的低価格で利用できて、サイト作成、決済機能、イベント機能、LINE連携などもたくさんついています。(このあたりの機能がついてからは使ってないので使用感はわかりません^^;)ただ、Q&Aの動画が豊富だったりとサポートは厚かった印象があります。あとは、一番長く使っていたからかもしれませんが、扱いやすかったですね。


メール商人

メール商人ステップメールメール配信ができるのですが、僕はステップメール機能だけしか使ってなかったです。登録フォームの作成も比較的簡単だった記憶があります。


国産メール配信スタンドまとめ

言葉もわかるし、一度覚えてしまえば各社感覚で使えるようになるメリットはあります。

よくメール配信スタンドの話になると必ず話題に上がる『到達率』に関してですが、ぶっちゃけ僕はどこも変わらないかなと思います。良いときもあれば、悪いときもある。なので僕は、複数社契約して、そのときそのときで良いところを使うようにしていました。

あと、デメリットで言うとこれですね。

各社とも自社で機能をつくっているので、例えば、この機能はA社のサービスを使い、ステップメールはB社を使い、セールスはC社を噛まして、決済はD社。みたいな別会社同士の機能連携が非常にやりづらいんです。

なんとかやれたとしてもシームレスに繋げられないので、オートメーションにならないんですよ。どこかで手作業が発生する。そこがどうしても嫌でした。美しくない、、、

実際僕もそこでかなり困ったので、いろいろ調べて国産海外メール配信スタンドに乗り換えていったという流れです。(メール配信スタンドだけではなくて、いまはその他のツールごとすべて海外のものを利用しています)


海外メール配信スタンド

mailchimp

このmailchimpとにかく多機能なので、使えきれていません^^;

ステップメールに対する概念が違うので、国産メール配信スタンドを使っていた方からすると、慣れるまでに時間がかかるかと思いますが、慣れると感覚的に使えるので非常に使いやすいです。

国産に比べて野暮ったさがなく、洗練されたイメージなのも良いなと思います。あとは無料で使える機能が豊富というのもありがたいポイントです。

なにより、他ツールとの連携のし易さは本当にありがたいですね。僕はclickfunnelsというツールを使って取得したメールアドレスをmailchimpにつなげてシームレスな販売導線をつくっています。(clickfunnelsについてはまた別で書きますね。非常に便利なツールです)


convertkit

いまmailchimpを使いながらも乗り換えを検討している(というか乗り換える)のがこのconvertkitです。

mailchimp以上に感覚的に使いやすく良い評判しか聞かないので使ってみようかなと。また使ってみたら使用感を投稿します。


番外編 〜今後使ってみたいメール配信スタンド〜

benchmark

このbenchmarkは日本語対応なのが良いですね。これもconvertkitのあとに使ってみたいなと思います。

activecampaign

activecampaignも同じくconvertkitのあとに使ってみたい候補の一つです。


海外メール配信スタンドまとめ

実はステップメールは和製英語で、ステップメールのことを英語では、『Mailsequence』と言います。

このMailsequenceの組み立てがドラッグ&ドロップで出来たり、直感的に操作できるのがすごく良いです。それでいて多機能ですし、さらに他社ツールとつなぐのも非常にやりやすいので、シームレスに連携できるのが美しいです。

このオンラインバブルの中で商品を量産し、マーケティングオートメーションを確立していくのであれば、使うのは国産メール配信スタンドではなく、海外メール配信スタンドclickfunnels、kajabi、teachable、zapierなどの海外ツールの組み合わせの一択だなと思っています。

clickfunnels、kajabi、teachable、zapierについてはまた別の記事で書いていきますね!

また、追記していきます^^

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
長谷川 力@波乗りイクメンマーケター

お読みいただきましてありがとうございます!「面白くてちょっと役立つ記事」を意識して投稿していきます^^

あら!ありがとうございます〜
国内・海外のビジネスで培ったマーケティング、プレゼン、セールスの経験を活かし、企業の売上UPのお手伝いをする会社を経営。2020年はビジネスのオンライン化がキモ。デジタル商品の量産と自動化に注力中!趣味はサーフィン(娘にもやらせたい)昔オーストラリアでインストラクターしてました。