長谷川 りき

国内・海外のビジネスで培ったマーケティング、プレゼン、セールスの経験を活かし、企業の売上UPのお手伝いをする会社を経営。2020年はビジネスのオンライン化がキモ。デジタル商品の量産と自動化に注力中!趣味はサーフィン(娘にもやらせたい)昔オーストラリアでインストラクターしてました。

長谷川 りき

国内・海外のビジネスで培ったマーケティング、プレゼン、セールスの経験を活かし、企業の売上UPのお手伝いをする会社を経営。2020年はビジネスのオンライン化がキモ。デジタル商品の量産と自動化に注力中!趣味はサーフィン(娘にもやらせたい)昔オーストラリアでインストラクターしてました。

    マガジン

    • セールス、営業

      セールス、営業について書いたnoteをまとめています。

    • スポーツ

      スポーツンについて書いたnoteをまとめています。

    • 子育て

      子育てについて書いたnoteをまとめています。

    • 集客

      集客について書いたnoteをまとめています。

    • ビジネスの自動化

      ビジネスの自動化について書いたnoteをまとめています。

    最近の記事

    固定された記事

    審査が通らないfacebook広告NGワード集+facebook広告運用アドバイスします

    誰でもかんたんに出稿できて、しかも、いまコスパが非常に良くなっているfacebook広告。ですが、ここ数年少しずつ広告審査が厳しくなっており、審査落ちする広告が増えています。 今日はfacebook広告で審査に落ちる広告と審査に落ちた場合どうすれば良いのか?ということについて書いていきます。 その前に広告が配信されるまでの流れを簡単にまとめると、 広告配信までの流れ① 広告クリエイティブ作成 ② 出稿 ③ facebook審査 ④ 配信 or 却下  却下の場合は再審査

    スキ
    122
    有料
    5,000
      • コロナや緊急事態宣言というピンチをチャンスに変える方法

        現在、緊急事態宣言が発出されているのは、 東京、神奈川、千葉、埼玉、 大阪、兵庫、京都、愛知、 岐阜、福岡、栃木 です。 東京都庁のnoteを見ると発令となっています。 ちなみに、発令と発出で何が違うのでしょうか? 「発令」の令は命令の「令」ですよね。 なので、上から下への強制感が色濃く出る表現。 それに対して「発出」は上下関係というよりは フラットな印象を受けますね。 政府は上からの圧力というか、 強制感を出したくなかったので「発出」を使い、 東京都は強制感

        スキ
        20
        • 売上が上がらない、、、を解決する『商品、販売、導線』の3ステップとは?

          売上が上がらないときにまずするべきことは?ビジネスをスタートしたばかりで 売り上げが安定しない。 すると、 「見込客の数が少ないからダメなんだ。 よし、集客を学ぼう!」 って集客セミナーに参加して 集客を”学ぶ”ことから始める人が多い。 でも、それってちょっと、 頑張るポイントがズレてると思う。 売上が安定しないのは 集客に問題があるんじゃなくて、 ほとんどの場合それ以外に問題がある。 「商品」だったり 「販売」だったり 「導線」だったり。 ほぼほぼこの3つなん

          スキ
          18
          • 差を埋めるのは技術や戦術じゃない 気持ちなんだ 星野仙一 普段のツイートではツールだの自動化だの言ってますが、それを作るのも動かすのも僕ら人間です だからやっぱり 良いものつくるんだ 役に立てるものつくるんだ 必要な方になんとしても届けるんだ という気持ちが一番大切ですね

            スキ
            8
            • コロナや緊急事態宣言というピンチをチャンスに変える方法

              スキ
              20
              • 売上が上がらない、、、を解決する『商品、販売、導線』の3ステップとは?

                スキ
                18
                • 差を埋めるのは技術や戦術じゃない 気持ちなんだ 星野仙一 普段のツイートではツールだの自動化だの言ってますが、それを作るのも動かすのも僕ら人間です だからやっぱり 良いものつくるんだ 役に立てるものつくるんだ 必要な方になんとしても届けるんだ という気持ちが一番大切ですね

                  スキ
                  8

                マガジン

                マガジンをすべて見る
                • セールス、営業

                  • 2本

                  セールス、営業について書いたnoteをまとめています。

                • スポーツ

                  • 0本

                  スポーツンについて書いたnoteをまとめています。

                • 子育て

                  • 0本

                  子育てについて書いたnoteをまとめています。

                • 集客

                  • 0本

                  集客について書いたnoteをまとめています。

                • ビジネスの自動化

                  • 0本

                  ビジネスの自動化について書いたnoteをまとめています。

                • 働き方

                  • 0本

                  働き方について書いたnoteをまとめています。

                • オーストラリア生活

                  • 0本

                  オーストラリア生活について書いたnoteをまとめています。

                • サーフィン

                  • 0本

                  サーフィンについて書いたnoteをまとめています。

                • コピーライティング

                  • 0本

                  コピーライティングについて書いたnoteをまとめています。

                • マーケティング

                  • 0本

                  マーケティングについて書いたnoteをまとめています。

                • セールス、営業

                  • 2本

                  セールス、営業について書いたnoteをまとめています。

                • スポーツ

                  • 0本

                  スポーツンについて書いたnoteをまとめています。

                • 子育て

                  • 0本

                  子育てについて書いたnoteをまとめています。

                • 集客

                  • 0本

                  集客について書いたnoteをまとめています。

                • ビジネスの自動化

                  • 0本

                  ビジネスの自動化について書いたnoteをまとめています。

                • 働き方

                  • 0本

                  働き方について書いたnoteをまとめています。

                • オーストラリア生活

                  • 0本

                  オーストラリア生活について書いたnoteをまとめています。

                • サーフィン

                  • 0本

                  サーフィンについて書いたnoteをまとめています。

                • コピーライティング

                  • 0本

                  コピーライティングについて書いたnoteをまとめています。

                • マーケティング

                  • 0本

                  マーケティングについて書いたnoteをまとめています。

                記事

                記事をすべて見る
                  • 仕事は作る時代 今世の中にある仕事の中にやりたいことがなければ、 本気で魂込めて出来ることを仕事にして稼げば良い いろんな技術の進化でそれが出来る時代になりました 好きなことを仕事にしよう というのを小学校で講演する予定でしたが コロナで延期になってます 早くやりたいな

                    スキ
                    7
                    • 支払いは絶対に遅らせない

                      ビジネスで成功したければ 絶対に守った方が良いたった一つのこと。 それは、 『支払いは絶対に遅らせない』 自分が食べなくても遅らせない。 何が何でも間に合わせる。 ここが重要なんだよな。 食べなければ生きていけないんだから、 必然的に支払い期日までに 『支払う金額+生活費』 をなんとしてでもつくるようになる。 それが良いプレッシャーになり後押しになる。 だから、ビジネスを成功させたいのなら 入ってくるお金より出ていくお金に気を遣う。 それが信頼になり、 信頼

                      スキ
                      13
                      • 人は言い訳や挑戦しない理由を見つける天才 だから「そういう習性を持っている」ということを理解して行動していく 気を抜くともう一人の自分が、すぐ言い訳と挑戦しない理由を引っ張り出してきて、さも正しいように説明し出す そんな時は「はいはいご苦労さま、でもやるよ」と言い放ってやろう

                        スキ
                        7
                        • 成功している人ほど貪欲ですね。 もう十分持ってるでしょう?って思うんですが、もっともっとと、常にむさぼり続けてます。 あ、お金のことじゃないですよ😆 学びに対してです。 講座にも入るし、コンサルも受けるし大学に入り直したり常に学び続けてます。 学び続けるから成功出来るんですね。

                          スキ
                          12
                          • 楽は苦の種、苦は楽の種 いま楽してたら将来苦労することになり、今苦労してたら将来楽できる。 今か未来かの違いなら、いつまで生きられるかわからないから今楽したほうが良くない?と思っていたこともあるけど、実はこれ複利みたいなもんで、未来になればなるほど苦も楽も大きく成長するようです

                            スキ
                            9
                            • 自分には秀でたところは何もない。 いいえ、そんなことないです。 「こんなの需要ないでしょ」と過小評価しているけど、他人から見たら「それすごい」というものの一つや二つ必ずあります。それを見つける方法は、過去、人に喜ばれたことは何かな?って考えてみること。それがそれです。

                              スキ
                              10
                              • フレームワークは素晴らしいものなんで僕も使いますが、それを使っていることで仕事をした気になり、行動が疎かになって何も生み出さない。ということが往々にしてあります。あくまでもフレームワークは目的を達成するための一つの手段でしかないですよね。それよりも成果に直結する実践をしよう

                                スキ
                                10
                                • 人生は決断の連続。小さな決断から即決の癖をつけると良い。と8年前に先輩に教えていただいてから、飲食店で席に着いたら5秒以内に注文を決めるようにしている。でも…正直言うと、ゆっくりメニューを見たいなと思ってて、最近はメニューも見る。だけど結局最初にこれと思ったものを注文してしまう

                                  スキ
                                  10
                                  • 言葉の使い分けってかなり重要。 同じことを伝えるにも、相手の経験値、習熟度、知識レベルで、使う単語も言い回しも説明の深さも変えるべき。 言い回しと説明の深さを変える人は多いけど、意外と変えてないのが呼称などの「単語」 これを変えるだけで信頼度が上がったりするから面白い。

                                    スキ
                                    5
                                    • 部屋、机の上、パソコンのデスクトップ画面、かばんの中は自分を鏡のように映し出す。 うまくいかないとか、バタバタしているとか、混乱してきたなと感じたら、部屋、机、パソコン、かばんのどれかすぐに出来るところから整理整頓してみる。 ビックリするくらい自分の心も頭の中もスッキリするから。

                                      スキ
                                      7
                                      • スキルを身につけるとき「まだ自信がないのでもう少し勉強します」というのをたまに聞く。これは一見前向きな発言に聞こえるけど僕はそうは思わない。自信なんて勉強でつくものではなく、アウトプットした経験やそれに対して頂いたフィードバックでついてくもの。 いつまでも勉強してないでやってみよ

                                        スキ
                                        13
                                        • セールスファネルは基本的にバックエンドからつくり、フロントはバックを削っていくイメージで作る するとフロントからバックまで一本筋が通るので、お客様を迷わすことなくバックまでお連れ出来る でも多くの人がフロントから作り、余計なものを追加していくので筋の通らないモノが出来上がる

                                          スキ
                                          9