見出し画像

KGIとKPIの違いと活用例

KGIKPIは、ビジネスにおいて目標達成度を測る指標として広く用いられています。しかし、それぞれの意味や役割、使い分けは明確に理解しているでしょうか?

本記事では、KGIとKPIの違い、設定のポイント、そして具体的な活用例を分かりやすく解説します。

KGIとKPIの違い

KGI(Key Goal Indicator)は、最終目標達成指標のことです。これは、企業や組織が達成したい最も重要な目標であり、売上高、利益率、顧客満足度など、定量的な指標で表されます。KGIは長期的な視点で設定され、数年スパンで達成を目指すことが多いです。

一方、KPI(Key Performance Indicator)は、重要業績評価指標のことです。これは、KGI達成に向けた具体的なプロセスにおける進捗状況や成果を測る指標であり、コンバージョン率、顧客数、作業時間など、定量的な指標で表されます。KPIは短期的な視点で設定され、月単位や四半期単位で達成を目指すことが多いです。

KGIとKPIの関係を例えると、KGIは目的地までの道のり全体を表す「羅針盤」、KPIは道のりを進むための具体的な「歩数計」と言えます。羅針盤だけでは目的地にたどり着くことはできませんし、歩数計だけでは道のり全体を把握することはできません。KGIとKPIを組み合わせることで、目標達成に向けた進捗状況を正確に把握し、適切な舵取りを行うことができるのです。

KGIとKPIの設定ポイント

KGIとKPIを効果的に活用するためには、以下のようなポイントを意識して設定することが重要です。

1. SMARTな目標設定

KGIとKPIは、SMARTな目標であることが重要です。SMARTとは、Specific(具体的)・Measurable(測定可能)・Achievable(達成可能)・Relevant(関連性がある)・Time-bound(期限がある)の頭文字を取ったものです。

具体的には、以下のような目標設定が考えられます。

  • KGI: 売上高を3年後に2億円達成する

  • KPI: 翌月までにコンバージョン率を5%向上させる

2. 目標の階層化

KGIは最終目標であるため、単独で設定するよりも、複数のKPIに分解して設定することで、より具体的な目標管理が可能になります。

3. 定期的な見直し

KGIとKPIは、事業環境の変化に合わせて定期的に見直しすることが重要です。目標が達成できているかどうかを分析し、必要に応じて目標設定を調整しましょう。

KGIとKPIの具体的な活用例

KGIとKPIは、様々なビジネスシーンで活用することができます。以下に、具体的な活用例をいくつか紹介します。

1. マーケティング

  • KGI: ウェブサイトのコンバージョン率を10%向上させる

  • KPI: 翌月までにSEO対策を80%完了する

2. 営業

  • KGI: 翌年度の新規顧客獲得数を100件増加させる

  • KPI: 翌月までに顧客訪問件数を50件増加させる

  • KPI: 翌月までに提案書の提出件数を20件増加させる

3. 顧客サービス

  • KGI: 顧客満足度を90%以上にする

  • KPI: 翌月までに顧客からの問い合わせ件数を10%削減する

  • KPI: 翌月までに顧客からのクレーム件数を5%削減する

まとめ

KGIとKPIは、ビジネスを成功に導くための羅針盤です。KGIとKPIを正しく理解し、活用することで、目標達成に向けた進捗状況を正確に把握し、適切な舵取りを行うことができます。

ぜひ、本記事を参考に、KGIとKPIを活用して、より効果的な目標管理を実現してください。


いつも記事をご覧いただき有り難うございます😊

最後まで記事を読んでいただいたあなたに劇的に読書量が増える読書法をご紹介します。

それは音声を聞きながら読む方法です。

Amazonが提供しているオーディブルは本の内容を読み上げてくれます。

音声を聴きながら本の文字を追うことで、あなたの読書量は飛躍的に伸びるでしょう!

私はオーディブルを組み合わせた読書を始めたことで読書量は10倍以上になり、今では年間100冊以上を読んでいます!

オーディブルでは無料キャンペーンを実施中ですので、ぜひ終了する前にお試しください!

スキやフォローしていただけると記事制作のモチベーションに繋がります。

コメントも気軽にお待ちしています😊

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?