りあす(創作に必須のあれこれを綴り中)

早稲田大学第一文学部文芸専修卒/小説の書き方講座的なもの/くわしくは「はじめに」→https://note.mu/riasu/n/n14f317895fef をどうぞ。

三人称「神の視点」は便利だが危ない(小説の作法)

 いよいよ、神の視点。  純粋な作者の視点とはちょっと変わります。神になった作者とでもいえばいいか。  俯瞰してるから、神視点じゃないの? と思う人がいるかもしれ…

たとえば「みつをみたい」なポエムを書いてる人はいくら上手でもプロにはなれません。みたい、だったら本家を読むから。「みたい」だけどオリジナリティがあったり、本家を凌駕するくらいの魅力があったり、でもない限り、猿真似として嫌われます。

年代もののロマネコンティを、冷蔵庫から出すな。(小説の作法)

 主人公は、昔からお金持ちの良い家柄。有名大学の大学生。  賢くて、テニスが上手で、背が高くてカッコ良くて、モテモテ。  でも貧乏な友人を助けるやさしい面もある。…

三人称の「純粋な、完全な作者視点」をおさえる。(小説の作法)

 まず、この視点については「作者視点」といわれたり「神視点」といわれたりするので、また、ややこしいんです。  このふたつを同じ意味で使っている人もいるし、分けて…

「ケンは悲しかった。ハナコは怒りのあまり言葉が出なかった。タロウはざまあみろ、と思った。」これは視点がふらつきすぎです。ダメな描写の例です。小説書いている人で、このダメっぷりがわからない場合、視点について理解が不足しています。

三人称。まずは、概論。視点を押さえよう。(小説の作法)

 三人称、これ、複雑です。  たとえば登場人物が3人いたとすると、視点はA視点、B視点、C視点、作者視点(神視点)の四通り考えられます。さらに組み合わせもOKです。  …