Rarible 2020: 一年の概要
見出し画像

Rarible 2020: 一年の概要

2020年はRaribleにとって大変重要な一年になってきました。
なんて素晴らしい年でした!

当年、私たちは$RARIガバナンストークンを立ち上げたり、DAOになることへの移行を発表したり、世界中のNFTマーケットプレイスの1位を獲得したり、多くの機能とアップグレードを導入したり、コミュニティとともに成長したりしました。

この経験を私たちと共有してくれた皆様に心から感謝します。この投稿では、何が行われたかを要約して、振り返ります。2021年1月からチームが取り組んでいることをお知らせするために、毎月投稿をリリースします。

画像1

https://www.coingecko.com/en/coins/rarible

画像2

2020年1月と2月

2019年11月の急速な開始後、Raribleの存在の最初の数か月で、いくつかの成果がありました。

● 最初の100人のユーザー
● 最初のソーシャルメディアの投稿
● Raribleの最初の公開プレゼンテーション(3Boxコミュニティコールで!)


Raribleがそのように見えたことを覚えていますか? :)

画像3

2020年2月までに、最初のトラクションを獲得し始めました。

2020年3月と4月

春の数か月間、マーケットプレイスでのユーザー体験の向上に取り組みました。 その時から今日のRaribleのように見え始めました。

2020年5月と6月

画像4

5月に、Raribleという市場のコンセプトとプロダクトが検証されました。市場は月間販売量で5倍を超え、28,000ドルに達しました。Raribleの初期のアーティストであるOsinachiFreneticVoidのアイテムが初めて販売されました!

当時、複数のアイテムのミント(ERC-1155標準のサポート)と柔軟なロイヤリティを追加しました。

市場に集まり始めた違法な売り手を取り組むために、6月に検証システムの最初のバージョンを導入しました。

2020年7月:$RARIトークン

画像5

設立から6か月後、Raribleのアクティブなクリエイターとコレクターに報酬を与えるために、来るべきRaribleのDAOの燃料になる$RARIネイティブガバナンストークンを発表しました。$RARIの開始はCoinDeskで取り上げられました

活動的なコミュニティメンバーへの$RARIの毎週の配布は、7月15日に始まりました。同時に、ブロックチェーンでNFTを購入したことのあるすべての人のためにヒストリカル・エアドロップを行いました。

今日の時点で、2,500,000$RARIがクリエイターとコレクターに配布されています(現在は4,628,489ドル相当)。

2020年8月

8月までに、Twitterのフォロワーは3000人に達しました(後の4か月で25,000人を超えてきました!)。

言葉が広まり始め、多くの素晴らしいアーティストがRaribleに参加し始めました。 Murat Pakの「Polymorph」コレクションは完売してきました

画像6

トップ売り手のリストを追加したり、コミュニティからフィードバックを収集したり、プラットフォームの改善とさらなる計画に取り組んだりしました。

2020年9月

画像7

この時点で、ブロックチェーン業界で最も評判の良い15以上の出版物が、Raribleについて投稿しています(CoinDesk、Cointelegraph、The Block、Decrypt、Defiantなど)。

私達が達しました:

● 月間売上高850万ドル
● 1万人のTwitterフォロワー
● 1200万ドルの時価総額
● $9.75 $ RARI史上最高価格

ガバナンスの最初の取り組み

9月、コミュニティはRaribleでの料金の金額について投票しました。 投票によると、買い手側と売り手側の両方に2.5%の手数料を導入しました。

コラボ:NFTを一緒に前進させる


設立以来、同業界の会社と積極的にコミュニケーションを取り、NFTの使用例を調査し、市場を強化するためのコラボレーションを開始しています。

インターネット上の何かがあなたのものであることを知るにはどうしたらいいのでしょうか?

● 9月、RaribleはJake Brukhmanが運営するCoinFundからの投資を確保しました。
● 同月に、yearn.financeのyInsure(NFTベースのスマートコントラクト保険)のサポートを追加しました。このパートナーシップは、DeFi + NFTの統合に関する最初の取り組みの1つとなってきました。

画像8

2020年10月

最初のRaribleコミュニティ通話が行われました。それ以来、私たちは隔週で通話を開催しています。
これらの通話で、新機能を発表したり、導入予定されている機能を見せたり、コミュニティと重要な質問について話し合ったりしています。 すべてのビデオ録画はRaribleのYouTubeチャンネルで公開されています。

画像9

同時に、Bjarke Ingles風のRarible会場がDecentralandメタバースに作成されました。それ以来、私たちは2つの暗号アート展示会を主催し、NFTを所有するDecentralandコミュニティメンバーのために2つの$RARIエアドロップを実行しました(ヒストリカル・エアドロップの一部として)。

ガバナンス取り組みの一環として、10月には、次のことを決定した2つの投票も行いました。

● 確認済みのクリエイターとコレクターの$RARI報酬を15%増やします
● Raribleでミントされていないアイテムのための$RARI報酬を50%減らします

2020年11月

Raribleの最初のミントから1周年を迎えました

画像10

11月、チームはプラットフォームの改善、バグ修正、応答性が高くスケーラブルなサポートシステムの確立などに取り組んできました。

コミュニティの要求に応じて、次のことをやってきました。

● 検証プロセスとガイドラインを大幅に合理化しました
● Telegram、Discord、Eメールなどのチャネルでのコミュニケーションとサポートを整理しました
● 新しいチームメンバーを採用しました:RaribleコミュニティマネージャーEthan van Ballegooyen (南アフリカ出身)

画像11

新機能に関して言うと、音楽とビデオのNFT入札のサポートを追加しました。 それを発表するツイートは、これまでのところRaribleのTwitterで最も気に入った投稿となりました。

2020年12月

画像12

現在、ソーシャル機能(フォロー・フィード、「注目」セクション)に取り組んでおります。そして、何が行われたかを評価して振り返り、2021年の計画を立てています。

もう少し言葉

本当に素晴らしい年でした! 最近訪問していない場合は、Raribleを見てみてください。私たちは多くの素晴らしい機能を導入し、コミュニティ要求に対応し、バグなどを分析して修正しました。 私たちは懸命に働き、マーケットプレイスをノンストップで改善しています。

ご参加いただきありがとうございます。 2021年にはさらに多くのことがあります。💛

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Raribleは、コーディングできなくても、誰でもがデジタル商品を鋳造、売買できるNFTマーケットプレイスです。 https://rarible.com/