結婚相手に妥協するかどうか問題
見出し画像

結婚相手に妥協するかどうか問題

結婚相談所を運営していると、ストライクゾーンの幅が人によって本当に違うなと感じる。

傾向としては、女性は年齢が上にいけばいくほど、ストライクゾーンが狭くなっていく気がする。

20代の人に、「ちなみにどんなタイプの男性が好きですか」と聞いても、「うーん」と答えられなかったり、「大きい声出す人じゃなければいいです」とか、ほとんどの人そうでしょ笑、と思うようなことしか言わなかったりする。

逆に、ある程度年齢を重ねた女性は、相手の年齢はこのくらいでとか、年収はこのくらい欲しくて、見た目に清潔感があって、心がときめくような男性じゃないと嫌だとかって言う。

どうしてこのような差ができるのかと考えてみた。

ある程度年齢を重ねた女性たちも、昔はこんなにストライクゾーンが狭くなかったんだと思う。

しかし、年齢を重ねると共に、自分の婚活市場における価値のようなものを感じるようになる。

ある程度のスペックを持っている男性と結婚できなければ、自分の価値を低く見られたと感じてしまうのだろう。

要するに、自分への自信が、年齢と共になくなってきてしまっているのだ。

この続きをみるには

この続き: 1,177文字
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

2021年7月分の全記事をまとめて全部読めます(^^)全24本!

マガジンは月に2本以上読むなら定期購読のほうがお得です♪

週に1本(月4回、1記事3000文字以上)の渾身の恋愛コラムに加え、日々更新される軽めの有料記事も全て読めます♪(登録月分より) 月額88…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとう!「年齢に不利はあっても無理はない」
芸人。恋愛マスター。【恋愛マスターくじらの公式LINE】登録者2万人突破。https://lin.ee/sUvOUQc 【くじら結婚相談所】http://quddila.net著書2冊、細かすぎてモノマネ。ブログhttps://ameblo.jp/quddila/