見出し画像

Twitter拡散に必要な時間帯を分析!時間帯ごとのツイート反応率

Twitterで拡散しやすい時間帯は平日で「5時、11時、15時、20時」と言われ、休日で「8時、12時、14時、16時」と言われています。実際にこの時間帯に投稿し続けたら、反応される確率はあがるのでしょうか?朝・昼・夜の時間帯ごとに分けてツイートして結果を分析してみたいと思います。

参照サイト:ferret
参照サイト:Next Stage

分析結果

・朝4~5時:4投稿
インプレッションの平均:212人
エンゲージメントの平均:11.25人
エンゲージメント率の平均:5.8%

朝4~5時代ツイート

・昼11~12時:3投稿
インプレッションの平均:214人
エンゲージメントの平均:25.6人
エンゲージメント率の平均:11.4%

昼11~12台ツイート

・夜19~20時:4投稿
インプレッションの平均:153人
エンゲージメントの平均:11.25人
エンゲージメント率の平均:10.25%

夜18~19時台ツイート

朝・昼・夜を分析した結果、朝4~5時と昼の11~12時は見られる数が多いということがわかりました。反応率ではお昼の時間帯はエンゲージメントが11.4%でもっとも反応されやすいという結果になりました。

意外とお昼って一番落ち着く時間帯でみんながゆっくり過ごしているときなのかもしれないですね。

画像5

Twitterアカウント

noteの政治アカウント紹介

【政治アカウント】たまごかけご飯(@tamago736)
・日本や世界の現状をツイートします。世界の動向を知ることでこれから自分たちに起こる少し先の未来が見えるようになります。

noteの分析アカウントの紹介

【分析アカウント】ぶんせきゾウさん(@bunseki963)
・noteでは載せていない分析結果をツイートしています。現在取り組んでいる活動や最新情報を知ることができます。

この記事が参加している募集

noteのつづけ方

よろしければサポートお願いします!いただいたサポートは施設を建てるときの資金にしたいと思います!