主体的に生きるために。「群衆心理」から考える世界の姿
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

主体的に生きるために。「群衆心理」から考える世界の姿

※この記事は全文無料で読むことができます。

2021/09/17

こんにちは。HACOです。

今月の100分de名著はギュスターヴ・ル・ボン「群衆心理」です。

コロナ禍でのいろいろ、総裁選がもうすぐという状況という中での、ものすごくタイムリーなテーマですね。 

社会心理学的な観点からの人間の考察になります。

人がいかにして群衆となるかについて辛辣に分析・批評しています。

19世紀の著書ですが、現代にも当てはまることばかりです。

いつの時代でも、人間の本質は変わらないのかなと考えさせられます。

本書では、心理学的な群衆を下記のような集団と定義している。

意識的な個性が消えうせて、あらゆる個人の感情や観念が、同一の方向に向けられる

最初はあった意識的な個性が消えうせて…というところが恐怖なところですね。いつのまにか主体は不明瞭になり、盲信的に同一の方向に導かれていく…操られていく…。

会社や学校、友人関係、家庭など、どのような人間関係の中でもそれは生起することですね。

SNSでの炎上や誹謗中傷や攻撃的な言動など、現代の方が親和性が高いような気がします。

空気の研究ともつながってくるかもですね。

情報があふれている世の中で、それを取捨選択しながら生きることの難しさ。便利なはずなのに、いつのまにか…

自分が群衆になっていること

自分が群衆をつくりだしていること

両側面が誰しもにあるのだと思います。著名な人やリーダーといった人だけでなく…。それに気がつくことができるかどうか。

難しい問題かもしれませんが、いま考える必要があることのような気がします。

現時点で、第2話まで放送されている「群衆心理」。武田砂鉄さんのわかりやすく、切れのある解説とともに楽しみながら、考えながら見ていきたいと思います。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
今日もよい一日を。

それでは、また。

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

【本】を題材にしたお話しを集めたマガジン ※無料で見ることができます。

または、記事単体で購入する

主体的に生きるために。「群衆心理」から考える世界の姿

HACO

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
こんなに嬉しいことはない🍀
~適度に適当に~「主体性」と「楽しむ力」を大切に。 「自分っぽい」生き方をみつけられる場所づくり。 こころを整えたり、トレーニングしたり、心理学的なサポートを行っています。 こころの育成につながるような、つぶやき以上エッセイ未満な何かをゆるっと書いています。