見出し画像

なぜ成瀬と成田はM-1グランプリに挑戦するのか?そして、1回戦を応援するには!?

成瀬 拓也

どうも、なるなること成瀬拓也です。

なりなりこと成田直人とサクセス×サクセスという漫才コンビをやっています。サクサクって覚えてください。どうぞよろしくお願いします。

画像1

僕たち、M-1グランプリ2019に挑戦するんですよ。1回戦は9月17日(火)渋谷シダックスカルチャーホールAでやりますので、応援よろしくお願いします。

画像2

せっかくの機会なので、なぜ僕らがM-1グランプリに挑戦するのか何をやらかそうとしているのかをお話しようかと思います。

なぜ、M-1グランプリに挑戦するの?

最近聞かれまくるんですが、理由はシンプルに「面白くなりたい」からです。面白さがあれば色んな問題が解決するんじゃないかなって思うようになったんです。

例えば・・・
理不尽に発狂している我が子を笑わせて気持ちを切り替える
育児に疲れている妻を笑わせてリフレッシュさせる
挑戦に足がすくむ仲間を笑わせて一歩踏み出させる
言葉の通じない異文化な外国人を笑わせて仲良くなる

仕事、子育て、地域活動、海外、色んな年齢、価値観、言語の人と出会い、関わりますが、「面白さ」言い変えるなら「笑い」は人と人の心をつなぐ・・って思いが強くなって、2019年の成長テーマに「面白くなる」を掲げました。

将来、僕が社会的なリーダーになった時に「面白さ」という武器を持っていたい。人の心をくすぐれるような力を持ちたい。これがカッコつけたバージョンな理由です。決して、モテたいとかではあり・・・ま・・せ、、んかもしれないかもしれません(ゴニョゴニョ)。

面白くなるための効果的な方法

僕の経験上、成長するために最も効果的な方法の一つは「成長しなければいけない環境に身をおく」ことだと思っています。早起き苦手でもお寺の修行に入れば何時か知らないけど、朝早く起きますよね。それと同じで、「面白くないといけない環境に身をおく」ことが効果的だと思ってます。

でも、それが自ら望むものではなく「ヤラされている」という環境であれば苦痛が伴い、純粋なパワーが湧いてきません。つまり、まとめると「やらなければいけない環境に自ら望んで追い込む」って感じです。良く「どMだね」って言われますが、追い込まれるのが好きなのではなく、自ら望んで追い込むのが好きなので、言うならば「セルフどS」です。以後、お見知りおきを。

挑戦するからには上を目指せる仲間と

面白くないといけない環境と考えて、真っ先に思いついたのが、「M-1グランプリ」でした。M-1グランプリに出るためには漫才ですから相方がいります。

画像3

じゃあ、誰?となって、なりなり(成田直人)を誘いました

なりなりとは学生時代からの15年の付き合いで、空白の期間はあるものの、お互いの活躍はSNSを通して知っていて、去年末にお互い本格的にTwitterを再開したことで再会し、一緒に1日店長をやったり、一緒にセミナー講師をやったりしました。

画像4

挑戦するからには上を目指さないと面白くないですし、面白くなることが目的なので、上に行きたい。そう考えると、一番は「本気で上を目指せる」ことが条件だったのかもしれないです。

僕は常々、経営者相手にコンサルティングの場面で「採用しやすい人(誘いやすい人)を採用する(誘う)のではなく、目的のために採用すべき人(仲間にすべき人)を口説くべき」と言っているので、誰でも良いようで誰でも良くなかったんだと思います。

なりなりのTwitterは営業・販売系のノウハウが詰まってますが、そうじゃなくても勉強になることたくさんなので是非フォローしてみてくださいませ。

目標をもつと見える世界が変わる

M-1グランプリを目指すと決めてから、漫才の研究をするようになりました。気づいたのはネタよりも調理が大事だということでした。もちろんネタも大事。でもネタが全てなら落語は誰が話しても差がなくミュージカルは誰がやっても同じみたいな世界です。漫才も同様だったことに今更気づきました。

なりなりもM-1挑戦による心境の変化をこう語っています。

M-1に出ると決めてから衝撃を受けたのが、決勝大会に出る芸人のネタの面白さは、偶然ではなく完全に作り込まれたものだということ。
僕は今までテレビでしか見たことないし、いつも視聴者側だったので、「くっそ面白い」という感想しかなかったわけです。
今回、芸人サイドになり、「芸人やべぇ・・・」と心から尊敬の対象になりました。今年から15年間はチャレンジすることができるので、優勝するまで出続けようと思っています。
今年はルーキーイヤーなので、準々決勝のベストアマチュア賞まで狙いたいなと本気で思っています。

爆笑の漫才初ライブ

札幌でマーケティングのセミナーの講師として一緒に呼ばれる機会があったので、「懇親会で漫才ライブやるよ!」とノリで言ったところ、主催者も面白がってくれて、素晴らしい会場を用意してくれて初の漫才ライブを開催することができました。

画像5

正直、初ライブは出来すぎました。というか、失敗のしようのないお膳立てが整いすぎていました。僕らのセミナーを聞いてくれた超好意的な観客の前で漫才をして滑るわけがないからです。なので、僕らの実力が世の中に通用してる!と慢心しているわけではありません。

が、一度本番をやってみることで、「できていること」と「できていないこと」「アドリブの強さ」と「アドリブの脆さ」の両方も感じられることができました。まず今越えるべき課題が見つかったのでどんどん越えて次のステージ進むのみです。

当日だけの公開にしようかと思ったのですが、「見たい!」という声が多く出たので、「Youtubeのチャンネル登録が100を超えたら公開します」とツイートしたら、1本も動画を上げていないYoutubeチャンネル登録100名が24時間かからずに達成することができました。感謝です。

そして、サクセス×サクセス漫才初ライブの映像はコチラです。6分強のネタと後半は会場を巻き込んだ即興漫才です。

サクサクを応援するには

で、サクサクの漫才を見たい!応援したい!という方は是非M-1の1回戦にお越しください。というか、是非、歴史の立ち会い人になってください。一般観覧者として会場に入れます。入場券は500円で11時40分の開場から販売開始です。売り切れると入れなくなるので、時間に余裕がある方は11時40分に一度当日券をご購入いただき、間に合うように好きな時間に入っていただくのが良いように思います。

当日券 500円
※当日券のみの販売です。
※開場と同時に販売開始します。
※お1人様につき1枚の販売です。
※入場時にのみ販売します。
再入場はできません。
未就学児の入場はできません。
会場内での録音・録画・撮影・配信は禁止です。
満席時は立見、または入場を制限させて頂く場合があります。
MC・出場者は変更になる場合があります。

サクサクの出番はGグループなので、15:10集合なので、それ以降になります。

それでは、伝説に向かって突き進みます!応援ありがとうございます!!

P.S さっそくファンの方が僕らの似顔絵を描いてくれました。まだアマチュアだけど、まず注目度だけでもプロ級でいきます!


この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
成瀬 拓也

サポートいただいた分は今後の創作活動や関わってくれた人への還元に使わせていただきます!