見出し画像

パルプデーモン・チーフ

「やっぱりミュータントだよ……!」

 編集長はバッサリ。俺の顔に原稿が投げつけられる。

「悪魔とか妖怪は宗教色強すぎるとおもうわぁ。時代受けしない」

「でも」俺は食い下がる。ここで、曲げたら作家の俺はオワリ、ジ・エンドだ。家賃も払えず野垂れ死ぬ。

「敵がミュータントなら何でもできるし、どんな形にでもできるでしょ?わかってんの?触手ウジュウジュ〜!ね?」

「じゃ、じゃあ、ダックスフンドミュータントとかどうです?カワイイですし、意外性も」

「は?脳みそ、ママのお腹においてきちゃったわけ?」

 沈黙。ヤバイ。

「つまんない、ねぇ耳きってみる?」

 耳を疑う。

「ちょっとでいいよ」

 ハサミで切るポーズ、無邪気でセクシーだが、いっていることはアポカリプス。

「い、いやですよ」

「だろうね、だからやるんだよ」

 パチンと指を鳴らすと編集部室から大男のグーリとグーラが現れた。こいつらは血も涙もないロシアン編集者だ。

【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
しっぽを振っている🐩
忠犬。