見出し画像

週末は自宅ボイトレ!ピアノ音源動画の効果的な使い方についてご説明♪

緊急事態宣言が全国に発令されて、最初の週末がやってきます。
本日4月17日は、東京都で新たな感染者が200名を超えました。
2週間前の過去を変えることはできませんが、2週間後の未来を作ることは出来ます。
どうぞ週末はお出かけなさらず、ご一緒に自宅で過ごしましょうね。

さて。
Pi坊のYouTubeチャンネルでは、この期間にお使いいただける発声練習動画を順次公開しています。
是非チャンネル登録してくださいね〜↓
Pi坊のYouTubeチャンネル「さしより音楽ば」

その中で、日々の発声練習に使えるピアノ音源を公開しているのですが、今回はその動画の使い方についてご説明したいと思います!

1)まずは、8分音符の音階練習をしましょう。
ドレミファソファミレド〜と階段状になっています。
音が上行系する際に息をしっかり流すこと、そしてスピードを要しますから、この練習は呼吸を安定させる訓練になります。
歌い始めの練習としては、とても有効でしょう。

2)続いてやっていただきたいのは、4分音符のアルペジオです。

※アルペジオというのは、分散和音のこと。
例えば「ド・ミ・ソ」という和音だったら、それを同時に和音として鳴らすのではなく、1音ずつ分解して(結果的に和音として)鳴らすということです。

(1)の階段状の音階から、段差を抜いた形になりますので、(1)よりも息の流れを安定させねばなりません。
またスピードもさらに必要になります。
段差を飛ばすことで、声帯を緩やかにストレッチ出来ますので、筋肉を柔らかく鍛え、育てることが出来ます。

3)最後は、2分音符の5度跳躍です。

※5度跳躍というのは、簡単に言うと音を5つ飛ばすこと。
ドから数えると、ド《1》・レ《2》・ミ《3》・ファ《4》・ソ《5》。
つまり、ドからソに跳躍するということです。

(1)から(2)、(2)から(3)と、順に段差を無くして来ましたが、これは大きく飛びますので、声帯(を動かす筋肉)が大きく伸びて縮みます。
ヨガでも体幹トレーニングでも何でもそうですが、運動の基本は息を流すことですから、
音がブチブチ切れず必ず一息で繋ぐこと
を意識して練習してください。

ほんじつのまとめ

トレーニングは、ガムシャラにやれば良いというものではありません。
どのような練習を、どういった意味を持って、どのような順番でやれば良いかを考えると、効率はグッと良くなりますよ!
まずは、上記のやり方で、ご自宅で試して観てくださいね。

今後も皆さんに楽しんでいただける、お役に立つ情報を共有していきます。
音楽家はこんな時本当に無力で情けない限りですが、今出来ることを大切にやり続けたいと思っています。
生徒の皆さん、読者の皆さん、どうぞお元気でお過ごしくださいね。
やがてコロナが落ち着いて、僕がビックリするくらい歌がバージョンアップした姿で再会出来ることを、今から楽しみにしています!!←生徒たちにプレッシャーをかけてみる(笑)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
7
音楽修行note。歌、声や身体、作曲や作詞などについて記事を書いています。 作曲家、編曲、シンガーソングライター、ゴスペル指導、ボイストレーナーなどマルチに活動中。 活動の詳細・プロフィールはhttps://pwmusic.jp