見出し画像

アイルランドの街から その1     ~コロナ禍でも夢の実現~


なぜアイルランドを選んだのか

現在アイルランドに留学をしているのですが、元々アメリカへの留学を目指していて8月はその準備をしていました。コロナの状況から学校再開のめどがつかず、9月に正式にキャンセルの報告を受けました。失望しました。(私と同じような気持ちになった人がすべてだと思います)そして3日間ほどネガティブな感情に支配されました。

しかし、キャンセルから3日後にイギリスそしてアイルランド留学の案内が幸いにもPIEEから舞い込んできました。イギリスに行きたかったのですが、できる限り早く渡航したかったこともあり、VISAの関係でアイルランドに留学することになりました。行きたいと思った国には行けませんでしたが、未知の環境で生活し新たな自分に出会い、英語を使えるということだけは失っていないと確信し決断しました。とても複雑な気持ちでしたが、このチャンスは無駄したくないと思い新たに準備をはじめました。もちろん、ほとんどの人がアイルランドと聞いて知らないように、わたしも国について全く知識はありませんでした。そして、9月後半に日本を出発しました。こうしてコロナの影響で留学を中止せざるを得ない人が多い中、自分にいただけたこのチャンスを大切にして、毎日過ごそうと思いました。そして、何より家族、PIEE、そして学校のサポートによって留学が実現できたことに感謝したいです。

画像1

隔離期間の生活のようす

現在、アイルランドに入国した人は二週間の隔離が求められます。他国からやってくる留学生の隔離を対象としたダブリンの大学寮で生活するイングリッシュキャンプというものが9月19日まで開かれていました。私は遅れて出発したので参加できなかったのですが、参加していた友人の話によると、英語を勉強したり近くの公園に行ったりして楽しく隔離期間を過ごしたそうです。私は空港近くのホストファミリー宅で二週間の隔離期間を過ごしました。ドイツ人留学生が同じ目的で一緒に滞在していて、3日間だけ一緒に過ごしました。その子にこの国に来た理由を聞いたらコロナでアメリカ留学がキャンセルになったと言っていて、私と同じ経緯で来たということがわかりました。一緒に散歩をしたり、文化の違いについて話したりして、とても仲良くなり今でも連絡をしています。彼が先に隔離期間を終え、ホストファミリー宅を出てからは海で毎朝散歩をしていました。家族連れで海に入ったり、ボールで遊んだりしていて子どもとの時間を大切にする文化を感じました。天候はコロコロ変わり突然の雨が降ったり止んだりします。昼の気温はその時は13℃で日本の冬にちかく、ジャケットを着てちょうどいいくらいの寒さです。寒さに慣れている現地の人はパーカーを着ていました。文化については深く知ることはまだなかったのですが、英語の準備期間として充実した日々を過ごすことができました。

アイルランド生活のはじまり

二週間の隔離を終え、1年間お世話になるホストファミリーの家に移動しました。私の家は首都ダブリンから30分ほど離れたWicklowと呼ばれる場所にあります。そして、翌日午前中には学校の準備を終えて午後から授業へ。生徒の出身はほとんどがアイルランドでした。留学生のうち、トランジションイヤーと呼ばれる職業体験や色々な経験をする日本の高校1年生にあたる学年にいる人が多かったです。一週間ほどの授業受けた感想はプレゼンやディスカッションといったものはなくて、日本に似た教え方をしているような印象を受けました。要するに、先生がスライドや板書をしていきながら生徒に質問をして授業を進めていく形でした。一方で、生徒側は授業に前のめりで日本と違い、毎授業質問をしているような人が多かったです。アイルランドの感染状況は悪化しており、学校でマスクは必須で昼食も1m離れて食べることがルールになっています。私のような留学生には話している声も聞き取りづらく、伝わりにくくいので友達作りには厳しい状況です。

ホストファミリーは週末いろんな場所に連れてってくれます。ハイキングや山登りに海です。車を走らせれば手軽にハイキングや山登りができる場所に家があります。郊外に住んでいる僕にはとても貴重な体験でした。その中でも、最もエキサイティングだったのはアイルランドの夕方の極寒の海に体を沈めたことです。経験したことのないような冷たさでしたが、一度海から出て着替えると精神がリセットされたようで結構気持ちいい。アイルランド人の一部の人は習慣として海に入っているそうです。

画像3

画像3

画像5

最後に

まだ二週間も経っていない中でのレポートでした。今後もアイルランド留学について発信していこうと思っています。

追記:丁度書き終えた頃、今日から6週間感染レベルが5になりロックダウンに近い警戒状況になるそうです。まもなく秋の休暇(ハーフターム)が始まりますが、学校だけは通常通り授業を続けることを聞いて安心しました。

画像4

#英語
#海外留学
#語学留学
#アイルランド留学
#交換留学
#ホームステイ
#高校留学
#私費留学
#piee_ryugaku

個別カウンセリングはいつでもお受けしています。PIEEにお問い合わせください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
私の選択、海外留学 Leading to the new adventure. 留学プログラムの提案・サポートを行っています。 実際に留学中の生徒の留学Diaryです。 時々、スタッフDiaryも登場予定です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。