PEAK books(ピークブックス)

Passion, Evidence, Arts, Knowledge を届けたい。PEAK booksは、科学と医療をこよなく愛する編集者が生み出したブックレーベルです。■出版社公式サイト https://peak.yodosha.jp/
    • 人類は感染症とともに生きていく

      • 2本

      『人類は感染症とともに生きていく 〜 学校では教えてくれないパンデミックとワクチンの現代史』 ■ミーラ・センティリンガム/著、石黒千秋/翻訳 ■2020年12月18日(金)発行 ■CNNのジャーナリストであり公衆衛生の研究者でもある著者が、世界の感染症の実態を解説した入門書を緊急翻訳。

    • ワクチン・レース

      • 3本

      『ワクチン・レース 〜ウイルス感染症と戦った,科学者,政治家,そして犠牲者たち』 ■メレディス・ワッドマン/著、佐藤由樹子/翻訳 ■2020年10月22日発行 ■ヒトはウイルスを制圧できるのか、開発はライバルより先か。1962年6月の霧雨の朝、ひとりの若い科学者が仕事へ出かけていった―ワクチン、細胞老化、産学連携を結ぶヘイフリックだ。関係者の証言を元に60年代の熾烈な開発競争を描くノンフィクション。解説/岩田健太郎

    • すこし痛みますよ〜ジュニアドクターの赤裸々すぎる日記

      • 2本

      ■アダム・ケイ/著,佐藤由樹子/翻訳 ■2020年02月26日発行 ■週97時間労働。命を左右する決断の連続。それなのに、病院のパーキングメーターほどにも稼げない。ジュニアドクターの現実へようこそ。全世界170万部超,e-book売上史上最高(英国),読者絶賛の話題作

    • 撃ち落とされたエイズの巨星

      • 5本

      ■シーマ・ヤスミン/著,鴨志田恵/翻訳 ■2019年11月25日発行 ■HIVを地上から一掃したいーーMH17便撃墜事件で急逝したIAS元会長ユップ・ランゲ博士.死に至る病をコントロール可能な慢性疾患に変えた人類の叡智と,社会実装上の困難を,医師ユップの生涯とともに描く

京楽堂さんの消しゴムはんこが圧巻です。 『人類は感染症とともに生きていく 〜学校では教えてくれないパンデミックとワクチンの…

こんにちは。PEAK books編集部の編集者Sです。 今回は、『人類は感染症とともに生きていく~学校では教えてくれないパンデミックとワクチンの現代史』の装幀についてお話…

『人類は感染症とともに生きていく 〜学校では教えてくれないパンデミックとワクチンの現代史』 【編集後記】

こんにちは。PEAK books編集部の編集者Sです。 2020年は世界中が新型コロナウイルスに翻弄された一年でした。12月上旬にイギリス、アメリカでワクチン接種が開始され、202…

ワクチン開発の気になることが、丸ごとわかる。全541ページ、年末年始に読みたいノンフィクション大作 『ワクチン・レース』

イギリス、アメリカで新型コロナワクチンの供給、接種が開始されました。「日本はいつから?」と期待を抱くとともに、疑問や気がかりを持つ方もいるのではないでしょうか?…

ドラマ放送まで待てない 『すこし痛みますよ』 賛否両論!?の話題作

『ER緊急救命室』『グレイズ・アナトミー』など、医療系海外ドラマの人気作はさまざまありますが、また新たな名作が生まれそうです。 それは、元医師でコメディアンであり…

反響の声、ぞくぞく!『美食のサピエンス史』

「パリパリ、サクサク、カリカリの起源はそれだったのか!…うむむでも一理ある…」など、各方面で話題を呼び重版がかかった『美食のサピエンス史』(ジョン・アレン/著、…

【編集後記】『BIRTH いのちの始まりを考える講義』が生まれたいきさつ

こんにちは。はじめてnoteの記事を書かせていただきます、PEAK books編集部の早河と申します。 10月下旬に、レーベル第6弾となる『BIRTH いのちの始まりを考える講義』が…