ぱんださんの小径

ぱんださんの小径 という名で絵やお話を発表しています。

36 ほんとうのこわい話(not怪談話)

夏がやってきました。我が家の谷の住人たちもうれしそうです。フィンランドは夏が短いですからね。 全員水浴びしました。パパはシルクハットごと水を浴びました。 湿度90%…

35 こびりついた汚れ落とし

少しだけお久しぶりになりました。 この数日いろんな「古いこと」の整理に当たっていました。大きく旋回していた輪が閉じた感覚があったので、言葉にできそうです。 しか…

34 それでもあなたは

いつの頃からか頻繁に遭う現象がある。 それは、 私が何か前向きな覚悟や決断をした時に、その心を挫くかの様なことが起こる というものだ。 開眼と言わんばかりの内なる…

33 シーソー

政府のなんちゃらキャンペーンが話題です。 感染者が増加している中、ウィルスを撒き散らしてどうするのだろうか。もちろん異論なしです。さらには、キャンペーンだからと…

32 éclair avec calme

私は夫を知らない。 どういう過去を持ち、どういうことを考え、何が好きなのか、何も知らないで結婚した。 横並びのお店で共に働いていたので、顔は知っていたが、外です…

31 ここから明日のきみへ

コロナが流行って、言いたい事がなくなってしまった。 毎日いろいろ言いたいことを言ってるくせに何を、と自分でも思うけど、 声を大にして高らかに誰かに言いたいことっ…