見出し画像

ワンストップ-アプリ開発 募集開始

親方です。
次の本が走り始めたので、いつも通り執筆概要などを整理します。

テーマ:アプリ開発に関するすべて。

何かしらアプリを開発している人は多いと思います。

・個人開発のアプリ
・会社での大きなアプリ開発
・ウェブアプリ・モバイルアプリ
などなど。規模も目的も様々でしょう。

アプリケーションを作るために必要なノウハウを詰め込んだ本にしたいと思っています。

アプリケーション開発には、ソフトウェアエンジニアだけではなく、グラフィックデザイナーの人も、ウェブディレクター、企画者、営業、さまざまな立場の人が関わるものです。

これまでの登壇内容、思ったこと、経験を合同誌にしませんか?
それぞれの立場における話、ばっちこーい。
テクニカルな話、エモい話、両方OKです。

・簡単なアプリの作り方
・アプリ作りの失敗談
・アプリ作りをやり遂げるコツ
・要件定義、目的、ニーズ
・仕様、画面、テスト
・公開にあたっての考えること
・ライセンス、法律
・個人開発、チーム開発、モブプロ
・開発プロセス
 ・ウォーターフォール
 ・リーン開発
 ・アジャイル それぞれのアンチパターン、失敗談。

アプリを作るという話題における全てを詰め込んだ最高の一冊にしたいです。

それらに関するノウハウやテクニックを整理していただけませんか? あるいは、自分の体験をまとめてみませんか?

トピックスごとに細かく章を切って構いません。あるいは、他の人の原稿にコラムとして放り込むもOK。

執筆・配布スケジュール

募集開始・環境構築 8月14日
本文初稿:9月30日
レビュー&追記:10月末日
入稿:11月末日
発行 技術書同人誌博覧会2 2019年12月14日 プラザマーム
以上を大枠なスケジュールとします。(多少前後します)

形式

MDorRE→Re:View+Github+CI出力のpdfを基本。
当該リポジトリに招待しますので、GitIDを連絡ください。https://github.com/onestop-techbook/app-dev
招待なくてもPRは上げられると思います。セルフマージOKなので、参加しておいたほうが便利かも、くらいのはなしです。

今回から、えるきちさん開発のEasybooksに対応したので、.reと.mdが直接混在可能。したがって、mdで雑に書いてPushすると本になります。
プレーンテキスト、Word等でもOK。こちらでコンバートします。

想定ページ数:300ページ前後(上限なし)

原稿料

メイン記事5000円/人+打ち上げご招待
 (ページ数によらず。ただし、3ページ程度以上を想定。(1ページ1000~1200文字相当)
コラムのみ:打ち上げご招待

原稿料支払いタイミング

発行後。(年明け。Amazonギフト券または打ち上げ時現金)
完成した本:5冊進呈。

免責事項およびその他の定め

・実際の案件・事象等について触れる場合、例示等に使う場合は、各章・コラムの著者の責任において情報の公開・秘匿範囲を定めてください。編集者、その他著者は、その点については一切責任を負いません。
・それぞれの執筆分担分における著作権は、著者に帰属します。
・「商業化」のオファーがあった場合、各著者のご意向を確認の上、商業化を判断します。
 ・自分の執筆範囲の掲載可否は個別判断いただけます。
 ・改定(追記、修正、一部削除、全削除)は商業化決定後に別途調整
 ・全体としての商業化の判断については、著者皆様の反応を見た上で、編集長(=親方)にて最終判断とします。
・その他については、適宜相談の上定めるものとします。
・印刷費は親方が払います。(印刷費の著者負担はなし)

同人版発行主体

技書博(2019.12.14) 親方Project
想定印刷部数 技書博、冬コミ、その他 (600程度?)

Gitリポジトリ

https://github.com/onestop-techbook/app-dev

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。