otonya

はじめまして、otonyaと申します。現在はエフェクトデザイナーになるべく奮闘中。日常生活やゲームと趣味についてつぶやいていけたらいいなと思っています。文章力皆無ですが、よろしくお願いします。Twitter→revenge_life@otonya

otonya

はじめまして、otonyaと申します。現在はエフェクトデザイナーになるべく奮闘中。日常生活やゲームと趣味についてつぶやいていけたらいいなと思っています。文章力皆無ですが、よろしくお願いします。Twitter→revenge_life@otonya

    最近の記事

    コールセンターでの経験

    1.ソフトバンクAirのコールセンター一年ほど前、派遣のアルバイトでコールセンターのお仕事をしました。 社内の雰囲気についてなんですが正直とてもよかったと思っています。半月ほど現場に入る前に講習をしっかり行ってくれるため知識がそれなりに身についた状態で現場に入ります。現場に入っても数日間は先輩の方々がやさしくフォローしてくださるので電話を取るまで不安はありますが、そこまで気にすることではありません。 極論からなのですが私はソフトバンクAirをおススメできない派です。今回は

      • 面接で聞かれたこと(ゲーム業界)

        学生の頃の就職活動や転職活動時にどんなことを聞かれたかをまとめてみよう思います。会社ごとに質問の内容が結構違ったので参考になるかはわかりませんが見て頂けたら幸いです。 面接方法は実際に会社に行って受けるのと企業の人が学校に来てくださって行う面接の二種類でした。学校で行った面接については評価シートみたいなもので返事が返ってきて再度面接してみたいとお声がもらえたら会社に行って本面接的なものを受けていました。 専門学校ごとにやり方が異なると思うので就職活動については先輩や就職支

        スキ
        5
        • 自己紹介

          初めましてotonyaです。ほかの人の記事をみて自己紹介そういえばまだしてないと思い書き始めた次第です。(写真は専門当時の自分です。右側) 日記的な名目とエフェクトデザイナーになるまでの過程を日々書いていきたいと思い始めした。またやりたいことがあっていま頑張っている方などいましたら職種関係なく仲良くできたらな思います。 1.出身千葉出身の20代男性です。 チーバ君の鼻先あたりなので埼玉にとても近いのでそこからレイクタウンに車で30分もしないで行けます。(免許まだないけど

          スキ
          11
          • 生活のコントロールは大変

            エフェクトデザイナーになる為に、独学とお金を貯めてスクールに通おうと日々を送っている私ですが、いかにしてモチベーションを維持しつつ働き勉強をしていくか日々悩んでいます。 現在どんな過ごし方をしているか書き綴ってみようかと思ったので皆さんも参考にしていただけたら幸いです。 1.仕事(アルバイトなども含む)私は現在実家で暮らしていますが何度も友人とルームシェアや一人暮らしを考えていました。それは実家暮らしが心地よくないのが一番の理由です。 しかし引っ越しにはお金がかかるし引

            • 面接で聞かれたこと(ゲーム業界)

              スキ
              5
              3か月前
              • 自己紹介

                スキ
                11
                3か月前
                • 生活のコントロールは大変

                  3か月前
                  • 空の軌跡は最高すぎた件

                    いきなりですが私がゲーム業界を目指すきっかけになった作品について話したいと思います。 作品は日本ファルコムより発売している英雄伝説Ⅵ空の軌跡FCです。 この作品に出合ったのは中学3年の頃、受験を控えていた私は気分転換にファミコハウスでなにか面白そうなゲームがないか中古ソフトから探していました。※ファミコンハウスはゲーム販売しているお店です。 もともと親がゲームをしないためゲームを買ってもらうことが難しく、小学生の頃はゲームの持っている友達の家でゲームをする毎日を送ってい

                    スキ
                    1
                    • 頑張りたいのに頑張れないとき

                      やりたいことがあるのに頑張れないときってありませんか? 私はゲームクリエイターを目指しゲームの専門を卒業しゲームデザイナーとして少し働き、今ではエフェクトデザイナーになるべくアルバイトしつつ独学で勉強する日課を送っています。 しかし、なかなかやる気が出ず思うように勉強がはかどらず技術が身についている実感がもてず、気分がモヤモヤしながら毎日が過ぎていきだんだん不安になっていき悪循環が起こる。この状況を打破すべく今まで私がしてきたことを話そうと思う。 私がいかに高いパフォー

                      スキ
                      2
                      • 転職活動に苦戦。そして新たな目標。

                        会社を辞めてから転職活動をしばらくしており何社か面接させていただく機会があった。 私はエージェントを使って転職活動をしていたが利用して気づいたのが当たり外れがあるということ。一度受けた会社で落ちてしまった際それ以降エージェント会社からの連絡が途絶えることもあった。 転職活動で一番辛かったのが自分の強みなどをうまく言語化して話すことができていなかったこと。自己分析はたくさん行ってきたが、いざ面接のときになると上手く話すことができなかった。学生の頃に作ったチーム作品もポートフ

                        スキ
                        16
                        • 自分が目指すモノ part2

                          複数のプロジェクトを平行して進めていくようになりデベロッパーの会社とのやり取りなどが増えていくなかで社内では一人一人が孤立してるかのように作業を行っているのが当たり前だった。必要最低限ほぼ話すことなく毎日過ぎていく中、新人の私はわからないことだらけだったので周りに聞いたりすることが必要だった為、タイミングを狙ってわからないことを聞いたり仕様書などのフィードバックをもらうことを繰り返していた。 一度でOKをもらえることはほとんどなく修正を繰り返し行って上司に確認をしてもらって

                          スキ
                          3
                          • 自分が目指すモノ

                            唐突なんですが自分は高校卒業後、医療の専門に一年通い中途退学をしてしばらくアルバイトと契約社員で働いたのちゲームの専門学校に行った歴がある。卒業後はゲーム会社に何とか入社しゲームデザイナー(プランナーまたは企画職)として働いていました。 しかし、あんなに辛かった就職活動を乗り越え掴みとった内定は約8カ月ほどでおじゃんになった。 ゲーム会社を退職をしたのだ。 退職理由としてはあまり公の場でいえることではないが、人間関係が大きかった。新卒を初めてとった会社であった為新人研修

                            スキ
                            5
                            • オミクロン感染日記④

                              自宅に戻ってから数日ほど経過した我が家では母と姉はまだ隔離生活が続いていた。 隔離といっても家の中ではいつもどりだけど外にはとりあえず出ないようにし、ほぼ寝ている状態が続いていた。私は買い出しや風呂掃除などできることは積極的に行いそれ以外の時は自室で籠っていた。 退所したばかりもあって怠さや咳が続いていたので薬を飲んだり運動したり、気分転換に人の少なそうな時間帯を狙って銭湯に行って気分転換をしていたが正直全然体調がよくなる感じはしなかったのが本音である。 再度病院で診察

                              スキ
                              1
                              • オミクロン感染日記③

                                ホテル療養が始まって5日間経った。 体調は相変わらず怠さと筋肉痛のような感覚が抜けきらず、喉も痛みは引いたがガラガラ声が続いていた。 薬も毎日飲んではいるがそこまで変化を感じなくなっていた。自分の免疫に頼るしかないのかなと思い軽いストレッチやうがいをしたりなどいろいろ試してはみたがそう簡単にはいかなそうでした。 定期的に看護師から部屋に置いている電話にかけてくることがあり体調の状態や食事がとれているかなど確認してくるときがある。最悪な時は風呂に入っているときに電話がなる

                                スキ
                                1
                                • オミクロン感染日記②

                                  ホテル療養では、ルールがいくつかある。 まず朝昼晩に体温とパルスオキシメーターで酸素飽和度を図り「HER-SYS」と呼ばれる毎日の健康状態を管理するためのアプリに体調の状態を入力して送信しなくてはならないのだ。場合によっては送信後すぐ看護師さんから電話がかかってきて詳しく聞いてくる場合もある。私は喉の痛みが強くじっとしているだけでも辛いしご飯食べるときはもっと辛かったのでオンライン診断を使って診てもらうことになった。 流れとしては別途案内がスマホに送られてきてそこで保険証

                                  • オミクロン感染日記①

                                    3月1日病院で陽性の診断を受け10日間の隔離をするよう言われ自宅にて隔離生活が始まった。ちなみに病院行く1時間前くらいから熱が一気に上がり38.5度まで上がり病院で測った時には39.9度で体温計の限界値を超えていた。医師から漢方(インフルで処方するやつみたい)とカロナールを処方され帰宅。薬を飲んですぐ寝るが熱は38度が続きさらに体中の寒気やだるさ、筋肉痛のような苦痛が2~3日も続いていた。 父がホテル療養の申し込みをするよう言ってきたのでスマホから何とか申し込みを行い、保健

                                    スキ
                                    2
                                    • まさかのコロナ感染(オミクロン)

                                      2月半ば頃、寝起きがいつも辛く感じ体中が筋肉痛のように痛い日々が続いていた。しかし筋肉痛みたいな感覚以外には特に何も症状はなかったのでいつもどうり電車でバイト先まで出勤して働いていた。年末に熊本から実家に帰ってきたこともありすぐに働けるバイトを探していた私は友人の紹介でとあるバイトを始めた。仕事内容は口頭で軽く聞いただけであったので正直どんな仕事なのか想像できなかったが後々その仕事がグレーな内容だった為後々とても後悔した。 バイト先は自分合わせてたったの5人ほどでそんな中で