ゼロから学べるサービス企画の進め方 その1-企画の全体像
見出し画像

ゼロから学べるサービス企画の進め方 その1-企画の全体像

伊藤駿介 / 株式会社JQ / PjM、スクラムマスター

サービス企画にまつわる悩み

東京商工リサーチによると、2017年の新設法人は13万社を超え、2010年以降右肩上がりで増加しているとのこと。(引用元)​

そんな時流に乗って、「自分もサービスを世に出したい」「とにかく起業したい」と、早速サービス企画を始めた方もチラホラいるかと思いますが、いざ企画を始めてみると、、、

・企画が上手くまとめられない!!
・まとまったけど、上手く説得できない!!

といった壁にぶち当たることはないでしょうか?

サービス企画にはこんなプロセスが有効です

そんな悩みを解決して、いい感じにサービス企画を進めていける作業プロセスを複数回に分けて紹介していきたいと思います。

本日は、サービス企画の全体像について。

サービス企画全体像

note素材_20191031_v2

今後のトピック

いかがでしょうか?
・ビジネスプランとか事業性の検証もやるの!?
・ユースケースってどのレベルで書くの?
・網羅的にシステム機能洗い出すにはどうしたらいいの?

といった疑問が出てきたかもしれません。おいおいご説明いたしますので、お楽しみに!
次回は、サービスコンセプト作成について、具体例を元に説明していきたいと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
伊藤駿介 / 株式会社JQ / PjM、スクラムマスター
システム開発プロジェクトで「プロジェクトマネージャー」や「スクラムマスター」やってます。(DXサービス企画・スマホアプリ開発など)時々、煎餅屋にもなります。 株式会社JQシニアマネージャー / 趣味は少林寺拳法 / 二児の父