大崎清夏 / Sayaka Osaki

言葉・生活・自由。詩集『指差すことができない』で第19回中原中也賞受賞。そのほか詩集に『踊る自由』(左右社)、『新しい住みか』(青土社)、絵本に『うみのいいものたからもの』(絵:山口マオ/福音館書店)など。コラボレーションの仕事に舞台公演「浜離宮アンビエント」ほか多数。
    • 歌う星にて、フィールドワーク。

      • 15本

      自選エッセイ集の公開編纂のような気持ちで編んでいるマガジンです。雑誌に寄稿・発表して1年以上経ったエッセイや、思い出深いブログ記事などを掲載しています。

    • 詩の作業場

      • 6本

      自作や翻訳をまとめています。転載はご遠慮ください(ご希望の場合はご連絡ください。)

    • 日々穴熊3

      • 9本

      日記を再開しました。

    • 《 往復書簡:不安な言葉 》金川晋吾×大崎清夏

      • 10本

      写真家・金川晋吾と詩人・大崎清夏が、書くことの困難や面白さや、自分の制作中の思考/思考中の制作についてや、その方法や、うまく方法化できないことなどについて、つらつらと交感する不定期の往復書簡です。 何も言わないために、何かを言えたらいいのに。

固定された記事

歌う星にて、フィールドワーク 【目次】

 あなたの言葉よ  ちゃんと知りながら、へんなことをやる  熊に会ったら歌うこと。  いいことばかりは続かないとしても  動物と知り合うヒト  それはあなたの自由 …

動物と知り合うヒト

 私のクローゼットに、何年も前にヒトからもらった毛皮のジャケットが一着ある。うさぎの毛皮で、ところどころ破れたりほつれたりしているが着ればぬくぬくと暖かく、ダウ…

あなたの言葉よ

ベラルーシのロシア語作家スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチのノーベル文学賞受賞を私が知ったのは、リトアニア国際詩祭「ドルスキニンカイ詩の秋2015」の開催が翌日に迫…

いいことばかりは続かないとしても

 「大人も子どもも楽しめる」映画なんかじゃない。それは、れっきとした大人のための動物映画だった。  『ファンタスティック Mr. FOX』のなかで真っ先に私が心奪われた…

プラネタリウムが星を巡らせるとき

 小牧駅の駅前には、新しくできたぴかぴかの図書館がある。名古屋から名鉄を乗り継いで30分。新居千秋都市建築設計によって手がけられた建物のかたちは、町の背後にある小…

かっこいい女

 はじめまして、大崎清夏ともうします。詩を書いています。それから、ウェブディレクターという仕事もしています。最近はこんなふうに自己紹介することが多くなりました。…