オープンダイアローグ夫婦(ふゆひこ*けいこ)

精神保健福祉士15年目(同期)・夫婦7年目。オープンダイアローグを用いて相談室の運営や障害福祉サービスのコーディネートをしています(ダイアロジカル生活ラボ/相談支援事業所 me )。Life=Work=Dialogue、ていうか対話しないと私らの夫婦生活がやばいよやばいよ!

オープンダイアローグ夫婦(ふゆひこ*けいこ)

精神保健福祉士15年目(同期)・夫婦7年目。オープンダイアローグを用いて相談室の運営や障害福祉サービスのコーディネートをしています(ダイアロジカル生活ラボ/相談支援事業所 me )。Life=Work=Dialogue、ていうか対話しないと私らの夫婦生活がやばいよやばいよ!

    最近の記事

    • 固定された記事

    オープンダイアローグと「人間関係@おうち」的なブログを始めます(自己紹介)

    はじめまして!竹内冬彦 @mina4recovery と申します。ふゆひこと呼んでください。 私は精神保健福祉士です。精神科の病院を経営する法人などでの勤務を経て、2018年夏、同期の精神保健福祉士である妻とともに「相談室おうち」というジャンル不問の相談室を始めました。 この「相談室おうち」では、いわゆる「相談」をはじめとする全てのプロセスを「オープンダイアローグ」で行っています。 これを読んでくださっている方は、「オープンダイアローグ??」と初耳か、「はいはいオープン

      • 「オープンダイアローグを使いたい」という声の意味と、その行き先について

        この記事は2021/01/20配信のメルマガ用の文章を微妙に修正したものです。ずっと話題に出したかったことなので、メルマガ以外の場所にも載せてみたいと思います。(ふ) こんばんは、ふゆひこです。今日は令和3年1月19日、いまは午後7時13分です。いつもはメルマガ向けに夫婦でダイアローグをしているのですが、今月はちょっと趣向を変えたいと思います。 というのは「おうちの人間カンケイ」を対話的にする方法については、だいたい同じような話に行き着くのということが分かってきたからです

        • 対話する時間がない中でのダイアローグ(後編)

          毎月恒例・オープンダイアローグ夫婦の公開ダイアローグ、今回はまとまった時間がとれない中での強行ダイアローグとなりました。こんなときはどんなダイアローグになるのでしょう?今月も前後編でお送りします。前編はこちら。 この記事はメルマガ「おうちの人間カンケイについて」(月3回発行)の12月分を再編集したものです。私たちは日常的なダイアローグの他に、メルマガ用に毎月1回テーマを決めてダイアローグしています。メルマガ登録はこちら。 「家事」って言われると途端にテンションが下がる (

          • 対話する時間がない中でのダイアローグ(前編)

            毎月恒例・オープンダイアローグ夫婦の公開ダイアローグ、今回はまとまった時間がとれない中での強行ダイアローグとなりました。こんなときはどんなダイアローグになるのでしょう?今月も前後編でお送りします。 この記事はメルマガ「おうちの人間カンケイについて」(月3回発行)の12月分を再編集したものです。私たちは日常的なダイアローグの他に、メルマガ用に毎月1回テーマを決めてダイアローグしています。メルマガ登録はこちら。 令和2年12月9日 おうち台所でのダイアローグ(細字:ふゆひこ)

            「自分に愛を与えること」についてのモノローグ(後編)

            毎月恒例・オープンダイアローグ夫婦の公開ダイアローグ、今回は夫・ふゆひこの自動思考(モノローグ)を妻・けいこさんが傾聴する形になりました。前編はこちら。 この記事はメルマガ「おうちの人間カンケイについて」(月3回発行)の10月分を再編集したものです。私たちは日常的なダイアローグの他に、メルマガ用に毎月1回テーマを決めてダイアローグしています。メルマガ登録はこちらです。 自分に愛を与えていないから他人に厳しい (細字:ふゆひこ)またちょっと話飛ぶかもですけど、最近「相談支援

            「自分に愛を与えること」についてのモノローグ(前編)

            毎月恒例・オープンダイアローグ夫婦の公開ダイアローグ、今回は夫・ふゆひこの自動思考(モノローグ)を妻・けいこさんが傾聴する形になりました。前後編でお送りします。 この記事はメルマガ「おうちの人間カンケイについて」(月3回発行)の10月分を再編集したものです。私たちは日常的なダイアローグの他に、メルマガ用に毎月1回テーマを決めてダイアローグしています。メルマガ登録はこちらです。 2020/10/07 IKEA長久手店へ向かう車中でのダイアローグ(細字:ふゆひこ)今日は10月

            妻から「パートナーシップ観」を教えてもらう(後編)

            毎月恒例・オープンダイアローグ夫婦の公開ダイアローグ、今回は妻けいこさんの「パートナーシップ観」について、夫が教えていただく形をとりました。前編はこちら。 この記事はメルマガ「おうちの人間カンケイについて」(月3回発行)の9月分を再編集したものです。私たちは日常的なダイアローグの他に、メルマガ用に毎月1回テーマを決めてダイアローグしています。メルマガ登録はこちらです。 パートナーとしてできるのは、ラブしてあげることーー(太字:けいこ)ここまで聴いていて、何か思ったこととか

            妻から「パートナーシップ観」を教えてもらう(前編)

            毎月恒例・オープンダイアローグ夫婦の公開ダイアローグ、今回は妻けいこさんの「パートナーシップ観」について、夫が教えていただく形をとりました。今月も前後編でお届けします。 この記事はメルマガ「おうちの人間カンケイについて」(月3回発行)の9月分を再編集したものです。私たちは日常的なダイアローグの他に、メルマガ用に毎月1回テーマを決めてダイアローグしています。メルマガ登録はこちらです。 「お母さんが『いいよ』って言ったら、いいよ」 (細字:ふゆひこ)今月もよろしくお願いします

            二人の”スピード感”を、対話で決めるということ。(後編)

            前編はこちら。 「どちらも安心なスピード感」の決め方っていうのはどういう方法があるんだろう (細字:ふゆひこ)コミュニティの中でのスピード感というような話が出たと思うんだけど、もっと聴いてみたいなと思ったのは、コミュニティの中で何かプロジェクトみたいなのが走ってるときのスピード感について。 他者という相手自体ではなく、他者と行う、たとえばプロジェクトみたいなもののスピードとの関係性についてはどうなんだろう、と。「期日」とか「締め切り」みたいなことかなと思うけど、そういう分

            二人の”スピード感”を、対話で決めるということ。(前編)

            オープンダイアローグ夫婦の恒例ダイアローグ、今回は「対話とスピード感」についての対話へと進んでいきました。前後編でお届けします。 この記事はメルマガ「おうちの人間カンケイについて」(月3回発行)の8月分を再編集したものです。私たちは日常的なダイアローグの他に、メルマガ用に毎月1回テーマを決めてダイアローグしています。メルマガ登録はこちらです。 「本当にマイペースにしてたら怒られる」 (細字:ふゆひこ)今月もよろしくお願いします。今日は2020年8月7日、場所はIKEA 長

            再生

            トレーニング仲間と対話について対話してみたよ!

            動くふゆひこ・けいこが観られます(笑)。 オープンダイアローグトレーニングの同期生・なりさんとオンラインで「リフレクティング・ワーク」をしてみました。 「リフレクティング」はオープンダイアローグ等で用いられる話し方の仕組みです。百聞は一見に如かず、ぜひ御覧ください。 トピックは「私にとっての対話」「私の対話実践のカタチ」。ダイアローグ実践者がどのようなダイアローグ観をや動機をもって実践にのぞんでいるか、その言葉をぜひ聴いてみてください。 なりたかさんは茨城県でスクールソーシャルワーカーとして働く傍ら、「りすにんぐファーム」を主催して対話実践の普及にも取り組んでいます。動画編集も全部やってくださいました!

            「大切な二人」が対話するための事前準備(後編)

            前編はこちら。 日常の小さなことがトラウマだったり――(太字:けいこ)あと、聴きながら思ったことなんだけど、「トラウマ」っていう言葉はキーワードだなと思うんですね。大きなものじゃなくても「日常の小さなことがトラウマだったりする」ことって、 あるんじゃないかと思う。 震災とか事故とか、事件だけじゃなくて、日常の中の、本当に出来事としてはちょっとしたことだけど、人によっては受けたショックって意外と大きかったりするっていうことがあって、そのことに自分でも気づいてなかったというこ

            「大切な二人」が対話するための事前準備(前編)

            久しぶりの更新になりました。オープンダイアローグ夫婦のダイアローグ、今日のお題は「2人で対話するための準備としての個人作業」です。 (この記事は、「相談室おうち」のメルマガの記事のリミックスです。メルマガは毎月10・20・30日の3回発行しています。) 今回の夫婦ダイアローグは、2020年7月6日に、おうちリビングで行いました。 「二人で話す前に、まず自分はどう思ってるのか」 (ふゆひこ:細字)「夫婦は対話が大事だよ」っていうけど、「なるほど完璧な作戦っスねー、不可能だ

            関係「修復」より「バージョンアップ」を:というお題で始まるオープンダイアローグ夫婦のダイアローグ(後編)

            オープンダイアローグ相談室を営む夫婦が「おうちの人間関係」についてダイアローグする企画の、第2弾の後編です。 前編はこちら ↓ 。 お付き合いしてるときって、ちゃんと「他人」だった―― 最近、別のブログの下書きを書きながら思ったことがあって、あのー、何だったかなあ…そうそうそう、結婚する前の「お付き合い」してるときって、どこかにお出かけするときでも、 一緒に「どこに行こうか」とか「何日間ぐらい行こうか」「そこで何しよう」「行った先の土地でどこに行こうか」とか、「どんなもの

            関係「修復」より「バージョンアップ」を:というお題で始まるオープンダイアローグ夫婦のダイアローグ(前編)

            オープンダイアローグ相談室を営む夫婦が「おうちの人間関係」についてダイアローグする企画の、第2弾です。 第1弾はこちら。 イントロダクション:「治りませんように」というわけで、こんにちは!オープンダイアローグ夫婦の夫のほうです。今日のお題は「親子や夫婦の関係修復は、”元に戻す” より ”バージョンアップ” を目指そう」です。これも、あらかじめ出してある候補から、ダーツじゃないけど、何となく話し合って決めました。 ということで、今日もけいこさんに来ていただいてます。よろし

            子離れは、自分育て:というお題で始まるオープンダイアローグ夫婦のダイアローグ

            こんにちは!オープンダイアローグ夫婦の夫のほうです。今日は妻のほう・けいこさんと対話形式で、「子離れ」をテーマに考えてみたいと思います。 語り始めは23時30分ごろ、互いに相手の言葉を一字一句タイプしながらのダイアローグです。 関係は、ある。同時に「境界もある」(細字:ふゆひこ)ということで、けいこさん、よろしくお願いします。 (太字:けいこ)―はい!どうぞよろしくお願いいたしまーす!ぱちぱちぱちぱち。 今日はこんなテーマなんですけど、いま思い浮かんでいることを教えて