見出し画像

親孝行をどんなにしても、死んでしまえば悔やむものなのか・・・?

10月24日。8ヶ月の入院闘病の末、母が亡くなりました。

毎日のように病院へ通い、病室に泊まりがけで最期を看取ることができましたが、周りから「親孝行だね」「よくやったね」「お母さん喜んでるよ」と、どんなに褒められても自分には悔いが残っています。

母が亡くなる3日前。病状の進行から会話も少なっていましたが、別れ際、娘と嫁と義母に、力いっぱい「バイバイ!!」と3回言いました。
どうにも、そんな母を見て照れくさかったので、早く帰りたくてそそくさと病室を出てしまったんですが、これが母の最後の言葉になってしまいました。

母は最後の力を振り絞って、みんなに別れを言ったのかもしれませんが・・・自分は、そそくさと病室を出てしまった・・・これっきり、母と会話はできなくなりました。

思えば、手術後、せん妄による意識障害を起こしたときも、病院から出して、一度、家に帰してやった方が良かったんじゃないかとも思います。そうしたら、せん妄も治って、通常通り癌の治療ができたんじゃないか・・・

入院する前の日に、大好きな焼き肉を食べに連れて行ってあげたんですが、いつも行く美味しい焼肉屋が予約できなくて、初めて行った焼肉屋がクソまずくて、これが母との最後の食事になってしまうなんて・・・

温泉行きたい。沖縄の海を見てみたい。言ってたの、元気なうちに連れて行ってやればよかった・・・

入院する前に、義母が母を元気づけるために「今までの人生で楽しかったことはなんですか!?」と聞いたら

「子供と一緒にいられた以外は、なにも良いことなかった・・・」とポツリと言いました・・・

自分は何をしてやれたんだろうか・・・

親父といるストレスで、円形脱毛症から頭の毛が全て抜け落ち、鬱になって、それに加えてキチガイのような親戚に虐められ、膵臓癌になって亡くなった母・・・

意識障害の中でも親父と離婚したいと訴えてきた母・・・

元気なうちに離婚させて、一緒に住んでやればよかった・・・

葬儀で、どんなに親戚たちに「頑張ったな」「偉いな」と言われても、母を助けてやれなかった。その後悔がふと頭をよぎる。

答えなんて無い

何が正解かなんて分からない

過去を悔やんでも仕方ない

分かりきってることなのに、母の死だけは過去を悔やんでしまう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
5
北海道札幌在住。マイナビ「おすすめナビ」ライター。趣味は酒とキャンプ。元ブラック企業の優秀な社畜から自由業として独立。5chで炎上したキャンプ王ブログを書いてる。twitterも炎上。大痔主手術3回。シーランド公国男爵。http://www.sapporo-hunter.com/

こちらでもピックアップされています

癌から生き残る!
癌から生き残る!
  • 14本

お袋が癌になって自分なりに生き残る方法を調べた物や、誰かが癌になると色んなアホみたいな人間が登場するといった、癌の知識と笑いと悲しみが詰まった記事をまとめてマガジンにしました。

コメント (2)
お気持ち痛いほどお察しします。 どんなに自分の考えられる中でベストを尽くしていたとしても亡くなってしまった後、あれでよかったのか、これでよかったのかと頭の中は決して答えの帰ってこない疑問でいっぱいになりますよね。 すごくわかります。 今のお気持ちを軽くしてあげられるような言葉は世界中の辞書を探しても無いと思います。 でもひとつだけ思うのは「悔いる」思いもお母様への愛情あってこそ。 もしも「あの世」が本当にあるのだとしたら自分のした行い、しなかった行いを悔いるほどに自分のことを愛してくれていたんだ、とお母様は嬉しい気持ちでいてくれると思います。 合掌。
励ましのお言葉ありがとうございます。気持ちの中ではベストを尽くしたと思いたいんですが、どうしても今になって「ああしていればどうなったんだろう」と後悔してしまうんですが、悔いる思いも愛情・・確かに、言われてみてハッとさせられました。
少しだけ、悔いても良いんだという気になってきました。感謝です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。