新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【速報】小野たいすけ第一声〜キャッチフレーズだけの政治から、本当に都民のためになる政治へ

お騒がせしております。
東京都知事候補として立候補しました。小野たいすけでございます。46歳。熊本から出てきました。

私がなぜ東京都知事候補として名乗りを上げたのか。それは地方からみていても東京はこのままでいいのだろうかという意識があったんです。

小池都政、キャッチフレーズで耳障りのいいことを言って4年前、大旋風を巻き起こしました。しかし4年経って成果が出たのでしょうか。

ほとんど出ていない。ペットの殺処分だけなんですね。
そういう中でコロナ禍で東京は苦しんでいる。感染者の押さえ込みが一番うまくいってないのも東京だと思います。それはこの新宿もそうですけれども、的確なピンポイントのコロナ対策をして、そして、それ以外も東京の街は経済を最重視してですね、復活をさせる。そういう体制ができていないのだと思います。

レインボーブリッジが赤くなって漫然と都民を不安にする。そのことによって経済全体が冷え込んでしまう。このような対策をしていては東京は死んでしまいます。しっかりとした対策を打ち出していく。

画像1

東京と地方を循環して日本を元気に

そして私がやっていきたいことはキャッチフレーズではないので、非常にわかりやすいものではないですが、東京中心にこれから日本を元気にしていくということです。そして逆に東京が地方を元気にすることで東京もまた活力を取り戻すということです。

熊本で地方行政をやっていて、東京に若者がどんどん流出してしまうこの状況、これを何とか止めないと、日本全体が沈んでしまうと。いま地方に行くと若者がいません。そして東京に行ってしまいます。でも東京に行くと、みなさんなかなか暮らしにくい環境なので、子どもを生みません。ですので人口減少が起こってしまうんですね。

このためにこれからは東京から東京の感覚を持って地方が活性化するような投資をする、あるいは地方に見込みのあるビジネスがあれば投資をするというようなことを東京が積極的にやっていく。そのことによって地方も持続可能となり、そしていまインバウンドがなかなか期待できない状況では、地方から人が来る。そして東京から地方へまた人が行く。お金とモノと人の循環を進めなければいけない。そういった構造も作りたいと思っています。

そしてまた東京の中も変わらなければいけません。ほとんど人間も含めて東京の周辺から丸の内やこの新宿、渋谷中心に蹂躙するような構造が放置されています。そのことをあらためて、東京にも主要な都市が周辺にたくさんあります。いまテレワークも進んでいます。チャンスなんです。その環境の変化を生かして、それぞれのサテライトの都市で、しっかりと仕事ができて、そして子育てもできて…私は子育てもしてますが、介護の世代でもあります。そういった方々が安心して働ける地域でしっかりとやっていける環境をつくりたい。そのように考えています。

このようなビジョンを、この都知事選で共有をしながら戦っていく。このようなことができるのは私だけだと思います。ほかの選挙、みなさんはわかりやすいキャッチフレーズで闘います。4年前の小池都知事もそうです。7つのゼロ、それを実現したいとおっしゃっていましたが、その一つひとつが、皆さんの暮らしかた、そして東京の構造、持続的な発展にどうつながっているのか、そのことについてのコンセプトがありません。

キャッチフレーズだけの選挙から、皆さんと真剣に考える選挙に

ですが私は明確に、理解するのは一言では難しいかもしれない。でも一人ひとりの都民の皆さんが考えて東京の将来をどうするのか、コロナ対策はどのように切り抜けていくのか、しっかりと論戦を張って、やっていきたいと思います。

画像2

キャッチフレーズだけの選挙はもう終わりにしなければいけません。
もちろん10万円を配るですとか、あるいは何々をゼロにする、フリーにする、そういったキャッチフレーズはわかりやすいですけど、そういう選挙がいままで行われてきて、何か私たちの社会はよくなったのでしょうか。しっかりと丁寧にみなさんと顔を見て付き合わせて丁寧に論じていく。そして有権者の皆様方も一人ひとりの候補者が何を言っているのか、それが本当に将来のためになるのか、ということを真剣に考えて、行動をしていきたいと考えています。

私は今までの政治家と同じことをやるつもりはありません。わかりやすさだけで勝負しようとか、それから勢いだけでやれとか。毎日私もいろんなことを言われます。なにせ私が東京に出てきたのはわずか9日前です。9日前に一人で乗り込みましたが、このように日本維新の会の仲間ができ、そして多くの皆様に支えられています。わずかここまで9日間の体制で戦えるようになった。そのこと自体が私に対して、そして新しい政治のやり方に対して期待を持っている人が多いのだと、思っています。

いままでのように耳ざわりのいいキャッチコピー。そのことを叫べば勝ってしまう。そういう民主主義を今こそ日本は変えていかなければと考えています。

私は全くの無名です。おそらくまだまだ知らない人のほうが多いと思います。

副知事時代は携帯番号公開。対話の政治でコロナに勝つ

でも現実的にみれば、小池さんに勝つことができる可能性のあるポジションとポテンシャルを持っているのは、そして行政能力を持っているのは、私しかいないと考えております。そのことをこの17日間で、しっかりと訴えていきたいと思います。

私が東京の都民の皆さんの目をしっかり見て、苦しみとか悲しみ、そのことを共有して一人の人間として都民の皆さまと向き合っていく。そういうスタイルをぜひとも理解していただけるように、がんばっていきます。

画像3

熊本県でもそのようにやってきました。自分の携帯電話の番号を公開して、そして県民誰からかかってきてもお話を聞いて必要であればお店に伺う、ご自宅に伺う、そういうことを積み重ねてきました。ですから私が都知事に出ますということを、熊本で表明してから、熊本の農家の皆さん、若い農業経営者の皆さん、サプライズで空港で胴上げをしてくださいました。そして、その動画も撮ってくださいました。そのことを本当に一生懸命やってくださっていることを私は本当に誇りに思います。

新しい政治をしていく。単純に耳障りのいい、バラマキの政治をするのではなくて、真剣に東京の将来を考えていく。このようなことを皆さんお一人お一人と向き合ってやっていきたいと思います。昨日は新橋で演説をしていたら、「ライブハウス(の営業)が全くできないじゃないか。どうしてくれるんだ」と、本当に厳しい言葉をいただきました。私はすぐさま選挙カーを降りて、10分くらいその方と意見をお聞きしました。ライブハウスで仕事をしていらっしゃる、商売をしていらっしゃる方々、いま本当に大変だと思います。

この小池都政のステップの影響を受けて、なかなか経済が再開できない。そのことによって1日1日、泣きながらお店を閉めている方が増えていることを実感しています。そのお話を直接聞いて、そしてじゃあどういう対策を都知事としてしていくのか、ライブハウスを安心して開けるためにどういう対策をしていくのか、具体的に工夫をしながら、最新のテクノロジーも用いながら、やっていきます。このように一つ一つ丁寧に、考えていく。コロナにどういう風に勝っていくのか、実際にみなさんと深く考えて、そしてそこに大胆にお金を組み込んでいく、そのことをやっていきたいと思います。

バラマキをするだけでは、延命をするだけです。それでも第二波、第三波がきてしまえば、また同じことの繰り返しです。人類は今まで感染症との戦いをしてきました。ペストやマラリア、天然痘に打ち勝ってきました。東京も今回コロナウイルスとの戦いです。もちろん私は小池さんとの戦いではありますが、コロナに勝てる都知事、そのあとの東京を発展させる都知事は誰なのかというのを、私の口から直接多くの都民の皆さんに訴えていきたいと考えています。

画像4

東京アラート解除:今こそビジョンを都民の前で語る時

小池さんは仰いました。記者会見で不満はありましたが、私はコロナ対策でできるだけ都庁に閉じこもって対応にあたりたいと。でもいま必要なのはこれからの東京をどうするのか、ビジョンを持って直接語ることではないでしょうか。

もう東京アラートは解除されているんです。街は安全になっていることを都知事自らが示さなければならないと思います。私はその姿勢で一人でも多くの皆さんにお会いし、みなさんの思いを受け止めて、そして東京都政を行っていきたいと考えています。

都知事として働けるのは、8年間、熊本県の副知事として現場でやってきた私だけだと確信しています。ぜひ皆さま1日でも早く、経済をしっかりと回していく、新しい東京を作っていくために頑張っていきたいと思います。

新宿の皆さん、私も海城高校にいました。ここは本当に庭みたいなものです。この新宿が元気になるように、精一杯頑張っていきたいと思います。どうぞ最後までご支援よろしくお願いします!

(2020年6月18日午前11時過ぎ、新宿・歌舞伎町にて)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
225
1974年東京都目黒区生まれ。東京大学法学部卒業後、アクセンチュア株式会社、衆議院議員公設秘書等を経て、2008年熊本県政策調整参与に就任。2012年、当時38歳の時に熊本県副知事に就任。3期12年の任期を終え、2020年6月に退任。東京都知事選挙に出馬(4位)。新たな道へ挑戦。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。