見出し画像

こんにちは!スモールジムFlare代表の小野寺幸太郎です。

本日の青森市内は相変わらずの吹雪でして(-.-)

コロナ渦&豪雪に加えて、年末の疲れか、娘が熱を出してしまいましたので完全に引きこもりの正月になりそうです(笑)

この機会ですので、読めずに溜まっていた本をまとめ読みする、読書の正月にしたいと思っております!

さて「2021年はあなたにとってどんな年でしたか?」と聞かれますが、私にとっては、人生で最も大きな変化の年だったと思います。

それはやはり起業したことですね。一字で表すなら「起」「始」といったところでしょうか。

何度か書いたことではありますが、そもそも私は「トレーナーとして独立するぞ!」と熱い気持ちを持っていたわけではありません。

家族と一緒に過ごしたい

娘の成長を傍で観ていたい

できれば両親の傍にも居たい

好きでもない人間の言うことを聞きたくない

志のない人と一緒に居たくない

カイシャというものから脱したい

自分が本当に正しいと思うことをやりたい

後悔しない人生を送りたい

しかし、それは会社にいては100%実現できないことはわかっていました。

だからいつでも行動を起こせるように力をつけようと、トレーナー養成スクールや経営実践塾に申し込み、半年後、偶然(必然?)会社から実質クビを言い渡され、そのさらに半年後に起業。そして今に至っております。


怒涛の1年でありましたが、最も感じるのは人とのご縁、周囲への感謝です。

私の起業を許してくれた妻と妻のご両親。

「独立して開業したい」という私の言葉に「やってみればいい」とだけ答えてくれた父。

「家族もいるのに何を考えてるの。辞めなさい」と誰よりも本気で心配してくれた母。

長きに渡り、私に自分の人生をやるための考え方と、ベースとなる能力を教えてくださった方。

何の得にもならないのに、起業に関して右も左もわからない私に司法書士さんや税理士さん、スタートアップの方法を教授してくださった方。

資金繰りの知識経験が乏しい私に適切なタイミングで、プロとしてのアドバイスや提案をしてくださった方。

起業当初の不安と恐怖を力強い言葉と支えてくれ、経営や店舗運営のアドバイスをくれた経営者の先輩や仲間。

「いかに何もできないか」という自分自身の無能さと精神力の弱さを痛感させられましたが、それと同時に「いかに多くの方に支えられているか」ということも感じることができました。


2月でオープンからちょうど1年になります。

温かいメンバーの皆さんのお陰で、毎日楽しく、そして毎回全力で運動指導に臨ませてもらってます。

人生を「末広がり」に謳歌する人を増やす。

情熱の「炎」を燃やして事業に取り組む。

周囲の人に「エネルギー」を与えられる人になる。

このフレアーの理念のもと、手が届く範囲のすべての人に貢献できるよう、行動して参ります。

最後まで読んで頂きありがとうございます。それではまた。






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!