規格外の甘さの果物、ハミウリを知っているか?
見出し画像

規格外の甘さの果物、ハミウリを知っているか?

太田貴之 Takayuki Ota

※2020年5月27日追記

突然ですが、「ハミウリ」っていう果物を知っていますか?僕は海外旅行が好きで色々な種類の果物を食べてきましたが、このハミウリがぶっちぎりで一番おいしかったです。

ハミウリとはなんぞや

そもそもハミウリとはなんだという人がほとんどだと思うので、wikipediaなどを元に紹介すると、

新疆ウイグル自治区内のハミ地区原産のメロンの一種で、現在は中央アジアの砂漠地帯で主に栽培されている。

らしいです。ハミウリはウズベキスタンメロンとも呼ばれていて、僕はウズベキスタンをシルクロード沿いに、乗り合いタクシーで横断していた時に出会いました。

画像1

見た目はあんまりメロンっぽくない。むしろ、スイカみたいな黒いスジが入っています。

画像2

中央部分がオレンジで、食べる部分は日本のマスクメロンに近い色をしています。

規格外の甘さとジューシーさ

肝心の味はというと、皆さんが想定している3倍くらい甘いです。そしてとんでもなくジューシーで、口に含んだ途端にメロン100%ジュースに変化します。
初めて食べた時は、衝撃で言葉が出ずに笑うしかありませんでした。果物の限界を突破している反則級の甘さです。
食感はすごく柔らかくてジューシーなのに、マスクメロンのグジュグジュした繊維感はありません。(ネットにはスイカのようなシャリシャリとした食感が魅力と書いてあるページもあるので、多分ハミウリの中にも色んな種類があると思われます。)

画像4

幻の果物か

僕が食べた時は、ウルゲンチという街の近くの道路沿いの直売所みたいな所で買いましたが、食堂とか市場でも見かけたので中央アジアで気を付けて探せば見つかるはずです。

ただ、日本ではほとんど生産されていないようで、執筆時点(2020年4月)で楽天やAmazonでは取り扱いがありません。このサイトではハミウリを販売していますが、僕が食べたものとは見た目が違うようなので、おそらくハミウリの中でも別の品種だと思います。日本ではなかなか手に入らないというのも、幻の果物感が増しますね。

画像3

中央アジアを旅した友達に聞いても、ハミウリを知らずにそのまま帰って来てしまう人が多いようです。たしかにハミウリの情報はネットにも少ししか出ていないですが、これをスルーしてしまうのはあまりにももったいない!ウズベキスタンやウイグルなどのシルクロードを旅行する際にはどうしても食べてみてほしいです。果物の概念が変わるくらいのおいしさです。

情報求む

もし日本国内やドイツ(僕が現在ベルリン在住のため)でハミウリを目撃したという情報があれば、ぜひコメントで教えてください!

ハミウリの美味しさをもっと世に広めていきたいと思うので、実際に食べた人はハッシュタグ #ハミウリ  を付けてnoteやtwitterやinstagramで発信してくれたら、僕が定期的に全部チェックしてコメントをします。

幻の果物、ハミウリとの出会いがあなたにも訪れますように。

追記(2020年5月27日)

このnoteを読んで、僕が食べたハミウリの種類を教えてくれた方がいました!巴登(バーデン)という品種らしいです。検索しても日本語情報はほとんどヒットしませんでしたが、中国語のブログでそれっぽい写真を見つけました。ちょっと形は違うけど、スイカっぽい黒いスジは似ていますね。

画像5


情報提供ありがとうございます!今後もハミウリ(コグン)の目撃情報をお待ちしています!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがたいなぁ。
太田貴之 Takayuki Ota
人生をなるべく退屈しないように完走したい。今はベルリンで大学院生をしてます。 好きなことは、街をぶらぶら歩く・ビールを飲みながらの読書・芝生での昼寝・プロ野球談義など色々あります。 研究で衛星画像とDeep Learningを使って遊んだりもしてます。