「損切丸」 ー 中国編

111

続・アメリカ人は「貯金大好き」になったのか? ー 「利上げ」でも金利が下がるの?

 “最大の米国債ETF、iシェアーズ米国債20年超ETF(ティッカー:TLT)には、12/2までの1週間…

米国債市場に起きた ”異変” 。-「中国」の「時限爆弾」は炸裂するのか。

 12月米雇用統計  非農業部門雇用者数 21万人 (予想)33万人 (前月)54.6万人←53.1万人 …

消えた(?)「中国」のソブリンCDS。

 「あれっ、 “China” の表示が消えてる...。」  「損切丸」では国債の「実質金利」を正確…

物価も賃金も上がる「アメリカ型」と、どちらも上がらない「日本型」はどちらが幸せな…

 アメリカの長期金利が上がらない。  元・金利トレーダーとしてずっと気になっているが、CP…

"上" が詰まっている相場Ⅱ。ー  "弓" を引くのは「パンデミック」か、「インフレ」…

 11/19 "上" が詰まっている相場。↓ の続編として。  「どうせ高値からの ”調整” のた…

米国債の "強烈なベアフラット" が暗示する「アメリカの未来」。

 パウエルFRB議長の再任が決まった。米株式市場はこれを "好感" して一時上げに転じたが「ど…

"上" が詰まっている相場。ー 上がりきらない「金利」と「株価」。

 どうも米国債の「金利」が上がりきらない。  技術的には「利上げ局面」の「金利市場」 ー …

次から次へと出てくる「インフレの証拠」。ー それでも ”物価は上がるが金利は上が…

 ①中国 10月生産者物価指数(PPI、年率)+13.5% (予想)+11.7% (前月)+10.7% 消費者…

米国債市場からのメッセージ ”物価は上がるが金利は上がらない?” 。ー 「インフレ…

 どうやらウォール街は本気で「キャリー取引」による収益拡充を狙っているようだ。前稿にも書…

「株」と「金利」の ”シーソーゲーム”。- 投資の「桃源郷」はいつまで続く?

 「なるほど、そう来たか...」  昨日(11/5)の米国債のラリー(買い相場)を見た感想。FOM…