丘村奈央子

松本出身、横浜在住のインタビューライター/ブックライター。普段は一般企業との仕事が多し。フィルムカメラや写真が好き。塔短歌会、柊と南天所属。 https://edi-labo.com

丘村奈央子

松本出身、横浜在住のインタビューライター/ブックライター。普段は一般企業との仕事が多し。フィルムカメラや写真が好き。塔短歌会、柊と南天所属。 https://edi-labo.com

ウィジェット

  • 商品画像

    「話す」は1割、「聞く」は9割 どんな人とでも会話が途切れない究極の方法

    丘村 奈央子

マガジン

  • 言葉をつむぐ

    丘村コラムです。

  • 日めくり/日記

    日々の記録note。

  • ライターですが、声と絵で届けてみます。

    サウンドノート、画像ノートまとめです。音声2回目は7分、それ以外は3分ほど。

ストア

  • 商品の画像

    短歌同人誌『柊と南天』第5号/2022年9月発行

    短歌結社である塔短歌会内「昭和48年・49年生まれ」の同学年で「柊と南天」という短歌グループを結成。2022年9月発行の第5号同人誌です。こちらの冊子はご希望の方に送料実費のみでお送りしています(クリックポスト185円を使用)。 第1・2・3・4・5号をまとめてご希望の際は、5冊セットのメニューからお手続きください。送料185円のみでひとまとめにお申し込みいただけます。  ↓ https://shop.edi-labo.com/items/71001901 ------------------- A5判/48ページ ------------------- 出詠者 竹内亮/安倍光恵/加茂直樹/丘村奈央子/乙部真実/中田明子/中島奈美/永野千尋/池田行謙/永田淳 ------------------- ◆作品(1人10首・自由詠) ------------------- ◆作品 三十首詠 小吟 永田淳 ------------------- ◆題詠 オノマトペを詠う 漢字四文字以上の熟語を詠う ------------------- ◆前号評 それぞれに面白く/奥村晃作 ------------------- ◆特集 短歌を作り始めた頃に読み通した歌集 ------------------- ◆第4号相互一首評 ------------------- 表紙 池田行謙「変容する火星」 挿画 蟹澤奈穂
    185円
    丘村堂
  • 商品の画像

    短歌同人誌『柊と南天』5冊セット/2018・19・20・22(1月/9月)年発行

    短歌結社である塔短歌会内「昭和48年・49年生まれ」の同学年で「柊と南天」という短歌グループを結成。2018/2019/2020/2022年1月/同年9月発行の同人誌5冊セットです。こちらの冊子はご希望の方に送料実費のみでお送りしています(クリックポスト185円を使用)。 詳しい内容・目次は各ページで掲載しています 第1号 https://shop.edi-labo.com/items/35116047 第2号 https://shop.edi-labo.com/items/35116338 第3号 https://shop.edi-labo.com/items/35116372 第4号 https://shop.edi-labo.com/items/58148084 第5号 https://shop.edi-labo.com/items/71002203
    185円
    丘村堂

最近の記事

日めくり 2023/02/01

いつの間にやら2月になった。今年は本当に油断していて、1/31は意識していたのに「次の日は2/1」というのをすっかり忘れていた。それでも2月はきっちり来たのだった。 今日は朝イチで電子書籍の企画書を提出する。今までとてもお世話になっている版元さんで、出すとなったら2018年以来、5年ぶり5回目の刊行になる。通ってほしいなあ。 午前中のうちに図書館へ出掛ける。レポート用に借りていた5冊は役割を終えてどうにか返せそう。必要な図版コピーだけ図書館でとって無事に返却。その代わり次

    • 小説が苦手な人はオーディオブックで読むと良いかもしれない

      私は昔から小説を読むのが苦手だった。細かな背景描写とか心理描写とかそういうものが小説の肝だと思うのだけれど、どうしても目が滑ってしまって頭に入ってこないのだ。 人物は何をしたとか、そこはどこだとか、ファクトに関する情報だと頭に入りやすい。でも小説はそれだけでは全然できていないので、というかむしろその周囲情報を楽しむものなので、私は小説に向いていないのだと思っていた。書くのが向いていないのではなくて読むのが向いていない。(たぶん書くのも向いていない)。 だから、本当は小学校

      • Google検索に出てこないNHKの大型番組がある

        最近、NHKで1995年放映の『映像の世紀』が再放送されていてSNSでも話題になっている。 あのシリーズは後年いくつもアレンジバージョンが出たけれど、やっぱり内容の衝撃度と演出の巧さは初版が最高だと思う。 「そういえばあの頃はシリーズ物の歴史ドキュメンタリーがたくさんあったよなあ」と思って、思い出しながら調べてみた。放映は全部NHK。ギリギリで当事者がご存命の頃。 個人的には小6で見た『戦後40年の記録』が印象深い。昔から「懐かしの〇〇」が好きだったので、天下のNHKが

        • 日めくり 2023/01/27

          午前中はいろんなところに散らかった紙資料を整理する。プリントアウトして参照して、用事が済んだ紙は捨てていい。便利に使っているのがクロネコヤマトの機密書類リサイクルサービスで、オレンジ色の箱にポンポン投げ込むだけで処分が頼める。 2022年は医療費控除ができそう。ファイルから領収書を集めながら診療明細は処分へ。不要な紙をまとめると意外なボリュームになる。捨てるときの束が分厚いと気持ちがほくほくする。ごっそり捨ててやるぞー。 要らない書類がなくなるだけで部屋がすっきりした。気

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 言葉をつむぐ
          丘村奈央子
        • 日めくり/日記
          丘村奈央子
        • ライターですが、声と絵で届けてみます。
          丘村奈央子
        • 三十一文字・短歌・tanka
          丘村奈央子
        • 最近の5冊
          丘村奈央子
        • カメラ・写真の話
          丘村奈央子
        • 商品の画像

          短歌同人誌『柊と南天』第5号/2022年9月発行

          短歌結社である塔短歌会内「昭和48年・49年生まれ」の同学年で「柊と南天」という短歌グループを結成。2022年9月発行の第5号同人誌です。こちらの冊子はご希望の方に送料実費のみでお送りしています(クリックポスト185円を使用)。 第1・2・3・4・5号をまとめてご希望の際は、5冊セットのメニューからお手続きください。送料185円のみでひとまとめにお申し込みいただけます。  ↓ https://shop.edi-labo.com/items/71001901 ------------------- A5判/48ページ ------------------- 出詠者 竹内亮/安倍光恵/加茂直樹/丘村奈央子/乙部真実/中田明子/中島奈美/永野千尋/池田行謙/永田淳 ------------------- ◆作品(1人10首・自由詠) ------------------- ◆作品 三十首詠 小吟 永田淳 ------------------- ◆題詠 オノマトペを詠う 漢字四文字以上の熟語を詠う ------------------- ◆前号評 それぞれに面白く/奥村晃作 ------------------- ◆特集 短歌を作り始めた頃に読み通した歌集 ------------------- ◆第4号相互一首評 ------------------- 表紙 池田行謙「変容する火星」 挿画 蟹澤奈穂
          185円
          丘村堂
        • 商品の画像

          短歌同人誌『柊と南天』5冊セット/2018・19・20・22(1月/9月)年発行

          短歌結社である塔短歌会内「昭和48年・49年生まれ」の同学年で「柊と南天」という短歌グループを結成。2018/2019/2020/2022年1月/同年9月発行の同人誌5冊セットです。こちらの冊子はご希望の方に送料実費のみでお送りしています(クリックポスト185円を使用)。 詳しい内容・目次は各ページで掲載しています 第1号 https://shop.edi-labo.com/items/35116047 第2号 https://shop.edi-labo.com/items/35116338 第3号 https://shop.edi-labo.com/items/35116372 第4号 https://shop.edi-labo.com/items/58148084 第5号 https://shop.edi-labo.com/items/71002203
          185円
          丘村堂
        • もっとみる

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          日めくり 2023/01/26

          朝は冷え込んだものの、自分が住んでいる地域は特に雪が降るわけでもなく「冷えた冬晴れ」になった。昨日まとめた同人誌『柊と南天』5冊セットをクリックポスト仕様にしてポストに投函する。土のある日陰は少し霜柱が立っていて寒かったんだなと思う。 お昼は近所のスーパーで買ってきた大きな丼弁当を分けて食べる。最近は一人前が多すぎると思う。燃費が良くなったのか、新陳代謝が悪くなったのか(まあ後者だよね)。 午後からはブックライティング用の取材。1回目はこちらも「どうやって進めようか」と思

          いろんな出会い方があったらいいな

          主にライターとクライアントの話ではあるけれど。以前に比べて、ライターと名乗る人も、それを求める人も、マッチングできる場所も格段に増えた。だから出会い方は広がったともいえるけれど、1つのシステムが普及すると「システム外にいる人」との出会いが減ってしまうのも事実だ。 一番象徴的なのは、Googleに検索されるかどうか。インターネットで何かを探すときはみんな検索ワードを叩く。そこにヒットしてリストの上位に表示されたところから反応を得ていく。リストの次ページどころか、4位以下はチャ

          再生

          主語と述語のペアを必ず作る【ちゃんとした文章を書く方法】

          久しぶりの文章術動画をアップしました。ちゃんとした文章を書くためには「主語と述語」が重要です。主語と述語がどんな働きをするか、ないとどのくらいマズいのか、鍛えるにはどうすればいいのかを解説しています。少しでもお役に立てたらぜひシェアしてください😆

          短歌同人誌『柊と南天』第5号、5冊セットをお送りしています

          塔短歌会の中の「昭和48〜49年生まれ」で作った会「柊と南天」では、同人誌を発行しています。2018年から2022年9月までで5冊。 たくさんの方に読んでいただけるよう、最初から販売ではなく配布をしています。私のBASE(丘村堂)でも実質送料だけでお送りできるページを作りました。 ------------------- A5判/48ページ ------------------- 出詠者 加茂直樹/丘村奈央子/乙部真実/永田淳/中田明子/池田行謙/中島奈美/竹内亮/永野千尋

          日めくり 2023/01/22

          今日は朝10時から短歌の会「柊と南天」の歌会。Zoom担当なので少し早めに入室すると、すぐにゲストのお二人が来た。レギュラーメンバーはいつも2分前、1分前に集合なので、ほんの少しだけどお話しする機会を得る。 歌を評するときの言葉はそれぞれで、同じ感覚を述べるにも「ああ、そういう言い方があるか」「さっき言語化できなかったのはそれだ」と振り返ることしきり。月1回の歌会のおかげで続けられているものがたくさんあるなあ。12時半ころに散会。 お昼は温かい蕎麦。1袋200gを2人で食

          再生

          会話が続くたった1つのコツ。

          YouTubeのショート動画を作りました。noteに貼るとどうなるんだろう…?やっぱり昔から「これは欠かせないだろう」と思う視点なので紹介します。

          モノを売るのが羨ましかった

          最近、朝ドラ『舞いあがれ!』を見ている。女性パイロットの話かと思いきや、ネジ工場立て直しに舞台が移って全然違う世界が描かれている。 ドラマではネジの仕組みや営業について結構詳しく解説していて、業界を知らない人でも分かりやすい。どんなネジが良いのか視聴者も一緒に勉強する感じ。第71回のこのセリフは「へー!」と思った。 なるほどなあ。第74回では主人公の舞ちゃんが営業に出てこんなトークをする。 あああ、いいなあ。こういう営業をやりたい時期があった。 自分のキャリアスタート

          【備忘録】1200/1600/2000字って見た目はどれくらい?(画像付)

          お客様に文字のボリュームを聞かれたら、原稿用紙○枚分というときもあれば、こちらのURLで分量を確かめてもらうときもあり。見て分かるので結構便利。 ★1200字→ ★1600字→ ★2000字→

          取材前、リラックスのために使っている言葉

          笑顔に大ネタは要らない取材先は大体初めて行く場所で、初めて会う人に話を聞く。社員さんにキャリアを聞くこともあれば、経営者に今後のビジョンを聞くこともある。ブックライティングのためにセンシティブな生い立ちから聞く取材もある。 取材される人にとっては「今日初めて会ったライターに、自分のことを根掘り葉掘り聞かれる」状況になる。ライターから考えると、こんな状況でも取材で来たからには記事にできるだけの材料をもらわなければならない。 使える時間は限られている。なるべく早く本題に入りた

          2023年が来たぞ

          年末年始の感覚が年々薄れている気がする。良いのか悪いのか、昔ほどの「お正月」な感じがしない。少し寂しいけれどこれも時代なのかなと思う。 それでも年を越すという区切りは大きくて、何かをやろうとしたり考えたりする。そこはまだまだ手放せない。 せっかく新年を迎えたのだから、1月1日は「今年やろうと思っていること」にさっさと手を付けてしまう日にした。いくつかある中で上位は3つ。 通信課程で履修している科目のレポートは、今年度中には全部出さなければいけない。年末年始のお休み期間は

          「次世代」という言葉はいつから使われてきたのか? 新聞データベースを見てみた

          きっかけは、今朝見かけたこのツイートだった。 そういえば「次世代」という言葉は最近よく見かけるけれど、1973年生まれの自分が子どもの頃はそんなに多くなかった。個人的な感覚としてはネットワークだのコンピューターだのが言われ始めた1990年代くらいから増えてきて、近頃は「とりあえず次世代と付けとけ」くらいの頻度になってしまった感じ。 こうスレッドをつなげてみたけれど、ひょっとしたら、感覚値ではなく実際に数として調べたら傾向が出るんじゃないか。ということでPCから扱える新聞デ

          【音声配信】まだ続けられている

          細々ではあるものの、まだ途切れさせることなく音声配信は続けられている。最近のハイライトはスマホから直接録音して出せるようになったことかもしれない。個人的にかなり大きい技術革新。 備忘録も含めて録音方法をちょっと振り返ってみる。 ① Mac + 外付マイク + Adobe Audition + BGM自力追加 最初に制作フローとして出来上がったのは、MacでAdobeのauditionを開く→マイクを差し込んで録音→基本的なノイズ除去→自作BGMを付けて編集→アップロード