Ogen/blik vol.4 オンライン開催のお知らせ

Ogen/blik vol.4 オンライン開催のお知らせ


2021年2月に、音楽、身体、映像をメディアに領域横断的な作品を扱う、
オランダ生まれのコンサートシリーズ「Ogen/blik」第4回公演を開催します。日々、激しく変動する「今」を反映した、国内外の作曲家たちによる新作の上演を収録したオンライン配信コンサートを行います。

画像2

国内外から、多彩なアーティストが出品しています。

画像3

【 アーカイヴ動画配信日程 】

    2021年  3 月 5日(金)から3 月 20日(金)まで
(こちらの公演、配信は2月28日に終了しました。アーカイヴ動画を限定公開中です)

【 チケットのご予約・視聴URL 】

    アーカイヴ動画視聴チケット  1500円
    こちらよりご購入いただけます https://peatix.com/event/1801177/ 

 

【 プログラム 】

Edwin van der Heide 《NMD 2021-#1》 live performance (Percussion / 打楽器 : Sho KUBOTA 窪田翔)**
Yannis Kyriakides 《Legerdemain》for piano and electronics
安野 太郎 Taro Yasuno 《浦和さいごの夜》 for violoncello and piano **
牛島 安希子 Akiko Ushijima 《La mémoire inconsciente》 for cello, piano, electronics and video images ( Video Images / 映像 : 伏木啓 Kei FUSHIKI )**
大久保 雅基 Motoki Ohkubo 《 へぇ…そっか。え?うん、そう。》for violoncello, piano, and animated score(動的楽譜)**
向井 響 Hibiki Mukai 《幽体の鳥》 for violoncello and electronics *
野口 桃江 Momoko Noguchi 《In Microcosm》 for Hacked piano **
Darien Brito 《Strange Attractors》 audiovisual work **
Maya Felixbrodt 《Traveling Viola》movie and music **
( ** 世界初演作品 World premiere / * 日本初演作品 Japan premiere )



【 出演者 】

北嶋 愛季(チェロ)
榑谷 静香(ピアノ) 
エドウィン・ファン・デル・ハイデ (センサー楽器)
窪田 翔 (打楽器)
野口 桃江 (改造ピアノ)


【 関連 オンラインイベント 】***こちらのイベント終了致しました。

1 月 31 日(土)Ogen/blik×Tone 出品作家たちによるプレトーク
コンサート出品作家たちによるプレトークを 「Tone」YouTube チャンネル(https://www.youtube.com/channel/UCUR1rmuM714sCjy8VGeL07w?sub_confirmation=1) より配信いたします。
トーク出演者 (予定):
 Edwin van der Heide、安野 太郎、向井 響、牛島 安希子、大久保 雅基、
野口 桃江、北條知子(通訳)  


2 月 22 日(月)Edwin van der Heideと、三輪眞弘氏による対談
IAMAS(情報科学芸術大学院大学)修了研究発表会・プロジェクト研究発表会内で、学長・作曲家の三輪眞弘氏とエドウィン・ファン・デル・ハイデによる
オンラインでの対談を開催します。
IAMAS 2021
https://www.iamas.ac.jp/exhibit21/event/edwin-x-miwa/


ゲストアーティスト プロフィール
:
Edwin van der Heide (エドウィン・ファン・デル・へイデ)

音、空間、そしてそれらの分野を横断する芸術家、作曲家、研究者。作曲と音楽の言語を空間的、対話的、そして学際的な方向へと拡張する活動を行なっている。 ライデン大学で非常勤講師兼研究員を務め、ハーグの王立音楽院と王立芸術アカデミーのアートサイエンス学科で講師(1995-2016)、ベルリンの工科大学 (2009年)のEdgard Varèse客員教授を務めた。彼の作品全体で Witteveen + Bos Art + Technology Award 2009を受賞。2011年 から2012年にフランスで開催された同世代の芸術家、Le Fresnoyの招 待アーティスト兼ゲスト教授。作品はSMAK (ベルギー)アルスエレク トロニカ・フェスティバル(リンツ)、ステデライク美術館(アムステル ダム)、ICC(東京)、NAMOC(北京)、トランスメディア (ベルリン)、SONAR(バルセロナ)、台北市立美術館、 SFMOMA、SONAMBIENTE(ベルリン)、Art Basel Parcours Night(バーゼル)、ドナウエッシンガー音楽堂などの美術館、フェスティバル、ギャラリーやコンサートホールでとりあげられている。

【 お問い合わせ 】

電話番号 050-3627-7788 
メールアドレス ogenblik.jp@gmail.com

(※ 一部、フライヤーに記載のメールアドレスに誤りがありました。
  正しくは、ogenblik.jp@gmail.com になります。謹んでお詫び申し上げます。)


【 Twitterアカウント@ogenblik_jp はじめました!】

  https://twitter.com/ogenblik_jp


2021年 Ogen/blik vol.4 
主  催 | Ogen/blik
協  力 | 愛知県芸術劇場(愛知公演), IAMAS (トークイベント)
助  成 | 公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京
                    公益財団法人 野村財団
                    公益財団法人 かけはし芸術文化振興財団
協  賛 | リンナイ株式会社
後  援 | オランダ王国大使館, 日本電子音楽協会(JSEM)
                    先端芸術音楽創作学会(JSSA)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
音楽、身体、映像をメディアに、領域横断的な作品をあつかう、オランダ生まれのコンサートシリーズ「Ogen/blik」 vol.3 出品者のインタビューの掲載ページです。 Twitterも更新中!https://twitter.com/ogenblik_jp