Ogen/blik

音楽、身体、映像をメディアに、領域横断的な作品をあつかう、オランダ生まれのコンサートシリーズ「Ogen/blik」 vol.3 出品者のインタビューの掲載ページです。 Twitterも更新中!https://twitter.com/ogenblik_jp

Ogen/blik

音楽、身体、映像をメディアに、領域横断的な作品をあつかう、オランダ生まれのコンサートシリーズ「Ogen/blik」 vol.3 出品者のインタビューの掲載ページです。 Twitterも更新中!https://twitter.com/ogenblik_jp

    最近の記事

    • 固定された記事

    Ogen/blik vol.4 オンライン開催のお知らせ

    2021年2月に、音楽、身体、映像をメディアに領域横断的な作品を扱う、 オランダ生まれのコンサートシリーズ「Ogen/blik」第4回公演を開催します。日々、激しく変動する「今」を反映した、国内外の作曲家たちによる新作の上演を収録したオンライン配信コンサートを行います。 国内外から、多彩なアーティストが出品しています。 【 アーカイヴ動画配信日程 】     2021年  3 月 5日(金)から3 月 20日(金)まで (こちらの公演、配信は2月28日に終了しました。ア

      • Ogen/blik Vol.3 出品者インタビュー第四回:福島諭(後編)

        福島さんのインタビュー、後編です! 福島諭プロフィール 1977年新潟生まれ。IAMAS修了。作曲家。これまでコンピュータ処理と演奏者との対話的な関係によって成立する作曲作品を発表。Mimiz、gpのメンバー。濱地潤一氏との交換作曲作品《変容の対象》は現在も作曲中。G.F.G.S.LabelよりCD「室内楽2011-2015」をリリース。賞歴に第十八回文化庁メディア芸術祭「アート部門」優秀賞等。作曲を三輪眞弘氏に師事。現在日本電子音楽協会理事。 (聞き手:牛島安希子)

        • Ogen/blik Vol.3 出品者インタビュー第四回:福島諭(前編)

          6月30日に開催されましたOgen/blik vol.3にお越しいただいた皆様、ありがとうございました!出品者のインタビュー、コンサートのアフタートークの書き起こしなどを引き続き、掲載していきます。さて、第四回インタビューは作曲家の福島諭さんです。コンサート後、ということで振り返りなども含めて、福島さんのお話をどうぞ。 福島諭プロフィール 1977年新潟生まれ。IAMAS修了。作曲家。これまでコンピュータ処理と演奏者との対話的な関係によって成立する作曲作品を発表。Mimi

          • Ogen/blik Vol.3 出品者インタビュー 第三回 :山田亮

            音楽、映像、サウンドパフォーマンスによるコンサートシリーズ、     " Ogen/blik [blink of eye=瞬き] "のVol.3の出品者のインタビュー。 第三回インタビューは作曲家でピアニストの山田亮さんです。 (コンサートの詳細についてはこちらをごらんください。 特設ウェブサイト:https://ogenblik.cargocollective.com) 山田亮プロフィール 東京在住。1983年1月生まれ。名古屋市出身。 愛知県立芸術大学作曲専攻卒業。作曲

            Ogen/blik Vol.3 出品者インタビュー 第二回 : 丸山達也(後編)

            丸山さんのインタビュー後編です! (聞き手:牛島安希子) ー丸山さんは音楽家とのコラボレーションを多くされていますね 音楽家とのコラボレーションで気をつけていることなどありますか。 「音楽家のコラボレーション」という観点では、特別気にしていることがあるかと言えば・・・・特にありません。もちろん、映像と音との実験の歴史もあるので、意識をしないわけではありませんが、緩やかに制作していると思います。私の作る映像は基本的には、反復するか遷移していくかのいずれかであることが多く、大

            Ogen/blik Vol.3 出品者インタビュー 第二回 : 丸山達也(前編)

            音楽、映像、サウンドパフォーマンスによるコンサートシリーズ、      " Ogen/blik [blink of eye=瞬き] "のVol.3の出品者のインタビュー。 第二回インタビューは映像作家の丸山達也です。 (コンサートの詳細についてはこちらをごらんください。 特設ウェブサイト:https://ogenblik.cargocollective.com) 丸山達也 プロフィール 1988年大阪生まれ福井育ち、東京都在住。 大阪芸術大学芸術学部映像学科卒業、情報科学芸

            Ogen/blik Vol.3 出品者インタビュー第一回 : 大久保雅基(後編)

            大久保さんのインタビュー後編です。 (聞き手:牛島安希子) ー大久保さんの作品は現代音楽の歴史を意識しつつも、現代の日本に生きている作家としての視点も作品に反映されています。この二つの視点を両方持ってバランスを取っている作家って日本の音楽分野ではまだ少ないように感じていますが、ご自身ではどうですか。  現代社会によって生まれた文化には鮮度があると考えています。過去の時点では想像でしかありませんし、5年後にやったら時代遅れになります。ですから現代の文化を題材にすることは現代

            Ogen/blik Vol.3 出品者インタビュー第一回: 大久保雅基(中編)

            前編に引き続き、大久保さんのインタビュー中編です。 聞き手は引き続き、牛島です。 ー大久保さんが企画されているコンサート”絶頂”で初演された食物連鎖を テーマにした作品、『【衝撃】食物連鎖の生態系を作ってみたら…』ですが、(作品についての説明:https://motokiohkubo.net/projects/2018/theworldoffoodchains/ 食物連鎖というテーマを選んだ理由などあれば、お聞きしてよろしいですか。 もうブームは去ってきましたが、2018

            Ogen/blik Vol.3 出品者インタビュー第一回 : 大久保雅基(前編)

            音楽、映像、サウンドパフォーマンスによるコンサートシリーズ、     " Ogen/blik [blink of eye=瞬き] "のVol.3の開催にあたり、出品者のインタビューを掲載していきます。第一回インタビューは作曲家の大久保雅基です。 (コンサートの詳細についてはこちらをごらんください。 特設ウェブサイト:https://ogenblik.cargocollective.com) 大久保雅基   プロフィール 1988年宮城県仙台市出身。電子音響音楽、コンピュータ