マガジンのカバー画像

iriser-イリゼ-

15
福島県南相馬市小高区のハンドメイドガラスブランドです。 地元の女性職人がひとつひとつ丁寧に手作りしております。
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

iriserのガラスアクセサリーの作り方

アトリエiriserでの、製品の制作方法をご紹介させていただきます。 01.素材について 制作に使用しているガラスは「ボロシリケイトガラス」(耐熱ガラス)と呼ばれるもので、温度変化に強く割れにくいため、アクセサリーの制作に適した素材です。また、調理器具や理化学実験器具にも使用されています。 02.ガラスの成形酸素バーナーを使用し、約2000度の炎でガラス棒やガラス管を溶かしながら形をつくります。ガラス同士を溶かし接着したり、ピンセットやヘラなどの道具を使いながら形を整えて

スキ
1

アトリエiriserより1月のお知らせ

毎日厳しい寒さに見舞われていますが、いかがお過ごしでしょうか。 今年も素晴らしい1年になりますよう、心よりお祈り申し上げます。 本日は、以下の情報をお届けいたします。 新年のご挨拶 あけましておめでとうございます。旧年中は格別のご厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。 本年も、更なるサービスの向上に努めて参りますので、より一層のご支援、お引き立てを賜りますようよろしくお願い申し上げます。 これまでにたくさんのお客様と出会い、多くの方々に私たちの商品をご愛用いただけるこ

【数量限定】 紅梅色の「おだかうめ」が登場!

iriserで人気の「おだかうめ」のシリーズより、数量限定で紅梅色のピアスを販売いたします。 なぜ「梅」がモチーフなの? 福島県南相馬市・小高区にiriserの工房はあります。2006年に3つの地区が合併し、南相馬市となったのですが、それまで『小高町』という小さな街でした。 『小高町』の街の花は『紅梅』で、今でも街の神社では、毎年、"紅梅"や"白梅"が可愛らしく咲きます。 「おだかうめ」に込められた想い 「歳寒の三友」の一つで、寒さに耐えながらも、一年を通して一番初

「3.11が教えてくれた、しあわせな結婚とはありのままの自分でいられること」小高ワーカーズベース代表取締役・和田智行さん×和田菜子さんご夫婦

様々なバックグラウンドをお持ちの方の「しあわせな結婚ってなんだろう」に対する想いをお聞きするインタビュー連載。 第4回目は福島県南相馬市で株式会社小高ワーカーズベースの代表取締役をされている和田智行さん(以下、智行さん)と奥様の菜子さん(以下、菜子さん)にお話を伺いました。 和田さんはプログラマーとしてBRILLIANCE+の創設期に深く関わってくださった方です。その後3.11を機に独立し、5年4ヶ月もの間人が住むことを許されなかった南相馬市に暮らしを再構築する、さらには新

スキ
21

日本のエシカル&サステナブル商品

エシカル消費やサステナブル、SDGsなど、これからの暮らしに繋がる言葉を耳にする機会が増えましたよね。 今回は、TURNSのオンラインショップ「TURNS商店」の商品の中から、エシカル&サステナブルな暮らしへと続く商品をご紹介します。 心ひかれる商品から、新しい暮らしを始めてみませんか? ■信州経木Shiki 経木とは、木を薄く削り乾燥させて作られる日本伝統の包装材のこと。 適度な湿度を保つ調湿性と通気性、抗菌性に優れ、腐敗を抑制し、食材の鮮度を保つことから様々な食

スキ
185

ガラスアクセサリー製作体験を受付中✨

アトリエiriserでは、平日に限りガラスアクセサリーの製作を体験いただけます。 ▼お申し込みはこちらから ♢体験の流れご来店と体験準備 お荷物をお預かりした後、当店が用意する作業用のエプロン・サングラスを装着。2種類(葉っぱ型・しずく型)のペンダントトップから、製作するタイプをお決めいただきます。 職人からのデモンストレーション 職人が一連の流れを説明しながら実践します。 製作体験 職人からのデモンストレーションの後、お客様に体験していただきます。 この間も、ず

スキ
1

小高ワーカーズベースの事業紹介

みなさんこんにちは。 小高パイオニアヴィレッジ改め、株式会社小高ワーカーズベースの野口です。 当アカウントは今まで小高パイオニアヴィレッジのnoteとして運用しておりましたが、もっと僕らの活動や、根底にある思いを知っていただきたく、小高ワーカーズベース 全社での発信をしていくことになりました。 改めて、よろしくお願いいたします。 小高ワーカーズベースについて 東日本大震災に伴う原子力災害により避難指示区域となった福島県南相馬市小高区で、「自律した地域」を目指し、201

スキ
3

金属アレルギーをお持ちの方へ

♢真鍮・金メッキ加工の金具の交換についてアトリエiriserの金具が真鍮・金メッキ加工のシリーズにつきましては、ピアスに限りチタン製の金具に無料でお取替えさせていただきます。 ※ていてつは樹脂パーツへの変更となります。 iriserの公式WEBサイトからのご注文される予定の方に限り、無料でご対応させていただいておりますので、お気軽にご相談ください✨ ※購入済みの商品や、別な事業者様から購入された方は、別途料金をいただいております。 ♢金具交換の対応期間交換の対応期間とし

スキ
1

アトリエiriserより12月のお知らせ

今年も残すところあと僅かとなりました。 時節柄、何かと忙しくなりますが、どうぞご自愛くださいませ。 \【数量限定】『K10シリーズ』販売中/ クリスマス向けに数量限定で『K10シリーズ』を販売中です。大切な方へのプレゼントに、今年頑張ったの自分へご褒美に、おすすめです。 残り僅かとなりますので、お早めにご注文ください。 ▶︎詳細はこちら:https://note.com/odakaworkers/n/n852bfc8235ae \クリスマス向け発送スケジュール/ ク

iriserのふるさと納税対象商品のご紹介

iriserは5つのシリーズを南相馬のふるさと納税商品として、お求めいただくことができます。今日は対象商品について、ご紹介させていただきます。 ▼お求めはこちらから https://search.rakuten.co.jp/search/event/iriser/?ev=40&v=2 ♢おだかうめ ネックレス、ピアス、イヤリング、ピンブローチ、リングの5アイテムをご用意しております。 ♢オフショア ネックレス、ピアス、イヤリング、ピンブローチ、リングの5アイテムをご用意

スキ
1

まだ間に合う!クリスマスプレゼント:数量限定『K10シリーズ』を販売中

クリスマスの限定で『K10シリーズ』と『ネックレスとピアスorイアリングのセット』を販売中です。 ♢10Kシリーズ10Kとは、金具部分に含まれている金属の割合が、全体の42%が金でできているものを指します。 ▼10Kとは? K18(18金)の方が含まれる金の量が多いので、値段も高く、価値もあります。どんどん金の価格が高騰しているので、特別な記念のジュエリーや大切な方へのプレゼントにK18を選ばれる方も多くなっています。 逆にK10は リーズナブルなうえ、K18と変わらない

スキ
2

iriserのアトリエのある小高とは?

アトリエiriserの工房は南相馬市小高区というところにあります。 小高がどんな街なのかご紹介させていただきます。 穏やかな田舎町、小高 iriserの工房がある南相馬市小高区は、福島県北東部の海沿いに面する、自然豊かな地域です。もともとは、小高町という一つの町でしたが、2006年に隣接する自治体と合併し、南相馬市小高区という地名で呼ばれるようになりました。夏は涼しく、冬は雪が少ない、一年を通じて穏やかな気候に恵まれています。 サーフィンと野馬追の舞台として知られている

スキ
1

【本日締切】1月のガラス制作体験イベントのお知らせ✨

ガラス加工体験は、通常平日のみの受け付けておりますのが、 1/22(土)は、『オリジナルの箸置きを作ろう!』と題し、土曜日にイベントを行います。※申し込み締切:本日1 月 13 日(木) 3種類のデザインの中から、お好きな箸置きをお作りいただけます。 職人が丁寧にサポートいたしますので、ぜひお申し込みください。 ▼ イベント詳細 ▼ ・日程:2022年 1月22日(土) ・午前の部 10:00~12:00(受付開始 9:45~) ・午後の部 13:30~15:30(受付

スキ
4

ホップアクセサリー、できました。

イシノマキホップを栽培し始めて5シーズン目がおわり、ホップの魅力をより多くに人に、より多くのシーンで伝えたい!と取り組んできました。 そんな中、この度ホップピアス/イヤリングが誕生です! この商品は、2022年春にイシノマキ・ファームが立ち上げ予定のブルワリー「ISHINOMAKI HOP WORKS」の第1弾商品でもあります。 今日はそんなホップアクセサリーが生まれるまでのストーリーをスタッフ加納が代表の高橋にインタビューするスタイルでご紹介します。 ホップピアスが

スキ
30

ガラスが割れてしまった場合!

落としてしまったり、ぶつけてしまうなどして、ガラスのパーツや金具が壊れてしまった場合は、状態によって修理が可能な場合がございます。税別¥1,000で修理を承ります。南相馬・小高の店頭、またはお電話・メールにてお申込みください。※送料は別途ご負担いただきます。 ♢ガラスパーツの修理壊れたり傷がついてしまったガラスのパーツは、もう一度酸素バーナーで温め、破損した部分を溶かし、接着したり成形し直します。最後に、必ず『徐冷』というガラスの中の温度を均一にするを行い、検品をします。

スキ
2