にゃるら

なぜか文章が毎日投稿される https://lit.link/nyalra

にゃるら

なぜか文章が毎日投稿される https://lit.link/nyalra

マガジン

  • 毎日エッセイ

    ぜひ読んでみてね

  • 読んだ本・聴いた音楽(毎月2回更新)

    読んだ本や聴いた音楽の記録

  • オタクがオタクな話している記事

    オタクがオタクな話している記事

  • にゃるらログ

    長い文章とかなんか出来事とか

  • 美少女ゲームに関する記事お話

    nyalraが書いた美少女ゲームに関する記事のまとめです

最近の記事

  • 固定された記事

NEEDY GIRL OVERDOSEのいろんな話(ネタバレ無し)

・NEEDY GIRL OVERDOSE  1月に発売ししたニディガが、めでたい事にたくさんの方から愛される作品となりました。2週間で20万本、嬉しいね!  諸々の数字が大きくなるに連れ、やることも増えてきまして、発売前より忙しくなるという嬉しい悲鳴を上げている状況です。仕事があるのは良いことですね。これからも、超てんちゃんとあめちゃんのために頑張ろうと思います。いや、もう「超てんさん」だな……。  というわけで、ネタバレ無しで、製作にまつわるお話とか、ちょっとした裏話を書

    • 自罰と自傷

       昨日は「歯のワイヤー矯正はあんまり痛くなくてよかった」と書いたけれども、直接的な痛みのは別種の圧迫感が遅れてやってきた。  というのも、ワイヤーに歯が押される感覚自体は問題ないのですが、その違和感をなぞるように舌や顎を無意識に動かしたり、歯を噛み締めたりするせいで、連動した頭部がズキズキし始めた。  これ以上は刺激しないよう注意してみるも、断続的な違和感のせいで気づいたら噛み締めてしまう。そのたび頭痛が強化されていくので、罠中心のデッキにじわじわと嬲り殺しにされている感覚が

      • 270万円

         1月のクレジットカード支払いが270万円だった。新年早々たいへんなことだ。  正確には「2699160円」。国が買える金額だ。睡眠薬で寝惚けて車でも買ったのかと思った。なぜこんなことになってしまったか。  まず、100万。これは年始に起きた能登半島地震への寄付。1月に支払ったのだから2月末に請求がくる。一度寄付したことによって、ヤフーから「ここにも寄付しませんか?」と何度も新規寄付先が書かれた案内メールが届くようになりました。寄付ってそんな定期的に他人へ勧めてくるものではな

        • にゃるらが最近読んだ本 5選2024年 1月

          ↑先月の。 ↑去年自体のまとめです。  2月がつらくて、投稿が3月になってしまった。 ・ナムコはいかにして世界を変えたのか──ゲーム音楽の誕生 ナムコのゲーム音楽に関する成り立ちだけで構成された1冊。とてもマニアックな一冊。ゲーム音楽どころか、「ゲーム音楽の原点そのもの」に興味がなければ何がなんだかわからない。もちろん、ナムコのアーケードゲームのピコピコ音が大好きなのですが、それはともかくとしてYMO……ひいては細野晴臣のルーツを知るために購入。  『ビデオ・ゲーム・

        • 固定された記事

        NEEDY GIRL OVERDOSEのいろんな話(ネタバレ無し)

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 毎日エッセイ
          にゃるら
        • 読んだ本・聴いた音楽(毎月2回更新)
          にゃるら
        • オタクがオタクな話している記事
          にゃるら
        • にゃるらログ
          にゃるら
        • 美少女ゲームに関する記事お話
          にゃるら

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          心のヒビ

           不眠が続いて、もう眠れずに朝どころか昼になってしまったので心が折れてしまった。そのせいで打ち合わせや連絡など他人に迷惑をかけてしまうので申し訳ない。この埋め合わせは必ずします。  一月中旬あたりか、ニディガ2周年での多忙のピークから、心にヒビが入ったような感覚があり、その隙間に直接ダメージが染み込むようで、身体の免疫も弱まっている。2月はほとんど何もできなかった。それでもシナリオの締め切りだけは守り続けたことをもっと褒めてほしい……と思いつつ、それは読者とはまだ関係ないこと

          心のヒビ

          『ぽんのみち』の漫画版がエロい

           『ぽんのみち』の漫画版がエロい。  びっくりして深夜アニメ観始めたばかりの男子中学生みたいな見出しになってしまった。  僕はどんなクールでも、つねにループで垂れ流す用のゆるい日常アニメを一つ二つ定める癖があり、今期ではオリジナルアニメ『ぽんのみち』がそれにあたる。ぽんのみちはタイトル通り麻雀がテーマの作品。美少女たちが雀荘に集まってゆるゆると日常を送る。ちゃんと麻雀している方が奇跡的なくらいなので、麻雀初心者も安心して観れる。というか、このアニメを観ている視聴者の9割は牌な

          『ぽんのみち』の漫画版がエロい

          知らないオタクたちが残した爪痕を辿る

           Twitter以前の時代にあったオタクのブログを読み漁っている。なんでもないオタクの素の日常を読むのが大好きなのだ。初期のTwitterが肌に合った理由もそこだ。しかし、Twitterの場合はだんだんネットニュースやゴシップに対する言及が増えてくる。これはもうSNSの仕組み上仕方がない。刺激的な話題が流れてきたら反応し、言及してしまう。そういうものです。  一方、ブログは基本的に己との対話である。時事や流行について話すことはあれども、わざわざ長文で言及するのだから、安易に揶

          知らないオタクたちが残した爪痕を辿る

          我が名はレギオン 我々は大勢であるが故に

           20代では「変わった人だね」と個性で許された要素も30となった今は「ヤバいおっさん」でしかなくなる。  数年前から急に自分内へ訪れた宗教文化ブームは今なお続き、現在では名のある牧師や僧たちによる説法集を読んでいる。だいたい「イエス・キリスト/仏陀の教えを守り正しく生きましょうね」とありがたい話が載っており、「俺は存在しない神の奴隷じゃねぇ」と叫ぶマリリン・マンソンのロックと交互に摂取することによって、まるでサウナと水風呂を往復しているような寒暖差で気持ちよくなってくる。

          我が名はレギオン 我々は大勢であるが故に

          黒歴史と向き合う

           先日、「10年前にライトノベルの新人賞へ応募した」という日記を投稿しました。10年の時が経ち、めぐりめぐって文芸小説が出版されて良かったなあという形で締めましたが、なんとその回を読んだMF文庫Jの編集さんから連絡がきた!  恥ずかしい! 本当に、本当に心の底から恥ずかしい! 僕が新人賞に応募した作品なんて、原稿は灰に、データは古いHDDとともにスクラップになったとばかりで油断していたら、ちゃんと箸にも棒にも掛からぬ応募作でも掘り出せるよう管理されていたのです。本気の羞恥な

          黒歴史と向き合う

          VS無気力症候群

           シンプルにやる気が出ない。  病み上がりでまだ体調が若干悪いこと、久々にジム通いを再開したことで筋肉痛が激しいことに起因する。あと日頃の睡眠不足を取り返すように睡眠時間が長い。たくさん眠ると怠さが増す。  大麻の真に怖いところは、依存性や健康被害以上に無気力症候群らしい。ちょっと煙を肺に入れるだけで数時間気持ちよくなるのだから、そりゃ働く気もなくなる。別に薬物がどうとかではないが、いま睡眠がめちゃくちゃに気持ちが良いタイミングで、とにかく眠っていたい。特に、僕は冬場も暖房を

          VS無気力症候群

          父子

           サブカルチャーの聖地と名高い中野ブロードウェイですが、地下一階はスーパーや飲食店が並び、たいへん生活感に溢れている。地上のオタク濃度はどこ吹く風、ここにはレトロ玩具や古書の代わりに激安セールの惣菜や洋服が並べられているのです。  店の中に、いかにも老舗なうどん屋がある。  夕方に覗くとすでに閉店後で、のれんの奥では、店主の息子だか孫であろう小学生の男の子が店主と笑い合いながらうどんを食べている光景が見られる。家族だけの特権。僕は、その様子を見かけるたびにひどく羨ましくなっ

          リストアップ

           いま観たい映画・もう一度観たい映画を年代別に書き出していきました。恥ずかしいのでぼかしを入れていますが、手練れのシネフィルであれば西暦と文字数であたりはつけられるのではないでしょうか。  ざっと60作。タイトルとあらすじは知っているものの、なんだかんだ観たことのない作品名がずらりと並ぶ。かなり絞って厳選したので、きっとリストの大半の作品が僕の心を揺れ動かし、喜怒哀楽を刺激すると考えると心躍る。タイトルだけで高揚感に包まれ、胸が高鳴る。ゴジラを初代から現代まで並べ、未視聴作

          リストアップ

          最終話 俺の夢

           改めて十年前の写真を開く。  でかでかとバカ丸出しの字が書かれた封筒はKADOKAWAのラノベ新人賞宛。要するに、十年前……成人したてくらいの頃の自分がライトノベルを書き上げてポストへ投函する瞬間である。  結果は言うまでもない。もし、選考に合格していた場合、先週出版された『蜘蛛』は、初の商業小説作品扱いでは無かったのですから。とはいえ、十万文字書き上げただけでもすごい。若さそのもの。MF文庫Jに送った理由は、落選したとて必ず感想がもらえるから。つまり、僕は自身の紡いだ文

          最終話 俺の夢

          遊園地で老人が虐められ酷い目に遭い続ける映画『アミューズメント・パーク』

           あまりに体調が悪すぎるので、もはやそのことには触れずに最近観た映画の話でも書きましょう。体調不良は体調不良以上に書くことがない。  老人がとにかく酷い目に遭う映画、ジョージ・A・ロメロ監督の『アミューズメント・パーク』です。  先ほどもあらすじを書きましたが、遊園地にやってきた老人がたくさん酷い目に遭います。とにく酷い。  予告編のあらすじも端的で分かりやすい。  というのも、この作品は元より「老人を大切にしよう」といった啓蒙的な用途での教育ビデオの立ち位置であったらし

          遊園地で老人が虐められ酷い目に遭い続ける映画『アミューズメント・パーク』

          誕生日を唯一祝ってくれた男 ウルトラセブン

           まだまだ体調が悪く、誕生日というのに一晩中横になっていました。いまだ頭痛が酷いので、どうにか文章が書けるくらいまで眠っていたら夜の19時になっていた。永遠に夜であって欲しい。  それはともかく、今年の誕生日に直接僕を祝ってくれた者が一人だけいる。とても嬉しい。彼への感謝を生涯忘れず生きていきたい。彼の名は……。  ウルトラセブンです。  まさか、ウルトラ兄弟の中でもトップクラスに偉い方のセブンが誕生日をお祝いしてくれるなんて……。というか相手の誕生日にファイティングポー

          誕生日を唯一祝ってくれた男 ウルトラセブン

          体調悪いです

           頭が痛い。本当に驚くほど痛い。前の方が痛い。のわりに後ろに引っ張られる感覚があり、重力に負けたらそのまま後方へ倒れて意識が飛ぶような恐怖がある。頭部の痛みに伴い発熱と腹痛もあり、油断するとどっと汗が噴き出してびしょびしょになる。  何も考えたくない。何かを考えると頭が痛い。しかし、今日も打ち合わせがある。ずっとずっと休ませて欲しいとお願いしてきたのに、休むと結果的にさらに追い込まれる状況は全く変わらない。なんで、こんなに頑張ってきたのに、そんなこと無関係なのはわかっているけ

          体調悪いです