にゃるら

■書いた本とかです→https://amzn.to/3EQB05T ■同人誌→http://nyalra.booth.pm ■Instagram→https://www.instagram.com/nyalra_/ まいにち記事が投稿されるので応援してくださいね

にゃるら

■書いた本とかです→https://amzn.to/3EQB05T ■同人誌→http://nyalra.booth.pm ■Instagram→https://www.instagram.com/nyalra_/ まいにち記事が投稿されるので応援してくださいね

    マガジン

    • にゃるらのエッセイと考えていること

      普段の日記やツイートのファンディスクみたいなものです。

    • 毎日エッセイ

      にゃるらが毎日700文字くらいのエッセイを投稿していきます。投稿頻度最強! ぜひ読んでみてね

    • 美少女ゲームに関する記事まとめ

      nyalraが書いた美少女ゲームに関する記事のまとめです

    • 読んだ本・聴いた音楽(毎月2回更新)

      読んだ本や聴いた音楽のオススメ毎月のまとめ

    • にゃるらログ

      無料で長い文章が読めます。やったね!

    ウィジェット

    • 商品画像

      【Amazon.co.jp 限定】僕はにゃるらになってしまった ~病みのインターネット~(特典:書き下ろしエッセイデータ配信)

      にゃるら
    • 商品画像

      承認欲求女子図鑑 ~SNSで出会ったヤバい女子たち~

      にゃるら

    最近の記事

    • 固定された記事

    エッセイ:人生

     過眠をすると人生の時間を無駄にした勿体なさで苦しくなる。というか、単純に行動している時間が人より著しく少ないので、人生をかなり損しているのではといった気になってきて、とにかく悲しくなるのです。  じゃあ早く起きればいいじゃないかと、誰もが思うでしょう。実際そうなのですが、僕はびっくりするくらい自分自身に甘いので、一日に十時間以上の睡眠を簡単に許してしまう。例え6時間で起きたとしても、どうせ日中に眠くなって横になるので、睡眠時間がズレる以外に何の意味もなかった。  最近は緊急

      • 一口エッセイ:セガのギャルゲー移植とソノシートの最後

         『Canvas』の表紙が可愛かったので、中野ブロードウェイにて、『週刊ドリームキャストマガジン』を買ってみました。週間で情報誌を刊行するセガ、頑張っているな。終盤は表紙が美少女ゲームだらけになって、全年齢版美少女ゲーム誌みたいになっていますが……。  ちなみに、もちろん本の中身も美少女ゲームだらけ。あまりに猛威を振るうSONYと任天堂の攻勢に対して、セガが生き残りを懸けた策が、美少女作品への特化であった。  適当にページを捲ってもこれ。解像度の低い美少女の立ち絵がノスタル

        • にゃるらが良いと思った曲2022年12月

          ↑前回の。  今年からは、どの記事でも全部読めるようにしますね。 ・コンバトラーVのテーマ/水木一郎 フィリピンでのボルテスVの新規映像がかっこよすぎて大興奮。  すごすぎる……。どう考えても、日本人の何倍もボルテスのこと好きすぎる……。このクオリティで日本の昭和ロボアニメ観たいな……。ダンクーガとか重々しくてカッコいいんじゃないかな。ボルテスやグレンダイザーだけでなく、ダンクーガのことも異様に好きな国とかないかな。  この映像を観てテンション上がったものの、どちらかと

          • 一口エッセイ:ガラヤカとヒステリック教師とプラモ屋さん

             高校の頃の教師は、絵に描いたようなヒステリックな女性で、僕らのような成績不良で進路の希望すらない生徒をよく罵ったり、そのうえで反論されたら泣いて職員室に籠り、誰かが呼びに行かねば永久に待機させる人であった。端的に言えば、教師の中でも嫌いな方でした。  話は変わり、その頃の僕はバーチャロンのプラモ『ガラヤカ』が予約したくてしかたなかった。ガラヤカとは、この子です。  おんぷちゃんを思わせる小柄な魔法少女のフォルムに萌え萌えで、もちろん原作でも好んで使用していたから、今回のプ

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • にゃるらのエッセイと考えていること
            にゃるら
            ¥500 / 月
          • 毎日エッセイ
            にゃるら
          • 美少女ゲームに関する記事まとめ
            にゃるら
          • 読んだ本・聴いた音楽(毎月2回更新)
            にゃるら
          • にゃるらログ
            にゃるら
          • オタクがオタクな話している記事
            にゃるら

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            一口エッセイ:凸待ち配信

             急に人恋しくなったので、動画を再生しようとしたのですが、この孤独を配信者などで癒してしまった場合、その相手に一方的な恩義を感じて好きになってしまう。それは怖いので、ローランドのチャンネルにある、「ローランドの店のホストたち」の様子に密着した動画を観ていました。ローランド本人は出てこない。知らないホストたちがわちゃわちゃしており、いい感じに愛着が湧きそうなタイミングで消えていく。  それでも人恋しさが限界にきたので、スペースを開きました。1人ずつ知らない方がマイクで入ってくる

            妹との平凡な日常 1月26日

             「にゃるらお兄ちゃん、起きて! 今日は、リハビリで一緒に公園散歩する約束でしょう!」  僕の膝の上で、短いツインテールをぴょこぴょこさせた妹が揺れる。今は何時だ……とスマホを開くと16時。なんだまだ16時か。なら、もっと眠っても……。  「起きろ〜〜〜!!!」  トマトみたいに顔を真っ赤にして、縮こまった僕を布団から引き剥がす。やれやれ。我が妹ながら、なんと騒がしい子なんだろう。騒がしいのは好きじゃない……だから、部屋に籠るんだ。世界と接続されて、頭がうるさくならないように

            初心者にオススメの女児アニメを訊かれたら

             久々に、匿名からの質問に答えて、好感度を稼ごう! 今回は、こちらでいきます。  「(初心者に)おすすめの女児アニメ教えてほしい!」とのこと。元の文章には、初心者云々は書いていませんが、雰囲気的にまだ空気感を掴めていないと推察します。  初心者向けと言われるとちょっと難しい。なぜなら、女児アニメは基本、女の子が幼児から小学生になる僅かな狭間を狙っているわけで、そのたった1.2年を魔法のように彩るために全力。なので、殆どの作品は誰でも気軽に入れるよう設計されているはずです。で

            【購読者向け】1月中旬の近況

            ↑前回の。 ・予定と予定の合間に数時間の暇があったので、個室ビデオ店で仮眠をすることにしました。  個室ビデオ店は、たまにお世話になっているので、以前にも日記で書いたことがあります。まあ、マンガ喫茶より少し眠りやすい場所ってイメージでしょうか。  基本的に、アダルトなDVDを借りて個室で自慰をするための場所で、そのついでに眠ったりシャワー浴びてもいいよって感じのお店。全国各所に点在し、終電を逃した際や旅費を安く済ませたい場合に便利。  が、僕はアダルトなDVDに一切の興味

            一口エッセイ:ヤンキーのビジュアル

             沖縄に居た頃は、右も左もヤンキーだらけでしたが、彼らはカーストが高くなるにつれて顔も良かった。沖縄なので自ずと肌が黒くなり、生まれつき顔のパーツが濃い人が多いというのも相まって。そのうえで、見てくれが重要な世界なのでファッションを気にしているからであると思われる。今思い返すと、かなり合理的なステータスの伸ばし方だなと感心します。  思春期時の教養やお金周りは、自分の力で大きく変えるのは難しい。生育環境がモロに出る。では、学もなくてお金もない子供たちがどうやって戦うか。そこで

            一口エッセイ:漏れは芋虫

             暗い自室で布団に包まってじっとしていると、自分の姿が自意識だけが肥大化して肥えた芋虫のように思えてくる。  「ワガママ」と「拘り」を混同しているところが気持ち悪い。これは、気難しくて繊細な人間の「拘り」だから仕方ないですよといった空気を出しつつ、その実ただ自分の思い通りにいかなければ暴れているだけ。心底、己のことを軽蔑してしまうが、知能も芋虫と同程度であるわけだから、分かっているつもりが同じミスを繰り返す。いや、単純に分かっていないんでしょうね。  子供の頃、Zガンダムでエ

            一口エッセイ:あすけん 攻略

             あすけんにて、100点を取れるコツを掴み始めてきたので、ごく一部の誰かが参考になると信じて攻略法を書いていきます。当たり前ですが、毎日100点を取っていくと、みるみる体脂肪率が減って健康的になっていく(自分が運動コースを選択しているからですが)ので、元から痩せてたのも合わさって腹筋が割れてきました。やっぱり、見た目に変化があるとモチベーションが高まりますね。みんなで、毎日少しずつかわいくなっていきましょう。  先に書いておくと、僕の場合は体重と目標体重から逆算して、消費カ

            エッセイ:アニメアイコンの劣等感と青春の日々

             初めて強い劣等感を覚えたのは、18になってTwitterアカウントを取得してからでした。  思うに、沖縄は「ぬるま湯」として、すごく良い環境であった。全員がバカだから。県内で多少の格差はあれども、内地の人間からすれば五十歩百歩の貧乏生活。誰もが貧しいのだから比較する必要がなく、みんなで緩やかに死へと向かっていく。それはそれで、幸せなことかもしれません。  なので、Twitterアカウントを作成し、初めてインターネットで人格を獲得して同世代のアニメアイコンに囲まれるようになっ

            一口エッセイ:劇場版 カリギュラ効果とえっちな作品

             精神を病んでいる周辺人物に対して、「○○するのは止めてね」と注意してしまうのは、時として悪手になります。なぜなら、相手は「逆に禁止された行為を行えば、向こうが困り始めて構ってくれるんだな」と考えてしまうかもしれない。  例えば、「自傷行為はダメだよ!」と言うと、「なら手首切るたびに、この人は自分に怒ってくれるんだ」と考え、構って欲しい時の必殺技にされてしまうこともある。「晒さないでね」と言ってしまったら、「じゃあ晒したらめちゃくちゃダメージ入るんだな!」と学ぶわけですね。こ

            一口エッセイ: 「……ったく、お前らが一喜一憂する姿を見るために、自分も手を動かしますかっと(やれやれと頭を掻く)」

             昨晩、日記に「うつ病の改善のため、健康管理アプリを導入して以降、健全に向かっている自分が怖い」といった旨を書いたら、とても嬉しいメッセージが中国から届いたんです。  おっしゃる通りだ。  光があれば影がある。例え、僕が健康的な肉体を手に入れようとも、明るさの裏には必ず影が伸びている。完璧に健全な人間なんて存在せず、人は誰しも大なり小なり「不健全」を抱えて生きる。当たり前だけれど、見落としがちなことを頑張って翻訳して送ってくれている。  自分が恥ずかしい。いや、僕はつねにど

            一口エッセイ:休養の恐怖

             プロデューサーに「一ヶ月くらい休んだら?」と言ってもらえたけれど、実はそれは全く現実的ではない。いや、言われた通り無理やり休むことはできるのですが、その後のリスクが大きすぎて最善策ではない。  まず、当然ゲームの企画はその分止まるわけで、連動して水面下で進んでいる企画も一ヶ月止まる。一旦停止するならまだしも、動かせない予定日などもあるので、自分が監修しないまま進む。そうなると一ヶ月休んで復帰したとして、自分が書いていない/見ていない企画が進んでいることが、どうしても腑に落ち

            一口エッセイ:「なにかで成功したい」なる漠然とした質問が来た!

             「中卒22歳ですが、なにかしらで成功したいですがどうしたらいいですかね?」と質問のDMが来ていました。知らね〜!!! と当然のようにシカトしていたら、「冷静になったら、好きな作家さんにこんなこと送って恥ずかしくなりました。ごめんなさい」と続いた。ちゃんと冷静になれて偉い。人は、基本的に利害が一致しないと動かないのだから、この質問に僕が答えて得がないと取引が成立していない。中卒、高卒と関係なく、まずは相手とコミュニケーションするための基本は知っておかないといけない。  が、冷