見出し画像

【動画付き:ナイトセミナー】MStにおける力学的要素と臨床でみるポイント

【セミナーテーマ】
MStにおける力学的要素と臨床でみるポイント
〜片脚立ちとは異なる運動制御を理解する〜

【セミナー内容】

歩行において片脚立位となるMStは、最も重心の位置が高くなり、でも支持基底面は最も狭くなるフェーズです。

この肢位がうまくとれないために、歩行の安定性が低下すると考えるセラピストも非常に多いと思います。

では、そのような問題に対してリハビリの中で片脚立位を練習することが果たして本当の治療になるのかというと、

答えはNoです!

ではなぜNoなのかというと、実は片脚立位と歩行時のMStでは大きく異なる点があります。

それは【支持基底面に対する重心位置】に違いがあり、実は歩行中におけるMStでは、支持基底面内から重心が逸脱しているのです。

しかし、この逸脱しているということが歩行においては非常に重要で、これがあるからこそ、少ない筋活動が立脚期の重心移動に繋がるのです。

今回はそのような歩行時のMStに重要な力学的視点を考えていきながら、安定したMStを獲得するために必要な重心制御のメカニズムについてお伝えしていきたいと思います。

【こんな人におすすめ】
・歩行の治療に悩む人
・歩行分析において何をみれば良いかがわからない人
・治療のバリエーションが少ない人
・歩行の力学的要素が苦手な人

【概要】
●日程:2021年5月24日(月)
●時間:20:00〜22:00(終了時間は多少前後あり)
    10分前より入室可能
●オンライン(zoom)にて開催
*あらかじめzoomアプリの会員登録でスムーズにセミナー参加が可能です。
●資料:こちらのnoteで購入いただくと、セミナー前にダウンロード用URLを記事に添付
●復習動画:セミナー終了1週間を目安にこちらの記事に添付

【注意事項】
・接続状況により音声の一部が途切れたり、一時中断となる可能性がございます。こちらの接続トラブルによって映像がみれない、音声が聞き取れない状況が続いた場合は後日の動画の配信などの対応を行います。購入者側の接続トラブルによる返金・動画配信は致しませんので、ご理解・ご了承の上お申し込みください。
・複数名でのzoom IDの共有はご遠慮下さい。


この続きをみるには

この続き: 419文字

【動画付き:ナイトセミナー】MStにおける力学的要素と臨床でみるポイント

中上博之/理学療法士

2,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
歩行や脳機能を中心に日々の臨床での学びをアウトプットしていきます。 歩行セミナーHP:https://nougegait.com/ 歩行セミナー公式LINE:https://lin.ee/tH2dKh