見出し画像

意識と無意識から考える自主トレ定着方法

こんにちは!
本日も臨床BATONにお越しいただきありがとうございます(^^♪

84日目を担当します!
最近、急に涼しくなりすぎて、半袖で仕事行くと電車寒すぎて凍えて、長袖で行くと脇汗かいてと、季節を捉えることができず、どんな服を着たらいいかわからない!大輔こと高橋です!!
 皆様朝起きて支度する時の事、鮮明に覚えていますか?
私自身は記憶に残っていません。(笑)
皆様も支度する時、手足を意識して動かしてはいないと思います。例えば、服を着るときや歯磨きしている時の手って意識していませんよね?

このように我々はルーティーンの中で生きており、一度ルーティーンになった動作は、ほぼ考えたりしません。

つまり、【無意識】で行動を実施しているということです。

無意識な行動って体が勝手に動いている印象です。
よくよく、考えてみると認知症の方も、今まで行っていた趣味や仕事内容(料理)などは覚えている!!
これってつまり、ルーティーンにしてしまえば、忘れないし、リハビリにかなり使えるのではないか?

特に患者様の自主トレ定着、廃用予防(麻痺側)のためにも、動作の無意識化ができれば
病院を経てからも継続して行ってくれるのではないか?

このようなクエッションが生まれたので、今回はこの無意識について考えていきたいと思います。


続きをみるには

残り 2,449字 / 3画像
この記事のみ ¥ 200
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?