見出し画像

運動学習においてどんなフィードバックが効果的か?

脳外ブログ 臨床BATON

皆さん、おはようございます🌞
本日も臨床BATONにお越しいただきありがとうございます。
第308日目を担当する、理学療法士のシミーです!

前回は『運動学習における小脳の役割〜内部モデルを作るための考え方〜』というテーマでした。

今回は、運動学習におけるフィードバックについてまとめていきます。
臨床においてセラピストの方々は必ずフィードバックをします。
この「フィードバック」という言葉は世間一般に広く使われていることはご存じだと思います。

私たちセラピストにとっては、臨床実習中にバイザーからのフィードバックをもらいますね。主に、人材育成や教育の場で使われることが多い言葉だと、私自身認識しています。

このことから、患者様にフィードバックをする際にはそれがプラスになることが前提でなければならないのです。
何気なく伝えているようなこともあるかもしれませんが、本当にプラスになっているのかを振り返ってみてください。


○運動学習とフィードバックの関係

まず、運動学習の定義です。
運動学習とは、

“巧みな課題遂行の能力を比較的永続する変化に導くような実践あるいは経験に関係する一連の過程である”

簡単に言うと、ある運動を応用したり変化させたりすることができるレベルまで到達させるための過程のことです。

運動学習においてのフィードバックとは、

”運動から得られる情報のことをいいます”

運動学習という過程においてフィードバックは、運動を修正していくために用いられるものです。

タイミングとしては、運動中あるいは運動後に用いられます。
適切なフィードバックがあるかどうかによって運動学習がスムーズに進むかに関わってきます。

また、運動学習でフィードバックと混同しやすいものとして、“教示”があります。

この続きをみるには

この続き: 3,143文字
記事を購入する

運動学習においてどんなフィードバックが効果的か?

脳外ブログ 臨床BATON

200円

期間限定
\ PayPay支払いすると抽選でお得に /

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!