見出し画像

不動に伴う痛みの原因は皮膚? ~ギプス固定化での足趾・手指運動の必要性~

10月より臨床BATONが300円の有料マガジンになります。
以前の記事は臨床BATONより1記事100円で購入可能ですが、有料マガジンを300円で購入いただくと今までの記事が全て読むことができます。
ブログを読んでいただけると評価の意義や治療の新しい視点、リハビリに取り組む姿勢などの変化を感じることが出来ます。
これからも『ブログメンバーと共に学び、成長していくことを目指したブログ』を皆さんにお届けするために切磋琢磨していきます。
パワーアップした「臨床BATON」をどうぞよろしくお願い致します。


本日も臨床BATONにお越しいただきありがとうございます。
最近Twitterを始めて(以前からアカウントはあったのですが情報を得るのみでしか使っていませんでした)毎日つぶやきながらみんなから返信をもらうことが密かな楽しみになっている83日目担当のジュニアことPT吉岡勇貴です。大阪の急性期~回復期(主に整形)の病院で勤務しております。

痛みについて、3つのブログを過去に書かせていただきました(^-^)
過去のブログは、ページ下部にリンクを貼っておきますので、是非ご覧になって下さい。

はじめに

本日も、私が今まで書いてきた臨床BATONのブログと同じように痛みについてのお話です。
その中でも、私自身が整形外科中心の病院で働いていることでギプス固定の患者さまが訴える痛みについて着目してお話をさせて頂きます。ギプス固定をすると必ず数週間の不動が余儀なくされます。この不動の期間が長くなる事で固定解除後のリハビリにて痛みを伴い治療がスムーズに進まない事を経験しませんか?私自身は多く経験してきました。
痛みの原因は筋・腱・靭帯・関節包などが原因だとずっと考えていました。しかし、ここで臨床の場面を思い返した時に足の状態に着目しました。
なぜここに着目できたかと言うとギプスを外した時に、皮膚が伸びやすい人と伸びにくい人がいて、伸びにくい人は2次的に痛みの訴えが多いことに気づいたからです。皮膚が伸びにくいのは不動により皮膚の状態が変化するからです。
ここでいう皮膚とは表皮・真皮・皮下組織までを指しています。皮膚が菲薄化(簡単にいうと表皮・真皮が薄くなる状態です。下記図1、図2を参考にしてみて下さい)する事で痛みを感じやすくなり、また真皮のコラーゲン線維などの柔軟性が乏しくなる事で皮膚の伸縮性が低下することに伴い痛みを生じるからです。

この続きをみるには

この続き: 2,541文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンでは月10本以上の記事を皆さんにお届けしています。 このblogは、臨床BATONと言って脳外臨床研究会メンバーが日頃から思っている臨床の悩みや発見を読者の皆様と共有し、さらに全国のセラピスト達とバトンを繋いで、一緒に学ぶ成長していくことを目指したblogです。そんな想いをもったメンバーが集まってblogを書いています。

全国展開している脳外臨床研究会に所属するメンバー達が、『臨床で起こる悩み』『臨床での気づき』を読者の皆様と共有し、また知識を繋げていきたい…

または、記事単体で購入する

不動に伴う痛みの原因は皮膚? ~ギプス固定化での足趾・手指運動の必要性~

脳外ブログ

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
You're the best(あなたって最高)
8
脳外臨床研究会メンバーが日頃から思っている『臨床の悩みや発見』を『臨床BATON』というテーマで、読者の皆様と共有し、全国のセラピスト達と毎日バトンを繋いで、一緒に学び、成長していくことを目指しています。 そんな熱い想いを持ったメンバーが集まっています😊!