150年続くおこめ屋「米屋」

創業150年、石川県野々市市の「米屋」の後継者です。 多くの方に「本当に美味しいお米」を食べて貰う事を目指して、レシピに合わせたお米の選び方や炊き方を紹介していきたいと思います。美味しいお米のお店やってます→https://www.eekome.biz

糯米と餅屋に学んだ、時代と共に生きると言うこと

もち米についてもお伝えしたい、たくさんの事 皆さまこんにちは。 今日は「糯米(もちごめ)で元気をもらった」ことについてお話したいと思います。 米屋が米のソムリエ…

晴れた夏空の下、あなたも絶対にカレーを食べたくなる話

本日は、「レシピに合わせて米のオーダーメード」ができるお話第二弾、 カレー専用のお米、 「カレー米」のお話です。 カレーライス。 みんな大好きカレーライスです。 カ…

最高のお米に出会い、おむすびを毎日結ぶことで見えてきた、ちょっと前向きな話

おむすびが人を幸せにしてくれると、割と本気で思っている 前回のnoteでは、米屋が獲得した4つの能力の一つ、 「レシピに合わせて米のオーダーメードができる」の概要をお…

料理の悩みはコメに聞け〜米屋をやっていたら身についてしまった特殊能力とは〜

こんにちは。 今までも、これからも、ずっと米と共に生きる米サラブレット (自分で言っておきながらちょっと恥ずかしい)こと、 「米屋」のウオズミでございます。 第一…

米のことばかり考えていたら150年経っていた

こんにちは、米屋の魚住と申します。うちは150年もつづく米問屋です。 米一筋150年。 「舞(米)上がる」こともなく、 「ぬか(糠)喜び」することもなく、 ただ、…