見出し画像

「京都の喫茶店 昨日・今日・明日」 (読了)

津久井英明(Hide)

読了。現在開催中のトラベラーズファクトリーの読書月間で出逢った一冊。著者の木村衣有子さんとは二度お目にかかったことあり。中目黒のトラベラーズファクトリーで背表紙を見た瞬間に手に取りました。江戸っ子の流れをくむ東京っ子の僕は大阪が大の苦手。大阪は聞き取れて辛うじて意味が通じる言葉が話されている外国です。京都は同じ関西ですが、たまたま地理的に関西なだけで、京都は京都だと思います。この本に登場した中で現存する喫茶店(カフェではなく)は全て訪れたくなりました。実際に巡ったら酒場巡りと同じくらい面白くなりそうです。イノダコーヒーは一度だけ訪れたことがあります。コーヒーはブラックで飲みますが、イノダコーヒーでは「全部入れ」でいただきました。京都のトラベラーズファクトリーに行く際はこの本も持参して喫茶店(カフェではなく)巡りもしようと思います。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!