見出し画像

時間自由 子連れ出勤可 9割がワーママ、それでも成長する新しい働き方の会社の作り方(3)

※2019年5月28日初出の記事をnoteに引っ越ししたものです

勤務時間も曜日も自己裁量、社員の9割以上が女性で、そのまた9割以上がワーキングマザーという「お掃除でつくるやさしい未来」さん。

社員数人のこの福岡の会社が仙台でだしたFacebook求人広告で最初に応募したのが南さん。条件も何も書いてないともすれば怪しげな広告を読んでどう考えて行動を起こしたのか。
掃除って、自分から進んでやれば気持ちいいものなんですよね。

話し手:株式会社お掃除でつくるやさしい未来 仙台 南 朋子さん
聞き手:サイボウズ 野水

前の回はこちら


自由ということは責任も持つというところまで理解して応募した


どこで、この仕事を知ったんですか?

​Facebookです。

でも、Facebookって職探しのツールじゃないですよね?

​元々音楽の仕事をしてまして、それは凄い不定期の仕事なんですね。Facebookは毎朝チェックしてた時にたまたまここが上がってきて、「ん?」と思って。

どんな文面だったんですか?

「全国で子連れでお仕事が出来ます。簡単なアパートの清掃です。ご興味ある方はこちらへ連絡をください」って。

給料が書いてあった訳でもなく?

子供を連れてお母さんがアパートを清掃してる写真だけがあって、「何だこれ?」と思って。問い合わせだけしてみようかなと思って問い合わせをしたら話がトントンと進んで、「いつから出来る?」みたいな感じで、「ちょ、ちょっと…!」(笑

九州の会社っていうのは知ってましたか?

​知ってました。書いてあったんで、どうやってやるのかって興味もあったんです。ただ、「仙台に事務所を持たないでやるって事は自分で責任を持ってやるって事なんだろうな」っていうのは…

そこまで読み切ってましたか!

 読んでました。​

素晴らしい

​​最初見た時に「そんな感じなのかな」ってのはイメージにあって、お話聞いたらその通りだったので。

その通りっていうのは?

​連絡も報告もスマホ一台で。あとは掃除道具だけっていう。開始時間も「朝8時から午後5時までの間だったらいつでもいいですよ」って。「月曜から日曜もいつでもいいですよ」って。
何か気さくだし、自分の都合に合わせられるので。やっぱり子連れの求人は探してたんですけどなかなか良いのが無くて。

時間の問題が大きいんですか?

お昼寝の時間があったりとか。上の子がいて、幼稚園から帰ってくるとお迎えして習い事に行ったりとか、やっぱり午前中にちょっと公園で遊んだ帰りに掃除をするっていうのがベストだなって思って。「それで稼げるのは凄いな」と思って

それにしても「楽しそう」にお話されますよね

​そうですね。写真を見た感じも凄い楽しそうだったし、社長とお話した時も凄く明るい会社なんですよね。だから「8割以上お母さん達が活躍してます」って言われて「こういう会社初めてだからちょっと興味あるな」って。

画像1

もうfacebookで求人すら古いとは


仙台は1年間で9名になったと聞きましたが。結構な成長率と思うんですが、募集ってどうやってやったんですか?

今はfacebookとInstagramで。

インスタグラム!!インスタで職募集って聞いた事ないですけど来るんですか?​

今はfacebookよりインスタの方が問い合わせ多いんですよ。

えーっ!!マジですか。インスタは僕も使いますけど、仕事っていう目で見た事は一度もなかった。

グルメとか風景とかが多いじゃないですか。ほぼ写真がメインなんですけど、その中で一応広告が載せられるので。

​どんな文言を書くんですか?

やっぱり「子連れでお掃除できますよ」みたいな。​

インスタ映えした美しい風景の中にいきなり「子連れでお仕事できますよ」って

そうです。「募集中」みたいな。3文ぐらいしか書いてないんですけど。写真はアパートでお母さんと子供が清掃してる写真ですね。

それで問い合わせ来るんですか?

2人来ました.

1ヶ月くらい出して?

そうです。社長が1ヶ月スパンで出してます。
仙台って区が大きいんですね。私は太白区に住んでるんですけど、宮城野区っていう所に物件が結構あって、そこまで行くのに40分掛かります。なので「じゃあ宮城野区の人を募集しようよ」っていう話で「宮城野区在住の方」って出したんです。

「仙台市宮城野区限定」ってインスタで出して、1ヶ月で2人来ると

​問い合わせは3名ぐらい来てましたね。ただ、実際にお掃除してる方は一人です。

やさしい未来につながるマンション清掃とは?


今、仙台で全部で何棟ぐらいされてるんですか?

87棟です。来月に7棟増えるので94棟。多分100行きますね。仙台って土地がちょこちょこ空いてるんですね。そこにだいたい100坪ないくらいの土地に4部屋2階建ての木造アパートが出来てたんですけど、最近は土地が少なくなってきてるので3部屋3階建てが増えてきてますが、若い方に凄く人気のアパートなんです。​

そこは今までの業者さんだったら効率悪かったりするんですか?

そうですね。効率は悪いと思います。不動産屋さんが管理したり、あとは誰かに頼んでお掃除したりっていうのなんですけど、私達の場合は、清掃の際に必ずそこの物件の周辺の確認をするんです。隣の方が出てきたらご挨拶をしたり、「最近どうですか?」って声を掛けて、「騒音とか大丈夫ですか?」って聞いたり、管理の方に回れるんじゃないかっていうぐらい周りの方とコミュニケーション取ったりして、「こういう事があった」っていうのを管理会社に報告しています。

だから”お掃除しながら見守り隊”みたいな感じですね。地域の見守り隊。例えば向かいの違う物件にゴミが落ちてたらもちろんそれは拾います。全然関係なくても拾います。

そういうのをすれば、ここの地域は綺麗なままで過ごせるっていうのがあるじゃないですか。それも含めて「やさしい未来」に繋がるんだなって思います。

住民さんとの挨拶とか会話とかされたりするんですか?

​全然します。「いつもご苦労様ですね」みたいな感じで。住宅街にある物件とかは掃き掃除とかしてると、「今日もお掃除してるのね」みたいな感じでお婆さんとかお爺さんが出てきて、「今日は温かいですね」とか「この前ここ凍結して大変だったんだよ」って話を聞いたりとかですね。

あとは私はあまり無いんですが、夏の暑い時期に清掃しているとたまたま住民の方が外に出てお買い物して、帰ってきたらジュース一本貰ったとか、他のメンバーは結構あるらしくて「どうやったら貰えるんだ!?」みたいな。寒い日とか雪が降ってる日に住民の方が買い物に外行って帰ってきて、掃除してたら温かいお茶を貰ったとか、「いいなぁ~。どうしたらいいんだろう?」みたいな(笑)

子供さんを連れて掃除とかされます?

子供連れてる時は子供も手伝ってくれるのでちょっとはスピーディーに終わります。

ほんとにスピーディーになります?「手伝って」って言葉だけで実際は手間がかかるだけの気もするんですが

最初はずっと連れてってたんですよ。その時は遊んだり飽きて泣いたりグズったり凄い大変だったんですけど、年月が経てば「ママが掃除してるから、自分が手伝えば早く終わるんだ」っていうのでホウキやってくれたりとか。あとは雑巾で拭いてくれたりとか。

素晴らしい

社長も言ってたんですけど、子も成長するっていうか、「最初は泣いて大変かもしれないけど、大体手伝ってくれるようになるよ」って。

過程があるんですね。最初は「何で構ってくれないの?」みたいな時期があって

「何で掃除に来るの?」みたいなのはありましたね。でも子供も段々分かってくるんですよね。

手伝えば早く終わって遊んでもらえるとか

遊んでもらえるとかお買い物に行けるとか。

誉めてもらえるとか

​そうですね。掃除する事によって誉めてもらえるのが大きいですね。「凄く綺麗になったね。どうもありがとう」って言うと嬉しいじゃないですか。

最初はぐずり、やがて手伝う。その成長の過程も仕事の報酬かもしれません。
親子で一緒に仕事できるって、なんかいいですね。

好きなときに働けると 掃除が心のリハビリにさえなる


こういう働き方って普通の清掃会社と大分違うと思うんですけど、どういう所が新しいと思われますか?

新しい所っていうのはやっぱりスマホですね。

やっぱり楽だからですか?

楽ですね。kintoneへの報告とか、LINEとかMessangerを使って「今日のゴミ凄かったけどどうした?」「報告した通りで大丈夫だよ」とか、「ここの汚れが取れてないから次回ここは気を付けてね」とか、全部スマホ一台で連絡できるので、そこは凄い新しいし便利ですよね。

紙に書くとかパソコン開くとかじゃなくて

全部スマホ一台で見れるので。だから遠隔操作ですよね。「誰があそこに行ってやってて」とか、「この前ここの砂利が気になってたけど綺麗になってるね」とか全部見れるので。

空き時間にちょこちょこと見てる感じですか?

そうですね。自分が清掃してる時はもちろん見れないんですけど、全部スマホ一台で出来るので、どこに行っても出来るんですね。だから他県に行っててもこれで見れるので凄い便利だなってありますね。

やっぱスマホか

スマホですね。あと可能性としては、今はお母さん世代がよく働いてますけど、一人登録してる高校生の子がいるんですね。16歳。

16歳ですか!

お母さんと一緒に高校生が清掃したり、私と一緒に清掃したりっていうのはあるんです。16才になれば普通のアルバイト出来る年齢じゃないですか。この仕事はスマホ一台で出来るんで。年代は16才から例えばスマホが使える80代の方とかでもやっていけるかなって。
80代の方でもiPadとかパソコン凄い使ってる方いらっしゃるので。身体が丈夫な方もいらっしゃるので。そういう方でもこの仕事は出来るし。

あと私は去年この会社入る前まで自宅で自分の祖父を介護してたんですね。その時にこの仕事に出会ってれば、たぶん出来たんだろうなって。やっぱり子育てしながら介護してる方って、結構今増えてきてるんですよ。

大変ですよね

時間が取れないっていうのとストレスも溜まるので、そういう点で時間が制限されない仕事なので、ちょっと1時間だけ行って掃除するっていうのでも凄くリフレッシュにもなるし、そういう外に少しでも出るっていう心のリハビリみたいな感じにも凄く繋がると思います。​

掃除って結構無心になれますよね

​最初は清掃の仕事って汚い所回ったりして嫌だなと思うんですけど、それが自分の努力で綺麗になるじゃないですか。その時は心の満足っていうか、そこが快感っていうか一番だなって。お掃除する事で自分の心も綺麗になっていくんだなっていうのはありますね。

9割女性、9割ワーママ、時間自由で子連れ可、管理はスマホで、と聞くと「すごくホワイトでアットホームでゆるそう」って思ってしまったんですが、現場で衝撃を受けたのは、今まで見た中で一番一生懸命キビキビとお掃除するマンション掃除でした。
お話はたくさん聞いていて、いいところはわかっているはずなのに、この姿を見たときに「新しい働き方」「新しい会社のあり方」がはじめて自分の中で腹落ちした気がします。

子供が見ているから手を抜かない。待たせたくないので一生懸命早くやる、すぐに写真を送るから成果が目に見える、時給で働き、帰社後に面倒なレポートを書く働き方とは全然違います。
「誰もがなし得なかった崇高な理想」を掲げて邁進する会社はいくつも見たことがありますが、「誰でも目指しているやさしい社会」を自然と実現しているこの働き方って新鮮ですごくいいなって思いました。
こんな会社が増えていったら、きっと日本は幸せになるって思える会社のお話でした。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとー!ありがとー!
7
サイボウズのフェロー。全国を旅しながら、エバンジェリストとしてクラウドいいよ~って言ったり、おもろい案件を発掘したり、支援したりするお仕事。副業でビデオグラファー、ジンバルとドローンが得意。 お約束ですが、書いてあることは会社としての公式見解ではないです。