【経営層向け】エンジニア採用のKPIツリーと変数向上のtodo一覧まとめ〈スプレッドシート付〉
見出し画像

【経営層向け】エンジニア採用のKPIツリーと変数向上のtodo一覧まとめ〈スプレッドシート付〉

野崎耕司

先日、完全代行エンジニア採用という読んで字のごとくなサービスを開始しました。このようなサービスを提供する中で、よくいただく質問は「どんな活動をするの?」ということ。

そこで、エンジニア採用をする上で必要な活動の全体感をざっくり抑えるためのツールとしてを作成しました。

人事のプロフェッショナルな方にとっては、釈迦に説法的な話かと思いますので、「エンジニア採用をこれから強化していきたい」経営層の方向けに全体感を把握する用途で作成しています。

1.採用に関わるKPIと変数部分
2.その変数の上げ方(下げ方)
3.変数を上げるために必要なリソース(費用)

これらをすべてスプレッドシートにまとめています。有料部分に掲載しておりますので、そちらからお買い求めください。


採用に関わるKPIと変数部分

まず入社に至るまでのKPIと変数部分を一覧にしてまとめています。

画像1

以下解説

1.当たり前ですが、内定をだして、辞退を少なくすることで入社者は増えます。

2.採用の理想として1名面接して、1名採用がもっとも効率いいわけですが、そんなにうまくいきませんので、面接数を増やしていきましょう。

3.面接数は複数のチャネル(自社プール、媒体プール、AG経由)を活用することで増やすことができます。

4.各チャネル経由での面接数を増やすためは、広義のスカウト数*×反応率が結果にヒットします。
*リファラル経由の打診やエージェント経由での含む

5.これらのツリーの中でも以下5つを変数として自己努力で十分にあげられる数値として定義しました

・自社プール打診数
・媒体プール打診数
・AG候補者への打診数
・面談移行率、応募率(+オーガニック応募数)
・面接移行率、辞退率down

*面談と面接の違いは、面談はカジュアル面談、面接は応募意思がある人の選考行為という意味としています。

スプレッドシートでは関数もつけてますので、展開後にコピペいただければ、シミュレーションも可能です。


変数の上げ方(下げ方)

次に、定義した変数を上げるために必要なtodoをまとめています。書いてあることは極めて一般的なことです。
大事なことは、施策を取捨選択した上で、確実にやりきることです。

画像2

この続きをみるには

この続き: 1,344文字 / 画像4枚

【経営層向け】エンジニア採用のKPIツリーと変数向上のtodo一覧まとめ〈スプレッドシート付〉

野崎耕司

1,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
野崎耕司
株式会社トラックレコードの共同代表 https://www.trackrecords.co.jp/ DeNA→MERYの雑誌立ち上げ→DeNAで人事プロジェクト「フルスイング」の立ち上げ→現職。プレイド、モノタロウ、stand.fm などの採用/ブランディング領域を支援