見出し画像

企画はラーメンに学べ!その7〜新種の作り方

酸辣湯麺は日本発祥!?

中華料理屋で時折見かける麺料理・酸辣湯麺(サンラータン麺)

酸味と辛味のきいた塩味スープに、麺が泳ぎ、卵とトマトをトッピング。

夏バテ時期や、寒い季節に無性に食べたくなりますよね。

 

この食べ物。

実は、中国では食べられません。

中国の中華料理屋に行って、サンラータン麺を食わせろ!と言っても、

ポカーンとされることでしょう。

 

なぜなら、サンラータン麺は日本発祥の食べ物だから。

とある中華料理屋で、まかないのため、サンラータンに麺を入れたのが発祥と言われています。

今でこそ、認知されているサンラータン麺。

この発祥には企画の要素が隠れていますよ!

 

組み合わせ法で新種を生み出す

サンラータン麺を生み出したのは、

組み合わせ法のアプローチ。

既に人気(定評、味の保証)のあるもの+麺

これが新種を生み出すシンプルな方程式の1つ。

 

発想しやすいのは、「人気のスープ」に「麺」をぶち込み、ラーメンらしくアレンジするパターン。


カレーラーメンやトムヤム麺も、このアプローチですね。

世界には評判のスープはたくさんあります。

その中で、まだ麺を入れられていないスープは狙い目。

うまく組み合わせれば、新種を生み出せる可能性があります。

 

例えば…

・ボルシチ

・オニオングラタンスープ

・クラムチャウダー

・ビーフシチュー

・冷汁(宮崎の名物!)

・豚汁や味噌汁

・おしるこ(これはダメそう!だけど、スイーツ麺という新ジャンルは検討に値します)

 

こうやってアイディア出しをしていくと、思わぬイノベーションが生まれます。

 

応用編

組み合わせ法の発想は、他の業態にも置き換え可能!

要は、「人気の何か」「自分のビジネス」を組み合わせればいいのです。

相性が良ければ、新しい企画にできる!というわけ。

 

世の中には、このパターンで生まれた企画がたくさんあります。

例えば…

みんな大好きBBQに、婚活を組み合わせる。

(うまくいくイメージが湧きますよね)

 

みんな大好きセブンイレブンに、カフェを組み合わせる。

(100円ドーナツやコーヒーマシン)

 

女子会とラブホテルを組み合わせる。

(市民権を得はじめていますね!)

 

全く新しい概念を生み出すのは難しいですが、

既に認知されているもの同士をうまく組み合わせると、

イメージがしやすいけど新しい企画が生まれます。

 

あなたの業界なら、どんな発想が可能でしょう?




 


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
コンセプトプロデューサー。コンセプト型キャリアデザインの学校『いきざまカレッジ』主催。企業・個人起業家の企画づくり/社会人・学生のキャリアづくりを提供中。