見出し画像

難病持ちが理学療法士×デザインをするまでの道のり

初めまして。
今まで固定記事を作ったことがなかったのと、「誰?」とならないように今までの道のりも含めた自己紹介文です。

【Profile】

1992年5月3日大阪泉州生まれ(現在、和歌山在住)
職業:理学療法士として病院で働いています。
   (リハビリと言えば分かりやすいかな?)

肩書:理学療法士
   PHIピラティスMATコースⅠ&Ⅱ、プロップスのイントラライセンス
   アロマ検定2級、MART1級
   グラフィックデザイナー(修行中)

趣味:カフェ・雑貨巡り、コーヒー、写真、キャンプ

本業は、患者さんが元々の生活に戻れるよう、運動や生活環境を整えるアドバイスをするなどしています。
勤務先にもよりますが、私の場合は高齢者の方を中心に、「健康増進・日常生活に必要な動きを改善」を目的に勤務中。

プライベートでは、グラフィックデザインの勉強や写真撮影の練習をしています。


目には見えない難病持ち

見た目はいたって健常人ですが、「クローン病」を患っています。
詳細は、こちらの記事

簡単に言えば、慢性的な胃腸の炎症が起きる病気です。
原因不明で、食事療法と自己注射による予防と対処療法中。

個人差のある病気なんで、私の場合は病院勤務も出来るぐらい今は調子が良いです。


なぜデザイン?

病気のせいで、体力仕事でもある本業が出来なくなった時の為に、何か学びたいと思ったことがキッカケなんです。

Free PT salon」というオンラインサロンに加入
→デザイナーを紹介してもらう
→ソフトの扱い方や簡単なデザインの法則を学ぶ
ってな流れで現在に至ります。

今まで医療のことしか学んでこなかったのもあり、全く違う分野を勉強することは新鮮で楽しいものでした。


2019年からは「前田デザイン室」という、クリエイティブを楽しむ集団の中に入り、デザインの世界を少しずつ知っていくようになりました。


一時期、病気になって落ち込むことがありましたが、今はのんびり楽しく過ごしています。


これからもデザインを通じて、医療と好きなものをかけ合わせれるような何かを考えながら、毎日を過ごしていこうと思います。


【過去実績】

Free-PT-salonロゴ

Free PT salonロゴ(現在は別物)

画像2

ベィmagazine(車いすユーザー向けの旅雑誌)

YouTube系イメージ写真

シンプルイメージ写真

メディロゴシャツ⑦

オリジナルTシャツ

コラボ広告

キッズ

オンラインサロンのイベント

画像7

名称未設定-1_LI

名刺各種

画像9

マエボン2の見開きページ一部担当




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
5
回復期・通所リハ・訪問リハをまんべんなくやっている理学療法士。在宅医療とクリエイティブな事を勉強中。世の中が「心のバリアフリー」になるよう、ベィmagazineを通じて発信しています。https://bei-magazine.com/