5/5(木)開催のコミティア140にて、漫画家向けトークイベント「漫画家ミライ会議」を開催します
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

5/5(木)開催のコミティア140にて、漫画家向けトークイベント「漫画家ミライ会議」を開催します

ナンバーナイン公式

※2022年4月21日(木)9:40に追記あり

みなさん、こんにちは。ナンバーナイン取締役CXOの小禄です。

タイトルの通り、とっても楽しみなお知らせがあります。

あの!

毎年1500人以上の視聴者を集める漫画家向けオンライントークイベント「漫画家ミライ会議」が!!

5月5日(木・祝)に東京ビッグサイトで開催されるコミティア140の会場内イベントスペースにて!!!

初のオフラインイベントとして開催されることになりました!!!!!!!

嬉しい。嬉しすぎてやばい。

実は、漫画家ミライ会議を初めて開催した2020年も、当初の構想としてはリアルイベントとしての開催を考えていました。しかしそれが新型コロナウイルス(以下、コロナ)の蔓延に伴って断念した過去があります。

そんな悲願のオフラインイベントを、ナンバーナインがデジタル配信サービスを開始した2018年からずっとお世話になっているコミティアさんの会場内で、しかも今回ようやくコロナが流行る前の規模感(約3000サークルが参加)での開催が予想される記念すべきタイミングでやらせていただけるなんて……。

ということで、「漫画家ミライ会議出張版」開催します!

「漫画家ミライ会議」について

 デジタルコミックエージェンシーのナンバーナインが2020年にスタートさせた、商業・同人・SNS・WEBTOONといったあらゆる壁をこえたすべての漫画家のためのトークイベントです。
 2021年にも過去最高の売上を記録し、大きな盛り上がりを見せる漫画業界。ゲーム、アニメ、映画、グッズ……etc.あらゆる業界が熱視線を集めているように、いままさに大漫画時代を迎えています。そんな漫画業界において、”いま”を生きる漫画家たちが何を見て、何を考え、創作活動に取り組んでいるのか。本イベントを通じて、かつてないスピードで進化するこの大漫画時代を生き抜くヒントを少しでも掴んでいただけたら幸いです。

『はじめの一歩』作者の森川ジョージさん、『ワンパンマン』作画の村田雄介さんをはじめとした人気漫画家さんたちが登壇した昨年の漫画家ミライ会議は以下よりご覧いただけます。

開催概要

日時: 2022年5月5日(木・祝) 12:00-15:00
 ※コミティア自体は11時より入場可能となっております
場所: 東京ビッグサイト 東1ホール
席数: 70人程度
参加費: 無料
 ※「COMITIA140」一般参加者は、事前もしくは入場時にカタログ「ティアズマガジン」の購入が必要です(当日会場価格1500円/書店前売価格1300円)
タイムテーブル:
12:00-13:00 「キャラ論」榎本俊二×トミムラコタ
13:00-13:15 休憩
13:15-13:45 漫画のデジタル配信最前線〜作品の売上を最大化する方法〜
13:45-14:00 休憩
14:00-15:00 「続・がんばりすぎない漫画家のあり方」Perico×若林稔弥

コミティアイベントの詳細については、コミティア公式Twitterか、コミティア公式サイトに詳しく掲載されていますので、こちらもぜひ御覧ください。

セッションの紹介

12:00-13:00 「キャラクター論」榎本俊二×トミムラコタ

一つ目のセッションは、『えの素』『GOLDEN LUCKY』『アンダー3』などお下品シュールギャグ漫画界のカリスマ・榎本俊二さんと、今年最終回を迎えた『ギャルと恐竜』の作画担当であり漫画家のトミムラコタさんによる「キャラ論」です。

漫画にとってキャラクターはとても重要です。キャラクターがすべてと言っても過言ではありません。加えて、今回のイベント会場となるコミティアという場は「自分の好きを表現する場」でもあります。

この2つを踏まえた上で、独特な感性でエロ・グロ・ナンセンスな可愛いキャラクターを描かれる榎本さん、そして「ギャル」と「恐竜」という意外な組み合わせを見事に成立させ日常に溶け込ませたトミムラさん、それぞれのキャラクターの考え方について知りたい方は少なくないのではないでしょうか。

13:15-13:45 漫画のデジタル配信最前線〜作品の売上を最大化する方法〜

セッションの合間には、コミティアにサークル参加されている漫画家さんたちにもたくさんご利用いただいているナンバーナインのデジタル配信サービス「ナンバーナイン」のご紹介を行います。

ただご紹介するだけだと退屈すると思うので、「実際売上の最大化ってどうすればできるの?」「売れる作品、売れない作品の違いって何?」といった漫画家さんたちが本当に知りたくなるようなテーマについてお話できるよう準備中ですので、楽しみにしておいてください。

もしかしたら、当日特別ゲストが参加してくれるかも…?

14:00-15:00 「続・がんばりすぎない漫画家のあり方」Perico×若林稔弥

好評につき第二弾やります

2021年に開催した漫画家ミライ会議のセッションの中でも反響の大きかったセッションの一つ、「がんばりすぎない漫画家のあり方」の続編です。

出演者は、前回同様『マジで付き合う15分前』(Pericomic)のPericoさんと『幸せカナコの殺し屋生活』(星海社)の若林稔弥さんのお二人に登壇いただきます。Pericoさんは、今回のコミティアの告知イラストを手掛けられているので、そちらもご注目いただきたいとろこです。

漫画家の生き方として、100万部のヒットや1000万部の大ヒットを目指すだけでなく、無理して上を目指さなくても生活に困らないレベルで稼ぎ続ける道もある。

お二人が漫画家としてのキャリアを重ねてきた中で感じる「リアルな漫画家のあり方」については、漫画家のみならず私たちのような漫画業界関係者も必聴ではないかと思うのです。

以上のセッションを、私ころく工藤遠藤のナンバーナインメンバー司会のもとでお送りいたします。

司会一同がんばります。

5月5日は東京ビッグサイトでお会いしましょう

冒頭でも触れましたが、5月5日のコミティア140は、久しぶりのコロナ禍になる前の規模感での開催となりそうです。

いつもご迷惑をお掛けしながらも迅速対応いただいている運営の明田さんはじめ、コミティアの皆さんにはこの場を借りてお礼申し上げます。

長い年月を掛けて創作の輪を広げてこられたコミティアという文化の一部として関わらせていただけることに感謝しつつ、いいイベントに仕上げることで少しでも還元できるよう努めたいと思います。

当日は、ナンバーナインは企業ブースと出張編集部も同時に参加しています。メンバー総出で盛り上げてまいりますので、ナンバーナインという会社にご興味をお持ちいただける方がいらっしゃいましたら、漫画家さんでもそれ以外の方でもお気軽に遊びに来てください。

皆さんで一緒に、東京ビッグサイトで漫画家のミライについて考えましょう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ナンバーナイン公式
デジタルコミックエージェンシーの株式会社ナンバーナインの公式noteです。弊社のニュースやキャンペーン情報など、様々なコンテンツを提供していきたいと思います。