二軒茶屋餅もの語り編集委員|橘 紀子

創業天正年間(1575年)創業の二軒茶屋餅角屋本店、鈴木宗一郎さん・成宗さんにお話をお聞きし、伊勢の奥深い郷土史にはまった筆者。その面白さをお伝えしたくnoteに書きしたためました。二軒茶屋餅角屋本店公式サイト https://nikenjayamochi.jp/
固定された記事

二軒茶屋餅もの語り【0】プロローグ

いらっしゃいませ。二軒茶屋餅もの語りのnoteにお越しいただき、ありがとうございます。 筆者は、二軒茶屋餅に出合ったことがきっかけで今まで知らなかった「もうひとつの…

二軒茶屋餅もの語り【6】未来へつなぐ物語

角屋2つ目の家業、昔ながらの醤油づくり宗一郎さん: そやで、昭和19年から28~29年ぐらいまでお餅屋さんはお休み。原料があらへん、仕事があらへん。その間は、醤油の商売…

二軒茶屋餅もの語り【5】角屋の昔ばなし

二軒茶屋の物語を伝える民具館―――本店の道挟んで向かいにも、古くて立派な建物がありますね。 成宗さん: これもうちの建物で「民具館」と呼んでいます。元々は蔵やっ…

二軒茶屋餅もの語り【4】昔ながらの風情

なぜ毎月25日は「黒あんの日」なのか宗一郎さん: 変な話やけど、うちの親父(19代・藤吉さん)は厳しい人で、お客さんから「おいしいな。これ東京に持って行くから、もう…

二軒茶屋餅もの語り【3】 受け継ぐ生餅

茶屋の縁台でお餅をいただく最高のひと休み成宗さん: せっかくですから、どうぞ、うちのお餅を召し上がってください。 ―――ありがとうございます。いただきます。 成…

二軒茶屋餅もの語り【2】 町衆の伊勢

商業都市・伊勢を支えた大動脈、勢田川の役割成宗さん: 勢田川を上がっていくと「河崎」という昔の問屋街があるんですよ。 ―――河崎、ですか? 成宗さん: 当時の河…