NEKOKUMICHO

猫評論家・ネコノミスト//投資・経済のニュースレター 「猫組長TIMES 」https://neko.theletter.jp 国際情勢 「猫組長POST」https://nekopost.theletter.jp/

NEKOKUMICHO

猫評論家・ネコノミスト//投資・経済のニュースレター 「猫組長TIMES 」https://neko.theletter.jp 国際情勢 「猫組長POST」https://nekopost.theletter.jp/

最近の記事

『シン地政学』重版記念NMT無料配布キャンペーン

8月22日発売『正義なき世界を動かす シン地政学 "安倍後"を読み解くマネー、オイル、暴力の新方程式』重版を記念して実験的ブロックチェーンプロジェクトであるNeko Mafia Token Projectのネイティブトークン($NMT)無料配布キャンペーンを行います。 詳しくは上のNMTキャンペーンサイトをご覧ください。 私はビットコインなど暗号資産については懐疑的な立場を取っており、その未来は決して明るいものとは思いません。しかし、ブロックチェーンの可能性については無限

    • 安倍晋三元首相の国葬儀とメディアが生んだテロリスト

      2016年12月14日に人生で初となる書籍を出版してから6年目の今年、16冊目となる『シン地政学”安倍後”を読み解くマネー、オイル、暴力の新方程式』を上梓することができました。 2022年はロシアによるウクライナ侵攻、安倍晋三元首相の暗殺と衝撃的な出来事が続きました。コロナ禍で激変した世界はエネルギー、国防の安全保障のみならず、食糧危機にインフレという混沌とした情勢を生み出しているのです。文明とは暴力によって担保され、また破壊されるものなのだということを改めて見せつけられた

      • 山口組引退から1年経った2016年12月14日に第一冊目の出版

        2015年12月13日に山口組を引退した私の目標は、継続的に書籍を出版することでした。そして、2016年12月14日に記念すべき第一冊目となる『山口組分裂と国際金融』を発刊することができたのです。山口組引退からちょうど1年が過ぎていました。 書籍を出版するために実名と顔出しを行ってから2ヶ月後、ついに第一冊目となる『山口組分裂と国際金融』を発刊することができました。まだまだ知名度も実績も無かったので、経済評論家の渡邉哲也さんに協力を仰ぎ、対談形式の共著とさせて頂きました。

        • 最初の書籍出版とセルフブランディング

          今日は最初の書籍出版に向けて行ったセルフブランディングと、実名顔出しに至るまでの計画と実行について書いてみました。 書籍出版に向けた新たなセルフブランディング開始 2016年4月から週刊SPA!で「ネコノミクス宣言」の連載を始めた私は、年内に最初の書籍を出版する計画を立てました。しかし、まだSNSで少し有名になった程度です。元山口組と言う経歴で物珍しがられるかも知れませんが、それでは長続きしないでしょう。そこで、第一冊目となる書籍は「山口組」と言うワードを使いながらも、次

          「ネコノミクス宣言」連載と週刊SPA!から学んだこと

          ネコノミクス宣言の連載開始 2016年になって「コラム連載をしてみませんか?」とオファーしてきたのは、週刊SPA!の30代編集者でした。彼はその前年にツイッターを通して私に接触してきており、その年の11月には最初の記事を書かせてもらっています。こうして、私は週刊SPA!でコラム連載を始めることになったのでした。 コラムのタイトル「ネコノミクス宣言」は私の好きな猫とエコノミクス=経済学をかけたものです。そして、イラストは西原理恵子さんにお願いすることにしました。多忙な西原理

          ツイッター組長から猫組長に、そして週刊SPA!からコラム連載のオファー

          「シン地政学”安倍後を読み解くマネー、オイル、暴力の新方程式」おかげさまで重版出来となりました。ありがとうございます。 組長から猫組長へ 2015年12月14日に山口組を引退した私は、金融取引の精算でドバイへ向かい、その後香港でクリスマスを迎えました。その時、香港滞在中に日本から取材に訪れたのがジャーナリストの鈴木智彦さんでした。対面での取材に初めて応じたのが鈴木智彦さんで、この時は2回目です。ツイッターのアカウント名を組長から猫組長に改名したのもこの時でした。 この頃

          SNSのアンチは宝、宣伝部隊として利用価値は大きい

          2015年8月26日に山口組が分裂したことで年内に引退する決意をした私は、ツイッターによる情報発信とマーケティングを開始しました。やがて世間は六代目山口組と神戸山口組の動向に固唾を飲んで見守るようになり、マスコミ報道も活発化してきます。 私のツイートも注目され「ツイッター組長」として有名になって行きました。ツイッターを再開して2ヶ月ほどでフォロワーも24,000人以上となり、マスコミ関係者からの接触も始まりました。同時に、ツイッターのアンチも急激に増えていきます。 ツイッ

          出版はツイッターでのマーケティングから

          16冊目の著作となる『シン地政学”安倍後”を読み解くマネー、オイル、暴力の方程式』発刊に際して、私が本を出版するまでの経緯を書いてみることにしました。 私が本の出版をしようと思ったのは2015年夏のことでした。その年の8月に山口組が六代目山口組と神戸山口組に分裂します。当時、既にヤクザを引退することを考えていた私にとって、この出来事はその背中を押してくれることとなりました。 年内に引退することを目標にした私にとって必要だったのは、引退後のヴィジョンです。23年間続いたヤク

          新刊「シン地政学」 紙の本とインターネット

          7月8日に安倍晋三元首相が逝去されてから49日が経ちました。改めて安倍晋三さんのご冥福を心からお祈り申し上げます。     シン地政学"安倍後”を読み解くマネー、オイル、暴力の新方程式が8月22日ビジネス社より発売されました。シン地政学は私にとって16冊目となる著書です。 書くことは情報の整理 私にとって書くという行為は情報を整理する作業です。インプット=入力した情報をアウトプット=出力することで、情報を整理・記憶して知識を蓄える、つまり勉強だと思っています。 見たこ