見出し画像

資金調達及び戦略的な資本業務提携について

株式会社JDSCからの資金調達及び戦略的な資本業務提携について

株式会社ファイナンス・プロデュース(以下「弊社」といいます)は、2022年10月6日付で、株式会社JDSC(以下「JDSC」といいます)からの資金調達及び戦略的な資本業務提携(以下、「本件」)について決定いたしましたので、お知らせいたします。

弊社は、足元はスタートアップM&Aの規模化と質の向上、という日本のスタートアップや大企業の新規事業に関する産業としてのボトルネック解消に向けて、スタートアップと大企業間のM&Aや資本業務提携等のアドバイザリー事業を展開しております。

まだまだ小規模ながらも、スタートアップに特化したファイナンス助言事業としては国内トップクラスと自負しており、引き合いも増えております。弊社が今後さらに関連産業の発展に貢献していくためには、AI・データサイエンスの知見を活用した取り組みが不可欠と考えております。

この度、JDSCのUPGRADE JAPANというミッションに共感し、クライアントに対するアドバイザリー事業の独立性についてもご理解頂けたことから、今回のJDSCからの資金調達と資本業務提携を機に、弊社単独では困難であった取り組みを強化する所存です。

資本構成としては、現経営陣を中心とする既存株主が引き続き過半数となる51%を保有し、JDSCが49%を保有する形です。

なお、本件は、スタートアップと大企業間のM&Aや資本業務提携等のアドバイザリー事業を展開する弊社自身が、資本政策の一環としてM&Aを活用し、スタートアップとして既存投資家に一定のキャピタルゲインを還元しつつ、新たな資本構成のもとで、単独では成し得ない成長をJDSC様と共に目指す挑戦です。

これまでクライアントに助言してきたこと、そして、これからも助言していくことを自ら実践する取り組みであり、多くのクライアントにとってそうであるように、決して平坦な道にはならない覚悟ですが、これまでもクライアントと共に多くの困難を乗り越えてクライアントがミッション・ビジョンに突き進む姿を後押ししてきたことを胸に刻み、弊社自らのミッション・ビジョンに向けて新たなステージでの一歩を踏み出します。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

スタートアップM&Aマガジンもご参考です。

その中でも特に、スタートアップM&Aの規模化と質の向上、というテーマではこちらの記事がご参考です。

スタートアップ資金調達マガジンもご参考です。


▶︎株式会社ファイナンス・プロデュース

「社会を変える事業を創るためのファイナンスをプロデュースする。」というミッションのもと、ドリームインキュベータから新規事業カーブアウト・MBO(マネジメント・バイアウト)を実行して誕生した、スタートアップ起業家専門の投資銀行事業を行う会社です。

特に、日本のスタートアップ業界のボトルネックとも言える、" スタートアップM&Aの規模化と質の向上 "を中核テーマとして、主にシリーズB以降等のグロース・ステージのスタートアップ起業家側のセルサイドFA(Financial Adviser)としてのM&A助言や、大型IPOに向けた資本政策・資金調達の助言事業を展開しております。


 Twitterはこちら








この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!