NAYUTA studio@AIRPORT

6
記事

『 カウムディー 』

作詞:なゆたゆな
作曲:AIRORT kei 
 
夜明けよ従え 生まれ落ちる朝夕
泥に清らかに 蓮は永遠の証

知性の笑みを 湛え煌めく大河
与え続けるがいい つかの間に挽歌に

もときた巣へ 帰るだけの水鳥よ

kaumudi 羽ばたきの数だけ飛べたなら
君は何かを 果たせるだろう

使命の叡智 とわに花咲く銀河
遙かなる眼差しは いつか無も有もこえ

もときた個へ 還るまでの巡り逢い

ka

もっとみる
♪心かげろう ときに彷徨う あなたの夢みて『真昼の月』
4

ゆずり葉(デモ①)

なゆた空港(なゆたゆな×AIRPORT)

00:00 | 00:30

作詞:なゆたゆな 作曲:kei

なゆたさん作詞『ゆずり葉』
https://note.mu/nayuta_yuna/n/nc2a5de7f69f0
に曲をつけています。表紙の写真もなゆたさん撮影です。
なかなか歌う時間が取れなくて、合間合間に作っていたバックの方が出来上がってきました。
とりあえず、音質は悪いですが、歌は1コーラスだけ。
これからハモったり重ねていきます。
chickii、ベー

もっとみる

『時の海へ』
なゆた空港(なゆたゆな×AIRPORT)

なゆたさんの希望もあり、本日よりダウンロード可能になりました。ぜひ、ゆっくりと聴いてやってくださいませ。

https://note.mu/airport_kei2016/n/n9c54d34ee22e

時の海へ column

AIRPORTのkeiさんが歌と作編曲を、そしてkeiさんの相方で、おなじくAIRPORTのchickiiさんがベースを弾いて下さった「時の海へ」に、keiさんがコラムを寄せてくださいました。
映画「かみさまとのやくそく」(神との約束)【予告编】

AIRPORTのお二人と作詞作曲でコラボレーションさせていただいた「時の海へ」は、子どもたちの胎内記憶をテーマにしたインタビュー形式のドキュメンタリー

もっとみる
♪愛されていいんだ いままでも これから先も『素顔のままで』
6

映画「かみさまとのやくそく」【予告编】

なゆたさんが作詞し、AIRPORTが曲をつけた『時の海へ』。「わすれゆき うすれゆくものは」…という印象的な冒頭の言葉に表現されているように、この歌詞は、忘れて消えてしまった記憶をつなぎとめる祈る歌のように僕の中には聴こえた。
なゆたさんが、この歌詞を作るきっかけとなったドキュメンタリー映画を教えてくれた。それが『かみさまとのやくそく』である。僕もまだ観ることができていないのだけど、胎内記憶を持つ
もっとみる

時の海へ

なゆた空港(なゆたゆな×AIRPORT)

00:00 | 00:30

作詞:なゆたゆな 作曲:kei ベース:chickii

なゆたゆなさん作詞『時の海へ』。
https://note.mu/nayuta_yuna/n/n7a3c410e6cfe
一応の完成ということで投稿します。
ピアノアレンジ+シンセアレンジ+ドラムもいじり+ボーカル、ハモリ+グロッケン

エレキギターやアナログシンセも重ねたかったけど、ちょっと間に合わず。日曜作曲にも間に合いませんでした

もっとみる