紅型ナワチョウ 縄 トモコ

沖縄で伝統工芸の染め物「紅型染め」をしております。I am doing traditional crafts and bingata in Okinawa.http://bingata-nawachou.com 徒然と制作するときの心など綴っていけたらと思っております。
    • 琉球新報掲載「落ち穂」
      琉球新報掲載「落ち穂」
      • 10本

      琉球新報・文化面のエッセー「落ち穂」に掲載いただいた文章を転載しています。 2020.7〜12月。毎月2回載ります。 その度に、こちらでもUPしていこうと思います。 文章を書くにあたりの裏話も少し、記載しています。笑。 どうぞ、お楽しみに!!

    •  紅型ナワチョウ徒然制作心日記
       紅型ナワチョウ徒然制作心日記
      • 5本

      紅型ナワチョウ・縄トモコと申します。 制作風景と、制作するにあたっての心などを 徒然と綴ります。どうぞ、よろしくお願いいたします。

琉球新報・落ち穂 第10回掲載エッセー

「影」  紅型を染めていて、好きな工程はどこですか?と、よく聞かれることがある。どの工程も好きなのだが「隈取り」は特に好きかもしれない。色差し筆と隈取り筆の2本…

琉球新報・落ち穂 第9回掲載エッセー

タイトル「光」  沖縄の、日々の日差しはとても強い。真夏など、光の強さで目の前が真っ白になる感覚がある。光の色は、わたしにとっては「白」だ。紅型染めでは、白とい…

琉球新報・落ち穂 第8回掲載エッセー

「命のバトン」  2016年の秋、わたしは母になった。 ぴったり十月十日で産まれた小さな娘は、精巧な作りの人形のような手をゆっくりと握ったり開いたりしていた。と…

琉球新報・落ち穂 第7回掲載エッセー

「余白のとき」 2016年、臨月だったわたしは、里帰り出産のため、高校卒業以来ではなかろうか…と思うくらい、ゆっくりとした時間を過ごした。季節は秋、庭の金木犀が…

久々に徒然と

深夜に染めながら 徒然と想うこと 博物館に収蔵されているような 染や織、刺繍など 荘厳だったり緻密だったり 決して今では再現できないような…と 形容されることが多い …

琉球新報・落ち穂 第6回掲載エッセー

「紋様の魔法」  紋様に惹かれたのはいつだったろう。本当に小さな頃から、原始的な紋様、縄文土器に描かれているような渦巻きや、アール・デコ紋様が好みだったのは覚え…