「夫が不倫を止めない」という状況の中での乗り越え方
見出し画像

「夫が不倫を止めない」という状況の中での乗り越え方

(※この記事は、一部有料となっています。全文を読む場合は、有料ノートとしてご購入頂きますようお願い致します。)

夫の不倫が発覚して、すぐに「不倫を止めて欲しい」と伝えた。

夫に指摘をすれば、すぐに謝罪をして止めてくれるとばかり思っていた。

でも、夫から返ってきた言葉は、

「相手に気持ちがあるから別れられない。」

「お前のことは嫌いになったわけじゃない。でも、今は別れられないんだ・・。」

妻「じゃあ、私と別れて相手の女と一緒になるの?」

夫「いや・・それは無理でしょう。だって、俺は結婚しているし。」

妻「それなら、どうするの?」

夫「うーん、自分でもわからない」

実はこんなやり取りが行われていることも多いのです。

夫は、「妻とは離婚をする気はないが、不倫相手ともすぐに別れるつもりがない」のです。

妻としては理解不能ですよね。

「二重生活なんて冗談じゃない。」

と思って、夫に何度も不倫を止めて欲しいことを訴えても、夫は一向に不倫を止める気配がない。

妻には申し訳なさそうな顔はするが、不倫相手と会う回数は変わらない。

夫を責めても、問い詰めても、返ってくる言葉はいつも同じ。

「どうしたらいいかわからない。でも、不倫相手とも別れられないんだ。」

夫のことを責めれば責めるほど、妻に対して無視をしたり、睨みつけたり、暴言を吐いたり、虚勢を張るようになっていった。

こんなやり取りが何ヵ月、何年も繰り返されると、妻の心もだんだん疲弊していきます。

このような状況に陥りやすい多くは、妻が「寛大で優しくてお母さんのような存在」であること。

そして、夫は妻に対して「絶対的な信頼」があり、「何をしても、俺を見捨てることはしないだろう」という強い甘え。

夫婦関係が「●十年」。夫婦関係に「上下関係」があることが多いです。

まさに、「親子関係」になっているのです。

夫が不倫をする前から妻はできる限り「夫の意向に沿う」ようにしてきた。

自分の意見は後回しにして、夫に尽くし、夫のために家庭を守ってきた。

このような関係性が長く続くと、夫は妻に対して「何でもしてもらって当たり前」「妻は俺の意向に沿うべきだ」という「過剰な甘え」が生じることがあります。

妻として必死に夫を支え頑張っているだけなのに、夫ときたら「それを当たり前」だと思って、子供のように平気で不倫相手のことも語る。

「妻とも別れないけれど、不倫相手とも別れられない」と駄々をこねる。

この続きをみるには

この続き: 2,992文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
不倫をする夫の心理や対処法について公開しています。主に、不倫問題が渦中の方にお勧めします。単発記事で全部購読すると6,500円になりますが、マガジンだと40%引きになります。

不倫をする夫の心理や対処法についての記事をまとめました。不倫問題が渦中の方向けです。

または、記事単体で購入する

「夫が不倫を止めない」という状況の中での乗り越え方

カウンセラーNAOKO(松宮直子)

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
不倫問題専門カウンセラーのNAOKO(松宮直子)です。 相談件数3000件以上の実績から「夫の不倫で傷ついた妻の心を回復させるための記事」や「夫の不倫が渦中の方向けの対処法」などを掲載していきます。 公式ブログ)https://ameblo.jp/naoko-room/