見出し画像

ダイダイの略歴

ご覧いただきありがとうございます!こちらはダイダイのプロフィールページになります。略歴などについてまとめてあります。

誕生から幼少期


1995年7月某日 長野県の片隅で4人兄弟の末っ子としてこの世に産声をあげる。兄弟の中で一番体重が重く健康的に生まれる。

幼少期はあたたかな家族と自然豊かな長野の田舎で伸び伸びとやんちゃに過ごす。泥遊びや粘土で人形をつくり、一人演劇を行う遊びにハマる。

ヒジョーに臆病で暗い家のトイレにひとりで行けず、さんざん漏らす…。とにかく暗いところが苦手でひとりで布団にくるまって寝ることができなかった。

小学校入学~卒業


小学校に入学してからは自分としては勉学にめちゃくちゃ励む。結果は散々でも勉強が好きでした。好きなことは読書とレゴブロック。愛読書はロビンソン・クルーソーと「かいけつゾロリ」シリーズなど。レゴブロックは作品をつくるというよりは人形劇を行うことの方が多かったです。

小学生のころから多少いじめが始まる。年下~年上まで幅広い方からいじめられる。気弱な割に目立ちたがり屋でターゲットにされやすかったかな?と思う。

中学入学~卒業


中学入学後はがんばって生きてました。勉強をがんばって部活をがんばって、いろいろがんばっている中、なかなか壮絶ないじめを受ける。顔にやけどを負わされるは唾吐きかけられるは大変でした。
そして、卒業間近に統合失調症を発病。精神病院に半年入院する羽目に。結果的に志望していた高校には行くことは叶わず、通信制高校に行く。

高校時代


通信制高校に通いながら病気との闘病生活が続く。志望した高校に行けなかったことが異常にコンプレックスで大学こそは…と勉強にまい進する。青春が灰色でしたね。

大学時代


勉強に固執して頑張るも結局志望校には行けず、浪人するも病状が悪化して勉強に集中できなかったためにボロボロの状態で実家の近くの大学に入学。
最初1年は「なんで自分は生きているんだ?」と訳の分からないことを考え続けるハメに。それでも「自分の人生をこれ以上灰色にするわけにはいかない!」と大学の講義やボランティア、読書などに意欲的に活動する。そのうち、少し自分に自信を持ち始める。

新社会人一年目~現在


地元のお菓子製造会社に入社するも自分の病気と会社の環境が合わず、わずか1か月で退社。その後数年間、地元や日本の地方をブラブラする。

その後、地域のイベントで出会った農業法人の社長に誘われ、農業のお手伝いを始める。また、農業の手伝いがてら実家が管理しているアパートの仕事も手伝うなど複業をこなすようになった。この頃から統合失調症の具合も良くなってきました。

生活が安定してきたため、地元の詩の会に所属するなどプライベートも充実し始める。そして2021年11月からnoteにブログを投稿するようになりました。

この記事が参加している募集

自己紹介

振り返りnote

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!