見出し画像

有機栽培のお値段 | ブドウ栽培のコスト比較

最近は健康志向の現われなのか、エコロジックとも呼ばれる有機栽培が人気です。

この潮流はワインの世界にも届いており、有機栽培で育てられたブドウから造ったワインじゃないと取り扱わない、とするワインのインポーターさんは日本にも多数いらっしゃいます。またこのエコロジックに対する考え方がより強くなった、自然派とも呼ばれるナチュラルワインなどは昨今、耳にする機会が増えているのではないでしょうか?


エコロジックもしくは有機栽培という考え方は元々は地球環境に対する負荷の低減を目的として行われているものであり、エコロジック = 健康志向ということは必ずしも成り立たないのですが、この辺りはかなり曖昧に認識されているところもあるようです。

そんな中、有機栽培にすると作業コストが高くなる、という話をよく聞きます。

消費者の方も健康にいいのであれば多少の価格の上昇は仕方ないこと、当然のこととしてこうした主張を受け入れる向きが強いように思います。一方で、実際にエコロジックの導入がどのくらいのコスト上昇につながるのかを知っているでしょうか?

今回はワイン用ブドウの栽培における重要な仕事の一つである、病気の防除に注目して、専門誌の記事に掲載されたコスト試算をもとにエコロジックのお値段を見ていきたいと思います。

病気の防除とは何か

ワイン用のブドウ栽培において特に気を付けなければならない病気というものが3種類あります。Powdery mildew (日本語名: ウドンコ病)、Downy mildew (日本語名: ベト病)、Botrytis (日本語名: 灰色カビ病) の3種類のカビ系の病気がそれにあたります。なおPowdery mildewとDowny mildewはそれぞれ原因菌の名前をとってOidium (オイディウム)、Peronospora (ペロノスポラ) とも呼ばれます。

これらの病気はBotrytisが貴腐ワインの原料として使われる貴腐葡萄の収穫に必要となるため部分的に例外扱いされることを除けばどれもワイン用のブドウ栽培においては致命的な被害につながる危険性の高い病気であり、積極的に予防していく必要のあるものです。

この予防のための行為を「防除」といいます。

また防除のための薬剤をスプレーを使って散布することから、単純に「スプレー」と呼ぶこともあります。


防除は栽培方法によらず必要となる行為で、慣行農法でも有機栽培でもビオディナミ (バイオダイナミック) でも、使用される薬剤の種類や量は違っていても基本的にはすべての農法で行われています。


有機栽培における防除のお値段

先日、der deutsche weinbauというワイン関連の専門誌において"Sparpotenzial"と題した、この防除にかかるコストをテーマにした特集記事が掲載されました。ここからはこの記事において使用されていた試算をもとに有機栽培における防除の価格を見ていきます。

サークルメンバーの方はこちらから全文をお読みいただけます
https://nagiswine.com/cost-01/

この続きをみるには

この続き: 4,268文字

有機栽培のお値段 | ブドウ栽培のコスト比較

Nagi@ドイツでワイン醸造家

350円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます。皆様からの暖かい応援に支えられています。いただいたサポートは、醸造関係の参考書籍代に充てさせていただきます。

スキしてくれてありがとうございます。ぜひシェアもしちゃってください!
7
ワイン用ブドウ栽培とワイン醸造の専門家。 ガイゼンハイム大卒/ドイツで800年続くワイナリーの中心メンバー。元ワイン無関係の会社員で決断力のある方向音痴。醸造用葡萄の栽培醸造エンジニアの視点から、ワインにまつわるブログ(https://nagiswine.com)も書いてます。

こちらでもピックアップされています

nagi's wineworld
nagi's wineworld
  • 28本

Nagi's Wineworld (https://nagiswine.com/) と連動したワイン用ブドウ栽培、ワインの醸造、ワイン関連の雑学記事を掲載しているマガジンです

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。