見出し画像

キャタピラーによる防除の風景

#サークル記事

ドイツに多い、急斜面の畑。ある程度の斜度まではトラクターを入れて作業をしていますが、あまりに斜度が大きくなればトラクターを入れることが出来なくなります。

そうした畑では急斜面に対応できる機械を入れるか、手作業で作業をするかのどちらかになります。

一方でブドウ畑で行う作業の中には機械を入れた方が手作業よりも圧倒的に品質が維持できる作業があります。その一つが、防除作業です。

ここでは急斜面に対応した装置の1つである、キャタピラーを使った防除の風景を動画でご紹介します。


この続きをみるには

この続き: 155文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
ドイツのワイナリーで現役の栽培・醸造責任者としてワイン造りに関わっているNagiが見ている視界や考えていること、ワイン造りのための技術などを発信していきます。 公開されている記事にだけ興味のある方はサークルに加入することなく、それらの記事をご覧いただけます。

サークルメンバーになることなくメンバー限定記事を読むことのできるマガジンです。 サークル内でのみ公開している記事や動画の一部もご覧いただけ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Nagi@ドイツでワイン醸造家

ありがとうございます。皆様からの暖かい応援に支えられています。いただいたサポートは、醸造関係の参考書籍代に充てさせていただきます。

これからもスキしていただける記事の発信頑張ります!
ワイン用ブドウ栽培とワイン醸造の専門家。 ガイゼンハイム大卒/ドイツで800年続くワイナリーの中心メンバー。元ワイン無関係の会社員で決断力のある方向音痴。醸造用葡萄の栽培醸造エンジニアの視点から、ワインにまつわるブログ(https://nagiswine.com)も書いてます。