見出し画像

千円も一万円も同じ『価値』。


タイトルを見てびっくりなされた方も多いかとお見分けします。

ですがタイトルの通りです。

千円も一万円も百万円も、 もともとは等価値なのです。

その真意について綴ろうと思います。




物の値段


私達はモノに「値段」を定めて売買をしながら生活を営んでいます。


例えば、ランチのハンバーグセットの値段がおよそ2000円だとしましょう。

良くも悪くも妥当な値打ちだと思いますよね。


ただ人によって感じ方が違うのもまた事実

ある人は「高い」ある人は「安い」

そう思うかもしれません。ではなぜこのような思考の相違が生まれるのでしょう?

答えは明確。

所得の大きさが違うからです



所得と値段


AさんとBさんがいたとしましょう。

Aさんは月収が20万円。Bさんは月収が200万円です。


ここでさきほどのハンバーグランチを当てはめてみます。

Aさんの月収20万円に対して ランチの2000円 は 

20万円という収入のうちの『1パーセント』に値します。


Bさんの月収200万円に対して ランチの2000円は

200万円という収入のうちの『0.1%』に値します


数字だけ見れば少なく見えるかもしれませんが、

仮に外食で毎日ハンバーグランチを食べたとしたら

2000円×30日= 60000円

Aさん  月収の中の『30%』

Bさん  月収の中の『3%』


これだけ変わってくると差は歴然ですよね。

Aさんは1か月の収入の3割がハンバーグになってしまいます



つまり

所得に対してのその値段の占める割合


が人それぞれに値段の『安い』『高い』の違いを生んでいるのです。



資本との割合



上記で値段の感じ方に差がでることは説明しました。

では貴方は普段からお金を消費する際、それがどれだけの割合を占めるのか

イメージして使っていますか?


例えば100万円といえば一般的にはかなり大きいお金に見えますが、

年収1億円の方からみたらたったの「1%」です。


そう考えると全然割合をしめていませんよね。

1億円の方から見たら100万円はハンバーグランチのようなものです(笑)

全然大きく感じませんよね?だからこそ、


私達はお金に対して各々で価値を勝手に意味付けているのです



最後に



100万円欲しい!

1000万円!

1億円欲しい!

と、机上のお金や欲ばかりに目を向ける前に、



今あるお金を、

普段の生活から自分が消費しているもの全てに対して、

「この値段はどのくらいの割合を占めるか?」をきちんと識別して

意識することは、



1円や、100円といった小さなお金、そして大きなお金に対する 

『観方』と『付き合い方』



を、変えてくれる「コンパス」になってくれるかもしれません。




























この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです!ありがとうございます。
23
強く